« 第1057回コパノリッキー中心 | トップページ | 第1059回復調ロゴタイプに期待 »

2015年2月24日 (火)

第1058回人気馬の勝利

201502220511
201502221011
201502210511

 今年最初のG1、フェブラリーSは1番人気のコパノリッキー(AYd)が2番手先行から直線抜けだし、危なげなく勝利を手にした。「去年はG1を勝てなかったですから、今年最初のG1を勝てて嬉しいです。勝てたのは風水のおかげ」とジョークもでて、いかにも嬉しそうな武豊騎手のインタビューだった。

 2着は5番人気のインカンテーション(c)、3着は3番人気ベストウォーリア(d)。3連単は1万2370円。圧倒的な1番人気が勝って、この配当なら上々。

 コパノリッキーが直線、早々に先頭に立つと、場内からは大歓声が沸いた。そのままゴールを駆け抜けたが、歓声はいつまでも続いた。

 「競馬は往々にして」というより、ほとんどの期待は裏切られる。ゴールの後も、ため息と悲嘆の渦に飲み込まれて気も沈むことが多いものだが、あらためて、G1戦では強い人気馬が堂々と勝つことが、いかにファンを納得させるものであるかを知らされたレースだった。とはいえ、強い馬にいつも勝ち続けられては穴党は生きていけない。競馬の面白味もなくなってしまう。ほどほどに1番人気馬が強いレースを見せるのが、ギャンブルとしてバランスが取れて良い。

 ハンデ戦の小倉大賞典は、3コーナー手前で先頭に立った3番人気のカレンブラックヒル(B)が、58キロのトップハンデをものともせず、そのまま押し切って勝った。後方から追った6番人気コスモソーンパークが半馬身差で2着、3着は11番人気のダコール(Z)だった。日曜日の朝から降り始めた強い雨で馬場が悪化。パワーとスタミナのいる馬場状態になったのもカレンブラックヒルには良かったのだろう。3連単は9万3800円。1番人気のラングレー(A)は後方からのレースだったが、雨の重馬場に脚を取られて馬群に沈んだ。

 芝3400メートルの長距離戦。ダイヤモンドSは、ゴール前、1番人気のフェイムゲーム(Xa)、2番人気のファタモルガーナ(d)の叩き合いになり、内につけたトップハンデのフェイムゲームが2馬身差をつけて完勝した。3着に8番人気のカムフィー(C)が入り、3連単は2万6090円。

 きょう、コパノリッキーがレース中に骨折していたことがニュースになっていた。「骨折したのは左前脚で、3月4日に滋賀県の栗東トレーニングセンターで手術を受ける」とのこと。ダート王ホッコータルマエとの頂上決戦はしばらくお預けになりそうだ。

 今週は昨年のG1高松宮記念を勝ったコパノリチャードが、前走、阪神Cに続き再び武豊騎手とのコンビで阪急杯に出走予定。果たして。

|

« 第1057回コパノリッキー中心 | トップページ | 第1059回復調ロゴタイプに期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/61189417

この記事へのトラックバック一覧です: 第1058回人気馬の勝利:

« 第1057回コパノリッキー中心 | トップページ | 第1059回復調ロゴタイプに期待 »