« 第1069回キズナが中心 | トップページ | 第1071回ルージュバックが最有力 »

2015年4月 7日 (火)

第1070回キズナ完敗も

201504050911
201504050611

 当日の朝からの雨で、大阪杯の時刻には不良馬場になった。

 後方待機のキズナ(Ad)が、直線なかばで一旦先頭に立った。内から馬体を合わせてきた牝馬ラキシスとの叩き合いになったが、盛り返す勢いはラキシスにあった。キズナはラキシスに2馬身差をつけられての2着。不良馬場の巧拙が勝負を分けたのかもしれないが、勝負としては完敗のレースだろう。キズナからさらに3馬身後方に3着のエアソミュール(Yc)。4、1、6番人気の順で入線して、3連単は1万6620円だった。

 ただ、ラキシスには完敗だったとはいえ、キズナのレース内容は悪くなかった。スピード指数も90、上がり指数も+20なら申し分ない。不良馬場の巧拙、負担重量の差も考えれば、本番での巻き返しは十分だろう。

 中山のダービー卿CTは1番人気のモーリスが直線、大きく突き抜けて圧勝した。これでマイル戦で3連勝。初の重賞タイトルも手にした。ナビグラフを見ても、モーリスの前走の上がり指数が断然に抜けているが、実際、このレースでも上がりタイムは33秒0という驚異的なタイムを記録している。もちろんスローペースというファクターはあったとしても、マイル戦で33秒0の上がりタイムはなかなか記録できるものではないし、むしろ、スローペースをものともせず、最後方から一気に3馬身の差をつけた鋭い瞬発力は高く評価すべきだろう。はやくも安田記念の最有力馬にあげられるほどの好パフォーマンスだった。

 2着に4番人気のクラリティシチー、3着に9番人気のインパルスヒーロー。3連単は5万1710円。今年は久々に1番人気馬が勝った。

 プロ野球も始まった。中日は阪神相手にいきなり開幕3連敗を喫して、この先どうなることかと思ったが、その後は6連勝でトップに立った。強いのか、弱いのか、まだよく分からないが、ただ、いまのところ勢いは感じる。きょうから神宮球場でヤクルトとの3連戦があるが、気温が上がらず寒いナイターになりそう。

|

« 第1069回キズナが中心 | トップページ | 第1071回ルージュバックが最有力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/61404000

この記事へのトラックバック一覧です: 第1070回キズナ完敗も:

« 第1069回キズナが中心 | トップページ | 第1071回ルージュバックが最有力 »