« 第1075回前走指数上位馬が中心 | トップページ | 第1077回先行するゴールドシップに期待 »

2015年4月28日 (火)

第1076回スローペースに泣く

201504260811
201504260511
201504250311

 京都の開幕週を飾るマイラーズCは、超スローペースになった。

 勝ったのは3、4番手に構えていた8番人気のレッドアリオン(d)、2着に逃げ粘った5番人気サンライズメジャー(D)、3着は1番人気のフィエロ(Ab)という結果だったが、超スローペースに泣かされた馬も多かったようだ。

 最速の上がりタイムは後方から7着まで押し上げてきたディアデラマドレの31秒9。他に32秒台の上がりタイムの馬が7頭いる。勝ったレッドアリオンも32秒9の上がりタイムだった。京都の開幕週で、馬場状態も良かったことを考慮したとしても、先行馬たちに32秒台の脚を使われては、後方一気に懸けた馬たちにチャンスはなかった。

 1、2着馬はさておき、惜しかったのは1番人気で3着のフィエロだろう。道中は中段の後ろ、10番手あたりに位置していた。直線に向くと最内に入れて追い出しにかかったが、前が詰まって、追えたのは残り1ハロンだけだった。それでも32秒5の上がりタイムで3着まで差し脚を伸ばしてきたわけで、せめて直線、前が詰まることなくスムーズに追えたら、突き抜けていたのでは、と思わされるレースに思えた。

 3連単は9万8650円だった。

 東京のフローラSもスローペースになった。

 2番手につけていたシングウィズジョイ(Xa)が直線、早め先頭に立ってそのまま押し切って勝った。3番手にいたディアマイダーリン(A)がクビ差の2着。5番手からレースを進めたマキシマムドパリ(Y)が1、2着馬に迫って3着を確保して、オークスの出走権を手にした。結局、スローペースで、能力のある先行馬たちがそのままなだれ込んだだけのレースになってしまった。配当も、2番人気、1番人気、3番人気という堅い決着で3連単は1万710円。

 福島牝馬Sは3連単で59万9360円と、荒れた。

 勝ったのは3番人気のスイートサルサ(Ya)。2着に9番人気リラヴァティ(c)、3着に13番人気のメイショウスザンナ。1番人気のパワースポット(A)はポツンと最後方。直線、大外から追い出したが、7着までだった。

 ナビグラフをみると、1、2着馬は上がり指数の上位馬で、勝ち馬スイートサルサは軸の有力候補の一角にある馬といえそうだが、3着馬は少し難しい選択になった。 

 好天に恵まれたこともあってか、ここにきて福島の芝が随分と速くなった。以前と比べて馬場の傷みも少ないようで、先週の馬場指数を計算したところ、3週の開催の中で最も速い馬場指数になった。パワースポットの菊沢調教師のコメントにも「馬場も硬くて内を通った馬に有利」というコメント(週刊競馬ブック誌参照)があった。最終週になっても馬場が比較的速いという傾向は、この春の中山でも見受けられたが、最近の馬場管理の手法が変わってきているためだろう。

|

« 第1075回前走指数上位馬が中心 | トップページ | 第1077回先行するゴールドシップに期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/61507366

この記事へのトラックバック一覧です: 第1076回スローペースに泣く:

« 第1075回前走指数上位馬が中心 | トップページ | 第1077回先行するゴールドシップに期待 »