« 第1074回驚愕のドゥラメンテ | トップページ | 第1076回スローペースに泣く »

2015年4月23日 (木)

第1075回前走指数上位馬が中心

  今週から東京と京都の開催が始まる。東京の開幕週の重賞はオークスの出走権を争うフローラS。3歳牝馬戦だけに、前走指数上位の馬が連軸の中心になっている。とはいえ、牝馬限定戦はスローペースが多く、指数が低くても上がりの脚がある馬たちには注意が必要だろう。

(フローラS)1着    2着    3着
05年    AZa   B b   -
06年    -     B a   -
07年    CY    -     AXa
08年    AY     Z    -
09年     Zc   D     -
10年    -     AYb   DYc
11年    -     -     CZc
12年    A b   -     -
13年    C     -     A a
14年    A      Zc    Yb
(スローペース調整-20/-10)

 今年の前走指数上位馬は、ディアマイダーリン、リアンドジュエリー、フロレットアレー、ロックキャンディなどで、他に過去の指数などでシングウィズジョイ、マキシマムドパリ、アドマイヤピンク、レッドカーラなども名前が上がってくる。
 重賞戦線で好走してきたのはフラワーC3着のディアマイダーリンとチューリップ賞5着のアスカビレンの2頭だが、全体にスローペースの影響を受けて指数が低く表される馬が多く、混戦は間違いないだろう。
 東京の2000メートル戦だけに、ここはスローペースは必至で、上がりの脚比べになりそうだ。近走、上がりの脚が鋭かったのはエバーシャルマン、ナガラフラワー、ディアマイダーリンなどだ。なかでも注目はディアマイダーリンだろう。前走フラワーCは、先行馬有利のスローペースで、勝ち馬は逃げ切り勝ちをしている。ディアマイダーリンは向正面最後方から早めに動いて3着まで押し上げたが、最後は少し苦しくなってしまった。それでも内容は悪くなかったし、指数の高さも上々のレベルだった。出遅れ癖があるとしても、東京コースならもう少し落ち着いてレースができるはず。東京コースは2戦2勝と相性も良く、ここは自慢の差し脚に期待したい。
 他で気になるのは、前走、未勝利戦を勝ったばかりのエバーシャルマン。2戦1勝馬とはいえ、スローペースならディアマイダーリンとも互角に戦える鋭い差し脚が魅力だ。

 京都の開幕週のメインレースは読売マイラーズC。
 2012年から京都での開催に替わったが、前走指数の上位馬が中心というこれまでの傾向と大きく変わりはないようだ。
 今年の指数上位はフィエロ、テイエムタイホー、クラレント、ディアデラマドレ、サンライズメジャー、エキストラエンド、タガノグランパ、レッドアリオンなど。
 マイルの実績ではフィエロが最上位だ。G1マイルチャンピオンシップは直線なかばで先頭に立ったが、内から差されて惜しくもハナ差の2着。指数は99という高レベルで、あらためて距離適性の高さを示した。これでマイル戦は(4203)。連軸の最有力馬だ。不覚を取るとしたらスローペースで上がりの脚比べの場合だろうか。後方から切れる脚があるディアデラマドレ、エキストラエンド。前々で粘るテイエムタイホーなどの浮上があるかもしれない。

(マイラーズC)
       1着    2着    3着
05年(阪神) Ya   BZc   -
06年(阪神)BXa   A     -
07年(阪神)-     -      Xa
08年(阪神)AYa   -     B c
09年(阪神)CZb   DXb   D
10年(阪神) Z    -      Y
11年(阪神)-     -     BXa
----------------------
12年    A     -     D d
13年    AXa   -      Za
14年     X    BYb   CZc

 福島牝馬Sも前走指数の上位馬たちが有力だ。今年はパワースポット、ケイティバローズ、ウエスタンメルシー、グレイスフラワー、ブランネージュ、スイートサルサ、リラヴァティなどが指数の上位馬たちだ。
 上がりの脚ではパワースポットの差し脚が安定している。前走の中山牝馬Sも最後方から大外一気の脚を見せて3着。7歳になっても充実振りがうかがえる。
 牝馬は若さがポイントになることが多いが、4歳馬ならウエスタンメルシー、リラヴァティの差し脚が上位だ。他ではスイートサルサ、アルマディヴァンも切れる脚がある。

(福島牝馬S)1着    2着    3着
05年    -      Ya   Ya
06年    A d   -     AXa
07年    -     B     C d
08年    D     B     A
09年    -     D b   -
10年    A     C b   C
11年(新潟)-     D b   -
12年    B     AZ     Yb
13年    D b    X    BYc
14年      d   -     -

|

« 第1074回驚愕のドゥラメンテ | トップページ | 第1076回スローペースに泣く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/61483029

この記事へのトラックバック一覧です: 第1075回前走指数上位馬が中心:

« 第1074回驚愕のドゥラメンテ | トップページ | 第1076回スローペースに泣く »