« 第1077回先行するゴールドシップに期待 | トップページ | 第1079回負けて強し »

2015年5月 5日 (火)

第1078回横山典騎手の勝利

201505030811
201505020511

 それにしても、ゴールドシップは気難しい馬のようだ。横山典騎手はスタートがうまくいけば逃げることもイメージしていたようだが、今回もゴールドシップは思い通りには動いてくれなかった。枠杁に手こずったあげく、スタートでも勢いがつかず、結局、最後方からのレースになった。個人的には先行するゴールドシップにこそ、勝機があると考えていたから、「ああ、今回もダメか」と思わざるを得ない展開だった。

 それでも1コーナーから徐々に動きだし、向正面にさしかかるとゴールドシップと横山典騎手は一気にポジションをあげ、3コーナーでは3、4番手。勝機をうかがうに最も良い位置にもってきた。4コーナーを回って直線に向くと、2番手からカレンミロティックが抜け出したが、直線なかば、カレンミロティックを難なくとらえたゴールドシップがそのままゴールを駆け抜けた。ゴール前、大外から追い込んだフェイムゲームがきわどく迫ったが、勝利の凱歌はゴールドシップに上がった。

 京都コースが合わないという評価をくつがえし、ゴールドシップは3度目の挑戦でやっと春の天皇賞を勝ちとった。これで、名実ともに長距離王の称号を手にすることになったが、もし、向正面でも後方のまま動かず、直線一気に懸けたとしたら、今回の勝利はなかっただろう。先行する作戦に揺るぎがなかった横山典騎手の勝利だった。

 個人的にも「先行するゴールドシップ」を予想の中心に据えられたことに納得でき、印象深い天皇賞だった。

 勝ったゴールドシップ(AYa)は2番人気、2着のフェイムゲームは7番人気、3着に粘ったカレンミロティックは10番人気。3連単は23万円を超す高配当だった。

 1番人気のキズナ(D)は後方から追って7着だったが、3200の距離は向かないのかもしれない。

 ダービーの出走権のかかった青葉賞は、1番人気レーヴミストラル(Y)が直線大きく脚を伸ばしてダービーへの切符を手にした。スローペースで持ち味の切れる脚が生きたレースで、近走3連勝を達成したが、スピード指数、上がり指数ともに、少しもの足りず、本番ではどうだろう。

 2着の4番人気タンタアレグリア(D)もダービーの出走権を確保。3着の5番人気ヴェラヴァルスターはダービー出走権に届かなかった。3連単は12990円。

|

« 第1077回先行するゴールドシップに期待 | トップページ | 第1079回負けて強し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/61543190

この記事へのトラックバック一覧です: 第1078回横山典騎手の勝利:

« 第1077回先行するゴールドシップに期待 | トップページ | 第1079回負けて強し »