« 第1084回少し低調 | トップページ | 第1086回名馬の資質 »

2015年5月28日 (木)

第1085回驚異の差し脚

 いよいよダービー。2015年、3歳馬の頂点に立つのはどの馬か。
 2001年以降の過去14年間、ダービーを勝ったのはすべてスピード指数の上位馬たちだった。とくに前走指数の上位馬は過去14年で11勝をあげ、栄光のダービー馬に最も近い存在だ。前走指数上位馬以外では、過去の指数が最も高いX馬が3勝をあげているだけで、他の馬にチャンスは少ない。スピード指数が公表された1992年以降、23年間で指数のランク外の馬でダービーを勝ったのは1996年のフサイチコンコルドと、2000年のアグネスフライトの2頭だけで、その年の2着は前走指数の上位馬だった。ダービーはスピード指数の上位馬が圧倒的に強い傾向がはっきりとしており、ダービーの連軸候補は、前走指数の上位馬か、過去の指数が高いX馬しかないだろう。

(ダービー) 1着    2着    3着
01年    BYb   A d   -
02年     Xa   -     -
03年    A     D     -
04年    BZb   -     D
05年    A a   C b   B
06年    A      X    B a
07年    DXc    Z    DZb
08年    AXa   -     BYb
09年     X    -       Z
10年    C     C     B a
11年    AYa   -       d
12年    DYc   -     B
13年     X    B a   -
14年    CZa   A a   -
(スローペース調整-15/-5)

 今年はドゥラメンテ、リアルスティール、キタサンブラック、サトノクラウンがダービー馬に最も近い前走指数の上位馬たちだ。他に、過去の指数などで、スピリッツミノル、サトノラーゼンもランク馬としてあがってくるが、皐月賞の上位馬たちが前走指数上位を占めている。
 今年の皐月賞は、直線なかば、キタサンブラックとの叩き合いを制したリアルスティールが先頭に立ち、そのまま押し切りそうにみえたが、大外から一瞬のうちにリアルスティールを交し去ったのがドゥラメンテだった。ドゥラメンテは4コーナーで内から外に大きく斜行する致命的とも思える不利がありながら、体勢を立て直し33秒9の上がりタイムで差し切って勝ったわけで、そのパフォーマンスには驚くしかない。4コーナーの不利がありながら、ドゥラメンテの指数は90の大台を示しており、過去の皐月賞馬と比べても遜色ないレベルの指数の高さだった。皐月賞の結果からは、ドゥラメンテの能力の高さは抜けいてるように思える。
 これまでのレースを見ると、スタートはやや遅いようで、ダービーでも後方からのレースになると想像しているが、東京コースなら、後方からでもじっくり構えられるだろう。2400メートル戦とはいえ、ダービーなら極端なスローペースはないはずで、飛ぶような差し脚が再び見られることを期待したい。
 ドゥラメンテの相手は、皐月賞2着のリアルスティールが筆頭だろう。共同通信杯ではドゥラメンテを内から差して勝った実績もある。安定した先行力があり、流れに乗って差し脚が生かせるはずで、平均ペースの流れも向くのではないか。ドゥラメンテの差し脚が不調なら逆転があるかもしれない。同じく先行力があり直線の粘りが身上のキタサンブラックも有力馬の1頭だ。皐月賞は離されての3着だったが、スプリングSではリアルスティールの追撃を抑えて勝ったこともあり、力の差はないだろう。他に連下候補としてミュゼエイリアン、アダムスブリッジ、サトノクラウン、サトノラーゼン、レーヴミストラルなどに注目したい。

 目黒記念は過去10年、トップハンデ馬は1勝、2着1回だけ。苦戦が続く。
 今年の指数上位馬は、トウシンモンステラ、アドマイヤスピカ、ステラウインド、ファタモルガーナ、ムスカテール、ヒットザターゲットなど。
 重ハンデ馬の前残りがないとはいえないが、基本は恵ハンデ馬の差し脚にかけるレースだろう。上がりの脚があるアドマイヤスピカ、トウシンモンステラ、ヴァーゲンザイル、レコンダイト、ダービーフィズなどにもチャンスがあるはずだ。前走2400メートルの準オープン戦の松籟Sを快勝したアドマイヤスピカ、強豪相手の京都記念で直線不利がありながら6着のトウシンモンステラなどに期待したい。

(目黒記念) 1着    2着    3着
05年    -     -     A a
06年    D     B a   -
07年      d   D     -
08年    AZd   C b   -
09年     Z    A a   -
10年    C     -     A
11年    -     B c   C
12年     Yd   C     C d
13年    -      Yc   -
14年    AZa   CYb   -

|

« 第1084回少し低調 | トップページ | 第1086回名馬の資質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/61659439

この記事へのトラックバック一覧です: 第1085回驚異の差し脚:

« 第1084回少し低調 | トップページ | 第1086回名馬の資質 »