« 第1110回秋の戦いに | トップページ | 第1112回夏の終わりに »

2015年8月27日 (木)

第1111回指数上位馬が中心のキーンランドC

 札幌は06年に創設された芝短距離のキーンランドCがメインレース。
 特徴的なのは、牝馬が過去9年で6勝をあげていること。また、1番人気馬は1勝、2着4回、3着2回と、勝率は低いものの馬券の対象にはなっていることなど。指数上は、XYZ馬や、前走指数の高い馬が好走しており、全体として指数上位馬たちが強いレースだ。

(キーンランドC)
       1着    2着    3着
06年    B d   BXb   A
07年    -     AZb   -
08年    -     BYd   AXa
09年     Xa   -     A
10年    A b   CXb   -
11年    B d    X     Yd
12年      c   AXa   BZd
13年(函館)A      Yb   -
14年    A     A      Z
(公営競馬の成績は減戦しています)

 今年は、レッドオーヴァル、スギノエンデバー、エポワス、オメガヴェンデッタ、ティーハーフ、ローブティサージュ、マジンプロスパーなどが指数の上位馬たちだ。
 注目は目下3連勝中で、前走、函館スプリントSを勝ったティーハーフだろう。前走は出遅れ気味のスタートで、最後方からのレースになったが、4コーナー手前から仕掛けられると、直線、大外一気の差し脚で全馬をごぼう抜き。ゴールでは2馬身半の差をつけて快勝してみせた。比較的ペースが緩いレースで、先行馬に有利だったことを思えば、より一層、その差し脚の評価は高まる。ここでも人気を集めることになるだろう。しかし、キーンランドCは比較的先行馬が活躍することが多いレースで、ティーハーフはただ1頭、57キロを背負うこともあり、後方から同じような鋭い差し脚が使えるかどうか。ナビグラフ上でも上がりの脚で抜けた存在には見えず、4連勝は簡単ではないかもしれない。
 先行馬を中心に考えるなら、気になるのはオメガヴェンデッタだ。
 オメガヴェンデッタは、前走の準オープン戦、函館日刊スポーツ杯を3、4番手で先行して、直線、鮮やかに差し切って勝った。初の1200メートル戦だったが、指数は自己ベストの82をマーク。1400や1600より、1200の距離適性が高いように見える。昨年夏に去勢手術を受けたが、それ以降、比較的安定した成績が続いており、2走前にはG2京王杯スプリングCで先行して3着に粘った実績もある。ここでも力は足りるはずだ。
 上がりの鋭いレッドオーヴァル、先行馬の中ではエポワスの粘り込みも気になる。

 新潟2歳Sは指数でランクのない馬たちが好走する傾向が強い。この時期の新馬戦や2歳未勝利戦はスローペースが多く、上がりの勝負になりがち。新潟2歳Sも直線の長い新潟外回りのマイル戦だけに、スローペースは必至で、指数は低くてもスローで長くいい脚を見せた馬たちに流れが向くのだろう。
 問われるのは、長くいい脚を使えるかどうか。今年の上がりの脚の上位馬は、ロードクエスト、ヒプノティスト、ルグランフリソン、ペルソナリテ、タニセンビクトリーなど。
 なかでも、新潟向きの軽いスピードを兼ね備えているのはロードクエストだ。新馬戦では出遅れて後方からのレースになったが、直線一気に末脚を爆発させ、33秒2の上がりタイムで完勝した。出遅れが癖になるのは嫌だが、差し脚は間違いなく最上位だろう。
 他ではヒプノティスト、ペルソナリテなどが長くいい脚を使っており、逆転候補になりそう。

(新潟2歳S)1着    2着    3着
05年    -     C b   BYc
06年    -     -     AYb
07年     Zd   CYc   -
08年     Xd   -     A a
09年    -     -     A b
10年    -     CYd   -
11年    -     -     -
12年    -     -     -
13年    -     -     DXa
14年    -     -       d
(スローペース調整-20/-10)

|

« 第1110回秋の戦いに | トップページ | 第1112回夏の終わりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/62166541

この記事へのトラックバック一覧です: 第1111回指数上位馬が中心のキーンランドC:

« 第1110回秋の戦いに | トップページ | 第1112回夏の終わりに »