« 第1107回新潟向きのスピード | トップページ | 第1109回秋の本番に向けて »

2015年8月18日 (火)

第1108回瞬発力勝負で

201508160411
201508160111

 今年の関屋記念。果敢に逃げたのは2番人気のレッドアリオンだった。2番手にスマートオリオン、3番手にヤングマンパワーがつける。しかし、ペースは遅い。

 当然、直線半ばで横一線。逃げ続けるレッドアリオンはスマートオリオン、ヤングマンパワーに並ばれかけたところからが、しぶとく強かった。ゴールまで残り100メートル地点でラストスパートをかけると、どこにそんなエネルギーが残っていたのだと思わせるような勢いで、一気に引き離していく。ゴール直前、後方から追い込んできたマジェスティハーツが迫ってきたが、勢いそのまま4分の3馬身差で勝利を手にした。2着には、ただ1頭後方から追い込んだ6番人気のマジェスティハーツが食い込み、3着には先行して粘った9番人気ヤングマンパワーが残った。3連単は10万円を超す高配当。

 逃げたレッドアリオンの上がりタイムは33秒3。2着のマジェスティハーツは32秒4の上がりタイムを示しており、直線の瞬発力勝負のレースだった。1番人気で期待されたカフェブリリアントは、勝負どころの直線で、ふらつくシャイニープリンスをうまくさばけず、前に出られないまま7着に終わった。直線の瞬発力比べのレースで、もたついていては勝負にならず、消化不良のレースになってしまった。

 札幌のダート重賞エルムSは、注文通りエーシンモアオバーが逃げた。向こう正面に差し掛かるところ、後方からぐんぐん上がっていったのはジェベルムーサだった。ジェベルムーサは4コーナー手前で先頭に立つと、そのままゴールにまっしぐら。ゴールではグレープブランデーにクビ差まで迫られたものの、しのぎ切ってジェベルムーサが勝った。

 2着のグレープブランデーは3番手から、3着のエーシンモアオバーは逃げ残り。1番人気で4着だったクリノスターオーも3番手でレースを進めてきた馬たちで、4コーナーで先行集団に取り付いていなければ、勝機も上位もなかった。

 入線は2、5、7番人気の順で、3連単は6万3770円。

 お盆が過ぎると、あっという間に秋風が吹く。夏も残り少なくなっていく。

|

« 第1107回新潟向きのスピード | トップページ | 第1109回秋の本番に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/62108491

この記事へのトラックバック一覧です: 第1108回瞬発力勝負で:

« 第1107回新潟向きのスピード | トップページ | 第1109回秋の本番に向けて »