« 第1122回差し脚上位 | トップページ | 第1124回ヒカリとスズカ »

2015年10月 8日 (木)

第1123回逃げるヒカリに

 秋競馬もいよいよ本番。今週から東京、京都の開催が始まる。
 東京の毎日王冠は、毎年レベルの高い馬が集まるG2戦。指数上は、前走指数や平均指数の上位馬の連対率が高いが、勝ち馬に限ると、平均指数の上位馬が6勝をあげて最上位にある。

(毎日王冠) 1着    2着    3着
05年     Z    C d   -
06年      b   C d   C
07年    -     B      Yc
08年     Zc   A      Xa
09年    B       d   -
10年      d   D     CXc
11年     Xc   C     D
12年    -     -     D
13年     Xa   -     -
14年    A a   -     C

 今年はヴァンセンヌ、クラレント、ディサイファ、エイシンヒカリ、ダノンシャーク、スピルバーグ、トーセンスターダム、ステファノス、マーティンボロなどが指数の上位馬だ。
 重賞の実績からは、昨年秋の天皇賞馬スピルバーグ、ダービー2着イスラボニータ、マイルチャンピオンS馬ダノンシャーク、安田記念2着のヴァンセンヌなどが有力だろう。なかでもスピルバーグの実績が最上位だ。昨年の毎日王冠で3着の後、後方一気の差し脚で秋の天皇賞を制し、続いてジャパンカップでも3着に好走した。休み明けの大阪杯は4着、イギリスに遠征してG1戦で6着だったが、いずれも力のいる馬場が合わなかったのかもしれない。上がりの脚の鋭さでは最上位。6勝をあげている得意な東京コースで、後方一気の差し脚に期待がかかる。
 毎日王冠は、天皇賞(秋)、ジャパンカップなどに向かう馬たちの前哨戦だけに、前走、安田記念や宝塚記念、ダービーなど、レベルの高いG1に出走していた馬たちが勝ち馬の多くを占めてきた。しかし、近年はそれが勝ち馬の条件とはいえなくなっている。4年前はエプソムC、3年前はNHKマイルC、2年前は香港のQE2世C、昨年は札幌記念と、過去4年の勝ち馬をみると、その前哨戦は安田記念や宝塚記念ではない。それだけ、力が接近してきたといえるかもしれない。
 安田記念や宝塚記念以外のレースからの注目馬はエイシンヒカリだ。デビューは少し遅れたが、未勝利戦から古馬相手のオープン戦まで破竹の5連勝。いつもどおりに逃げながら、直線内ラチから外ラチまでヨレても勝ってしまったレースにはビックリさせられた。6戦目の重賞戦で9着に負けたが、その後はオープン戦を勝ち、前走は重賞エプソムCを逃げ切って勝った。全成績は(7001)。未勝利戦以外は全て逃げてのもの。距離も1800で5勝、2000メートル戦で2勝をあげ、戦法、距離に迷いはない。東京、京都では負けがなく、軽いスピードのでる東京の芝なら、このメンバー相手でも逃げ切れるのではないか。
 実績上位馬に加え、ステファノス、マーティンボロ、ディサイファ、アンビシャスなども連下には押さえたい。

 京都大賞典は指数の上位馬が強い傾向にあり、とくに平均指数の上位馬は10年連続で連対中だ。また、過去10年の勝ち馬は全て、4、5歳馬が占めている。1番人気馬は2勝、2着2回、3着1回。
 今年はサウンズオブアース、ラキシス、ラブリーデイ、フーラブライド、カレンミロティック、ワンアンドオンリーなどが指数の上位馬だ。
 安定した先行力と差し脚があるのは、ラブリーデイだろう。2走前、鳴尾記念を完勝した後、宝塚記念も2番手から楽に抜け出して、念願のG1タイトルを手にした。休み明けとはいえ、順調なら連軸の中心になる馬だろう。
 他では、スタミナのあるサウンズオブアース、上がりの脚で上位のラキシスからの手もあるかもしれない。

(京都大賞典)1着    2着    3着
05年    B a    Xa   A
06年    D d    Ya   C
07年     Z    B b   -
08年    -     B b   DYa
09年    -     A c   -
10年    B     AXa   -
11年    AXa   C      Zb
12年      a    Z    B a
13年      b   -      Yc
14年    BZc     a    X

 昨年、重賞に格上げされた「いちょうS」が、今年からサウジアラビアロイヤルCに重賞名を変えた。12年以降1800メートルで行われてきたが、昨年から1600メートルで行われている。
 今年の指数上位は、ハレルヤボーイ、ブレイブスマッシュ、マコトルーメン、ゴッドカリビアン、シトロン、トウショウドラフタなどだが、スローペース必至で、差し脚比べのレースだけに、長くいい脚を使えるアストラエンブレムが最有力だろう。

(サウジアラビアRC/旧いちょうS)
       1着    2着    3着
14年    A c   -     CYa

新ソフト「スーパーパドック スマイル」を公開(無料)しています。
10月8日現在、1.1.00にバージョンアップされ、ますます使いやすくなっています。下記のURLからダウンロードいただけます。ぜひお試しください。

http://www.rightniks.ne.jp/index.php?action=external&filename=include/spdk_smile_open.html&pain=2

|

« 第1122回差し脚上位 | トップページ | 第1124回ヒカリとスズカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/62435890

この記事へのトラックバック一覧です: 第1123回逃げるヒカリに:

« 第1122回差し脚上位 | トップページ | 第1124回ヒカリとスズカ »