« 第1132回スローペースで先行馬有利に | トップページ | 第1134回切れたノンコノユメ »

2015年11月12日 (木)

第1133回若さと人気馬

 今週のエリザベス女王杯は、負担重量で2キロ軽い3歳馬が過去10年で5勝をあげている。次いで4歳馬が3勝、5歳馬が2勝で、6歳馬の勝利はない。エリザベス女王杯は若さがものをいうレースのようだ。
 1番人気は10年で2勝、2着3回。2番人気馬は2勝、2着3回。1、2番人気馬がそろって連を外したのは10年間で1度だけだ。
 指数上は、前走指数の上位馬の連対率が高く、連軸向きといえそうだ。

(エリザベス女王杯)
       1着    2着    3着
05年     Yb   C     -
06年    C     D a    Zc
07年    A      Y    AXa
08年    B d    Xa   -
09年    -     -     B
10年    外国馬   CXb   A a
11年    D外    A      Xa
12年    -     -     C
13年    A     -     -
14年    -     A b   -
(スローペースは-10/0)

 今年はクイーンズリング、タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルト、マリアライト、ラキシス、フーラブライドなどが指数の上位馬だ。
 注目は好調が続く4歳馬ヌーヴォレコルトだ。昨年、3歳時の秋華賞は2着、エリザベス女王杯はラキシスに次ぐ2着と、勝てなかったとはいえ、牝馬戦線で上位の能力を示してきた。近走、宝塚記念では5着、前走のオールカマーは2着と、牡馬相手でも上位に好走しており、4歳になって着実に成長を感じさせるレースに思える。スパッと切れる差し脚には欠けるが、2200の距離にふさわしいスタミナに見どころがあり、先行して、あるいは中団から、どんな流れにも対応したレースができるのが強みだろう。
 切れる差し脚が光るのは、昨年の女王ラキシスだ。2200の距離は(3203)と安定しており、距離適性も高い。差し脚が生きる展開になれば、後方一気の決め手が炸裂する。
 伏兵候補は3歳馬たち。秋華賞の2着馬クイーンズリング、6着のタッチングスピーチに、オークス2着のルージュバック。ともに差し脚に見どころがあり、勝ち馬の条件を備えた馬たちだろう。

 ダートの重賞、武蔵野Sは、前走指数上位馬たちが中心。
 今年はグレープブランデー、モーニン、ニシケンモノノフ、ツクバコガネオー、フィールザスマートなどが前走指数の上位馬。他にオーブルチェフ、タガノトネール、ゴールデンバローズなども過去の指数、平均指数で上位の馬たちだ。
 デビューから4連勝の3歳馬モーニンが中心になりそう。重賞初挑戦だが、前走指数のレベルなら、ここでも十分に通用するはず。先行して着実に脚を使ってきたレース内容にも不安はない。3歳馬で55キロの斤量も好材料だ。
 実績馬の中では、グレープブランデーの指数が安定して高い。先行馬だから58キロを背負ってもと思うが、苦しいには違いないだろう。
 他では、ダートながら、後方一気の脚を見せて3連勝中の3歳馬ノンコノユメの差し脚が魅力的だ。前走は大井のジャパンDダービーも快勝。実績からは世代ナンバー1ダート馬と言えるだろう。指数に不足はなく、この馬から買う手もあるが、ただ、3歳馬で58キロを背負って、後方から追い込むのは少し厳しいかもしれない。

(武蔵野S) 1着    2着    3着
05年    -     -     BYb 
06年    C d   DXa     d
07年    -     BXa   A c
08年    D      Xa   -
09年    -      Z    BXa
10年     Y    D c   -
11年     Y    AZb   -
12年    -     D      Za
13年    -     A b   -
14年    B     A      Zc
(公営競馬の成績は減戦して集計)

 福島記念はハンデ戦。1番人気馬は過去10年で2勝、2着1回、3着3回。トップハンデ馬は2勝、2着1回。指数上は前走指数上位馬の連対率が高いが、ランク外の馬たちの活躍も多い。
 今年は、ノットフォーマル、ミトラ、フレイムコード、バロンドゥフォール、マイネルミラノ、ヤマカツエース、メイショウスザンナなどが指数の上位馬。
 先行して、安定した指数の高さがあるのはトップハンデのミトラ。昨年もこのレースを勝っており、トップハンデとはいえ57.5キロのハンデならこなせそうに思えるが、差し脚比べになると、少し分が悪くなるのは避けがたい。
 差し脚なら、セキショウ、シャイニープリンス、メイショウスザンナ、メイショウカンパク、フラアンジェリコ、ヤマカツエース、バロンドゥフォールなどが上位。
 函館記念で3着、札幌記念で4着と、2000メートルの距離が合いそうな3歳馬ヤマカツエースに期待したい。

(福島記念) 1着    2着    3着
05年     Zb   -      Z
06年    BZ    AZb     c
07年    -     -     -
08年    -     C      Zc
09年    C     -     D
10年    -     A     BXa
11年(新) A a    Ya   -
12年    B b   -     -
13年     Z    AXa     d
14年    -       a    Xa

 デイリー杯2歳Sは、エアスピネル、ノーブルマーズ、シュウジ、テイエムハヤブサなどが前走指数の上位馬。
 先行して、いい脚を使えるのはエアスピネル。前走、マイルの新馬戦を先行して、直線のたたき合いを制して完勝。指数も好レベルで、余力も十分のレースだった。
 指数は低くてもスローペースの差し脚が鋭いメイプルキング、リッチーリッチー、ラハトケレブ、キングライオンなどに要注意。

(デイリー杯2歳S)
       1着    2着    3着
05年    -     -     A a
06年    -     AXa    Yd
07年      b   B a     d
08年    B a   CXc   -
09年    A a    Yb   -
10年    -     -      Xb
11年      d   DX    -
12年    -     A c   A b
13年    AXa   -     CYc
14年    DY    C b   BX
(スローペース調整値-20/-10)


新ソフト「スーパーパドック スマイル」を公開(無料)しています。
11月12日現在【1.1.11】にバージョンアップされ、ますます使いやすくなっています。下記のURLからダウンロードいただけます。ぜひお試しください。

http://www.rightniks.ne.jp/index.php?action=external&filename=include/spdk_smile_open.html&pain=2

|

« 第1132回スローペースで先行馬有利に | トップページ | 第1134回切れたノンコノユメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/62664672

この記事へのトラックバック一覧です: 第1133回若さと人気馬:

« 第1132回スローペースで先行馬有利に | トップページ | 第1134回切れたノンコノユメ »