« 12月1日新基準タイムもよろしく | トップページ | 第1140回ハイペースに »

2015年12月 3日 (木)

12月3日コパノリッキーの時代

 昨年、ジャパンCダートからチャンピオンズCに名称をかえ、中京競馬場で行われることになったダートのG1戦。ジャパンCダート時代のデータも掲載したが、比較的まぎれの少ないダート中距離戦で、指数上位馬が強いという傾向に大きな変化はないだろう。

(JCD)  1着    2着    3着
05年東京  A     C a    Y
06年東京  -     AXa   -
07年東京   Z      b   AZa
08年阪神   Z    C     AX
09年阪神  B c   C     -
10年阪神  BYc   -      Yc
11年阪神  AZb   D d   AXa
12年阪神  B     -     -
13年阪神  -     DZd   A
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
(チャンピオンズC)
       1着    2着    3着
14年中京  CYd     d   AZa
(ランクは公営、海外のレースを減戦して集計)

 今年は、ホッコータルマエ、ノンコノユメ、ローマンレジェンド、ロワジャルダン、コーリンベリー、コパノリッキー、ワンダーアキュートなどが指数の上位馬たちだ。
 ダート中距離での重賞実績は、コパノリッキー、ホッコータルマエ、ノンコノユメなどが上位だ。
 前走、大井のJBCクラシックを逃げ切って勝ち、ダートのG1で通算5勝目をあげたのが5歳馬のコパノリッキー。これまでG1、G2戦を11戦して7勝、2着2回、3着1回。着外は1回だけだ。コパノリッキーの強さを認識させられたのは、16番人気で勝ったフェブラリーSからだったが、その後の快進撃は目覚ましく、一躍ダート界のトップに君臨するまでに出世した。昨年のチャンピオンズCではスタートで大きく立ち遅れて、先行する自分の形に持ち込めず12着に大敗したが、先行さえできれば、まちがいなく安定したレースができる馬だろう。
 コパノリッキーを上回るダートG1を9勝という重賞実績を誇るのがホッコータルマエだ。前走はコパノリッキーの後塵を拝するレースになったが、両馬の決着がついたわけでもなく、休み明けだったことを考えれば、巻き返しも十分だろう。
 ダート界の新星といえるのが、3歳馬ノンコノユメ。前走の武蔵野Sでは58キロを背負いながら、後方一気の差し脚で差し切って勝った。スピード指数も95と高く、ここでも勝ち負けできるレベルだ。
 中京のダートは先行馬が活躍する傾向が強く、その点からは充実著しいコパノリッキーの先行力を上位に評価したいと思うが、ペース次第ではノンコノユメの後方一気も想定しておく必要はあるかもしれない。

 中山のマラソンレース芝3600メートルのステイヤーズSは、前走指数の上位馬が中心を担っている。
 今年は、ファタモルガーナ、アルバート、トゥインクル、トルークマクト、ネオブラックダイヤ、スズカデヴィアス、メイショウカドマツ、カノンなど。
 前走、アルゼンチン共和国杯組が過去10年で8勝をあげて、軸馬の中心勢力だ。今年は2着のメイショウカドマツが最先着馬。距離適性もありそうで連軸候補の1頭だろう。他に、単騎マイペースで逃げられそうなスズカデヴィアスも距離は合うはず。
 アルゼンチン共和国杯組以外では、目下3連勝中のアルバートや、長距離適性の高いファタモルガーナなどが気になる存在。特にアルバートは距離を伸ばしてから3連勝しており、スタミナもありそう。3600は初距離でも要注意だろう。また、休み明けは少し気にはなるが、ファタモルガーナは3000を超す距離の重賞で(0301)。ステイヤーズSは2戦して2着2回。まだ勝ち星はないとはいえ、長距離適性で最上位だ。

(ステイヤーズS)
       1着    2着    3着
05年    BXa   CZc   A
06年    A b   BXc   C
07年      d   CYc   DZa
08年      d   A      Yb
09年    A     -       d
10年    D     BYc   AXa
11年     Ya   A     -
12年    D a   -     -
13年    BYa   -      Zd
14年    C     B     A b

 金鯱賞は2012年から12月の開催に変わった。
 今年の指数上位はクラレント、ミトラ、ディサイファ、バッションダンス、マイネルフロスト、サトノノブレスなど。
 比較的前々でレースができ、差し脚でも上位といえるのは、クラレント、ディサイファ、ミトラなどだが、札幌記念を勝って、続く毎日王冠で2着、天皇賞(秋)で8着のディサイファの底力が上位で、連軸向きだろう。

(金鯱賞)  1着    2着    3着
12年    B a   -      Z
13年     Yd   C     AYb
14年    -      Zb   A

【お知らせ】12月1日より、「新基準タイム30版」の販売を開始しました。今年も抽選で有馬記念グッズのプレゼントもあります。お申し込みはこちらから。

|

« 12月1日新基準タイムもよろしく | トップページ | 第1140回ハイペースに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/62800562

この記事へのトラックバック一覧です: 12月3日コパノリッキーの時代:

« 12月1日新基準タイムもよろしく | トップページ | 第1140回ハイペースに »