« 第1152回寒い、寒い | トップページ | 第1154回重賞初制覇 »

2016年1月28日 (木)

第1153回武蔵野Sの上位馬から

 今週から、関東は東京開催が始まる。ダートの重賞、根岸Sがメインだ。
 ダートの重賞だけに指数の上位馬が強い傾向にある。なかでも、過去10年のうち9年で連対している平均指数の上位馬や、前走指数の上位馬たちが連軸の中心になりそうだ。ただし、勝ち馬は指数の上位馬が占めているものの、2、3着馬にはランク外の馬たちが多い。連下は、手広く取ったほうが良いだろう

(根岸S)  1着    2着    3着
06年      c   C     B
07年    -     DXc   BZ
08年    AZa   D     C
09年    BYa   A b   D
10年    -     AYa   -
11年    BXa   -     -
12年      a   -     -
13年      d   -     -
14年    C     -     -
15年    A a   BXb   -
(地方競馬の成績は減戦して集計)

 今年の指数上位馬はタガノトネール、タールタン、グレープブランデー、モーニン、マルカフリート、レーザーバレットなどだ。

 根岸Sはダート1400メートル戦だが、過去の連対馬は1600メートルの距離で鋭い差し脚を発揮していた馬が多い。素軽いスピードだけで、このレースを戦うことは難しく、スタミナのベースがなければならないようだ。
 その点からは、前走、マイルの武蔵野Sを好走したタガノトネールと、モーニンが有力馬に上がってくるだろう。

 タガノトネールは2番手で直線に向くと、早めに先頭に立ち、そのまま押し切るかに見えたが、後方からノンコノユメが迫ってきて、きわどい写真判定になった。結果は惜しい2着だったが、本来、得意なダートの距離は、公営成績を含む(4423)の1400メートルにあり、1600は少し長かったはず。それでも高指数で勝負になったわけで、引き続き好調は間違いないところだ。

 片や、武蔵野Sで1番人気に支持されたのがモーニン。いつものように先行集団に取り付いて直線に懸けたものの、直線では2着のタガノトネールと脚色が同じになって、差を詰めきれず3着まで。初の重賞挑戦だったことを考えれば、上出来の内容のレースだったのではないか。近走の指数は重賞のレベルにあり、(4010)の成績が示す通り、ここでも好勝負になるはずだ。

 ただ、連軸候補のタガノトネールとモーニンはともに先行馬。場合によってはハイペースに飲まれることもあるかもしれない。差し脚の鋭いアンズチャン、サクラエール、マルカフリートなどの直線一気に要注意だ。

 京都のシルクロードSはハンデ戦。とはいえ、指数上位馬がよく健闘しており、前走指数の上位馬や、平均指数の上位馬が連軸の有力候補だろう。
 今年はダンスディレクター、サトノルパン、ネロ、ビッグアーサーなどが指数の上位馬だ。

 順当なら、トップハンデのサトノルパンや、1番人気になりそうなビッグアーサーなどを中心に取りたいところだが、過去10年、トップハンデ馬は1勝、2着2回と、苦戦の傾向にある。また、1番人気馬も2勝、2着1回と、信頼は薄い。
 ならば、後方からの差し脚が鋭いダンスディレクターにもチャンスはあるだろう。近走はCBC賞、阪神Cを、ともに2着に好走しており、(4300)と得意な京都コースで本領発揮が期待できるはず。自慢のスピードと瞬発力が生かせるのではないか。

 他では、差し脚が安定しているアースソニックも連軸候補になりそうだ。
 恵ハンデ馬で、先行できて差し脚もあるローレルベローチェ、セカンドテーブルも気にはなるが、軸馬に取るには指数の高さが物足りない。

(シルクロードS)
       1着    2着    3着
06年    -     D c    Xb
07年    AZd    Ya   B
08年    C d   -       c
09年    -     -     A c
10年     Yd   DZb   A
11年    DXa   -     B
12年    -     AXc   -
13年    B a    Xb   D
14年    BYd   A c   -
15年    -     -     BZb

【お知らせ】新「基準タイム2016年版」(改訂30版)の販売を開始しました。お申し込みはこちら から。

|

« 第1152回寒い、寒い | トップページ | 第1154回重賞初制覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/63133891

この記事へのトラックバック一覧です: 第1153回武蔵野Sの上位馬から:

« 第1152回寒い、寒い | トップページ | 第1154回重賞初制覇 »