« 第1156回 クラシック戦線の最先端 | トップページ | 第1158回馬場に泣かされ »

2016年2月11日 (木)

第1157回春の主役を目指して

 過去10年、共同通信杯でランク外の馬が勝ったのは1頭だけで、3歳牡馬の重賞らしく、指数上位馬が圧倒的に強い傾向が見える。前走指数の上位馬が10年連続して連軸の中心になっており、なかでも、前走指数上位の2頭、A、B馬のいずれかが毎年連対しており、前走の指数の高さは必須条件だろう。

(共同通信杯)1着    2着    3着
06年    DY    AXa   D d
07年    -     AXb   C b
08年    B b   C c   DY
09年      d   AXb   C
10年    AZc   A     -
11年    AYa   C      X
12年    BX    D     A
13年    B     A a    Xa
14年    C a   A a    Xc
15年    -     AZa   -
(スローペース調整値-20/-10)

 今年の指数上位馬は、メートルダール、イモータル、リスペクトアース、ディーマジェスティ、ハートレー、スマートオーディンなど。

 前走指数上位馬の中で、2戦2勝でレースに臨むのはハートレーだ。2戦目のホープフルSではスタートが悪く、後方からのレースになったが、直線は良く脚を伸ばして快勝だった。スローペースで先行馬に有利な流れだっただけに、素質の高さを示したレースといえるだろう。ここ共同通信杯では57キロを背負うが、それでも連軸の中心にはなってくれるだろう。

 ただ、少し気になるのは、スローペースの差し脚では、スマートオーディン、メートルダール、ディーマジェスティ、イモータルなどの方がより鋭いこと。超スローペースになったら、追って届かず、取りこぼしがあるかもしれない。

 そうならないことを祈りたいが、ハートレーの相手になるのは、指数上位で差し脚もあるメートルダール、イモータル、リスペクトアース、ディーマジェスティ、スマートオーディンなどだろう。

 牝馬のクイーンカップも、前走指数上位馬たちが中心。ランク外の馬が勝ったのは共同通信杯と同じく、過去10年で1頭だけだ。
 今年は、メジャーエンブレム、エクラミレネール、ペルソナリテ、フロンテアクイーン、ビービーバーレル、ストライクショットなどが指数の上位馬たちだ。

 何といっても注目は、目下4戦3勝、阪神JFを勝ったメジャーエンブレムだ。この相手なら前走指数の高さで抜けた存在で、スタミナも十分で先行力が持ち味だ。阪神JFも好スタートから直線、早め先頭に立って、そのまま押し切るレースで快勝した。マイルの瞬発力もなかなか鋭く、いまの時点で、他の牝馬とは完成度が違うようだ。

 ここは素直に相手探しに徹する手だろう。先行力の戦いになれば、ビービーバーレル、エクラミレネール、ストライクショットが中心。スローペース気味で差し脚が問われるなら、ラブリーアモン、ソロフライト、ダイワドレッサー、ペルソナリテ、ビービーバーレルなどが有力だろう。超スローペースなら、サブルマインド、ストライクショット、ルフォールも連対圏に浮上する。

(クイーンC)1着    2着    3着
06年    B d    Z    -
07年     Xc   C b   AZc
08年    DXb   -       c
09年    CYb   B b   -
10年    B a   A a   DXa
11年    -      Z    -
12年      d   AX    -
13年    B b   D    (B、-)3着同着
14年    AXa   BZb     d
15年    A a   -       -
(スローペース調整-20/-10)

 京都記念は、平均指数の上位馬が10年連続で連対中だ。前走指数の上位馬も9年で連対している。
 今年は、ヒストリカル、ショウナンバッハ、スズカデヴィアス、タッチングスピーチ、トーセンレーヴ、レーヴミストラル、サトノクラウン、マイネルディーン、アドマイヤデウスなどが指数の上位馬たちだ。

 これまでは1番人気が強いレースだったが、最近の3年間は1番人気馬が苦戦続きで3着もない。また、高齢馬も勝利から遠ざかっている。

 6歳までの馬で、距離も合う指数上位馬は、ショウナンバッハ、スズカデヴィアス、タッチングスピーチ、レーヴミストラル、サトノクラウン、アドマイヤデウスなどだが、なかでも差し脚が鋭いタッチングスピーチ、ショウナンバッハ、レーヴミストラルなどが連軸向きの有力馬だろう。

(京都記念) 1着    2着    3着
06年    DZb   -     B
07年    D     A c   AZ
08年    B     C a   -
09年     Za   BYa   -
10年    A       c   AXa
11年    -       d   A
12年    C     AXa    Xb
13年    B      Yc   A a
14年    A     BYb    Yd
15年    AXc   -     CYa

|

« 第1156回 クラシック戦線の最先端 | トップページ | 第1158回馬場に泣かされ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/63196153

この記事へのトラックバック一覧です: 第1157回春の主役を目指して:

« 第1156回 クラシック戦線の最先端 | トップページ | 第1158回馬場に泣かされ »