« 第1184回7歳牝馬の勝利 | トップページ | 第1186回シンハライトの底力 »

2016年5月19日 (木)

第1185回シンハライトが有力

 今週は、牝馬クラシックの第2弾、オークスがメインレース。
 過去10年の連対馬をみると、前走指数上位馬が中心勢力を構成しており、なかでもA馬は3勝、3着2回、B馬は2勝、2着3回、3着1回と、前走指数の高い馬A、B馬が有力にみえる。他に、平均指数の上位馬や過去の指数上位馬もそこそこ好走しているが、オークスはスローペースが基本で、指数は低くても上がりの脚がある馬には要注意だ。
 1番人気馬は過去10年で、2勝、2着3回、3着1回。連対率は50パーセント。

(オークス) 1着    2着    3着
06年    -     -     D
07年    BY    -      Y
08年     Zb   B     A d
09年    A c   B a   C
10年   (AZa)(c)1着同着  Z
11年    -     D     B d
12年    AYa   B b   -
13年    -     -     -
14年      c   DY    AX
15年    BX    -     C
(スローペース調整-20/-10)

 今年の前走指数上位馬は、シンハライト、チェッキーノ、アットザシーサイド、アドマイヤリード、ダイワドレッサーなど。他に、過去の指数などで、デンコウアンジュ、レッドアヴァンセ、ロッテンマイヤーなども上がってくる。

 前走、桜花賞組がオークスでも好走しており、桜花賞組は過去10年で7勝を上げている。他の路線からは忘れな草賞組が2勝、スイートピー組が1勝をあげているが、別路線組は3頭とも、そのレースを勝利してきた馬たちだ。
 桜花賞の1600メートルに比べると、オークスの2400メートルは本来、カテゴリーの違う距離のはず。距離を考えると、マイルの成績がそのまま当てはまるわけではないとは思うが、成長過程の3歳牝馬のクラシック戦であるなら、どの馬も経験のない距離の適性をあれこれ考えるより、基礎能力や素質の高さを素直に評価した方が良いのだろう。

 今年の桜花賞は、中団から脚を使って、直線半ばで先頭に立ったシンハライトに、後方から鋭い差し脚を伸ばしたジュエラーが並びかけて、ゴールまで2頭の激しい叩き合いが続き、ハナ差でジュエラーが勝利を手にした。しかし、桜花賞馬ジュエラーはすぐ後に骨折が判明、オークスへの出走がかなわなかった。また、桜花賞4着の2歳女王メジャーエンブレムはオークスを回避し、牡馬相手のNHKマイルCに参戦して、強い勝ち方をみせた。今年の桜花賞は同世代トップの戦いだったことに間違いはないはずであり、桜花賞2着馬シンハライトがオークスでも中心になることに、まったく異論はない。

 シンハライトはここまで3勝、2着1回。2走前のチューリップ賞では、後の桜花賞馬ジュエラーと馬体を合わて上がってきて、激しい叩き合いの末、ゴールではハナ差でシンハライトが勝っている。その2頭が続く桜花賞でもハナ差の叩き合いを演じたわけで、この2頭に全く力の差はないだろう。今年のオークスの出走馬の中でも、中団からの上がりの脚はシンハライトが最上位だ。スローペースになるであろうオークスに最もふさわしい差し脚といえそうで、チューリップ賞、桜花賞と、戦ってきた相手のレベルを考えても、シンハライトの中心は揺るがないだろう。
 別路線組では、前走2000メートルのフローラSを勝ってきたチェッキーノが指数も高く、相手の1番手にとりたい。

 平安Sは開催時期が1月から5月に、距離も1800から1900メートルに変更になってから4年目を迎える。
 今年は、アスカノロマン、クリソライト、ロワジャルダン、ドコフクカゼ、サンマルデューク、クリノスターオーなどが指数の上位馬だ。

 逃げるのはショウナンアポロンだが、それほど厳しいペースにはならないはず。先行できる指数上位馬アスカノロマン、クリソライト、ロワジャルダンに展開も向きそうだが、なかでも、指数の高さと安定感で、アスカノロマンが一歩抜け出している。58キロを背負うが、そのまま押し切れるのではないか。
 直線、先行馬たちの脚が止まるようなら、ドコフクカゼ、ラインルーフ、トラキチシャチョウ、サンマルデュークなどの差し脚が生きてくるが--。

(平安S)  1着    2着    3着
13年    AXa   B      Yc
14年    -       c   B
15年    -     BZc    Xa

|

« 第1184回7歳牝馬の勝利 | トップページ | 第1186回シンハライトの底力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/63654495

この記事へのトラックバック一覧です: 第1185回シンハライトが有力:

« 第1184回7歳牝馬の勝利 | トップページ | 第1186回シンハライトの底力 »