« 第1196回馬場も味方に | トップページ | 第1198回高速馬場 »

2016年6月30日 (木)

第1197回難解なハンデ戦

 今週から夏競馬も本番。関東では福島競馬が始まる。福島開幕週の重賞は3歳限定のハンデ戦・ラジオNIKKEI賞。1番人気は信頼を裏切ることが多いレースだが、最近の4年に限ると、1勝、2着2回と、やや健闘している。トップハンデ馬は過去10年で1勝、2着1回と、こちらは相変わらず不振続きだ。
 指数上は過去10年のうち、7年で連対している平均指数上位馬や、6年で連対している過去の指数上位馬が中心になってはいるが、勝ち馬はランク外の馬が多く、難解なハンデ戦といえる。

(ラジオNIKKEI賞)
       1着    2着    3着
06年      c   -     -
07年    -      Z     Z
08年    -      Xb   -
09年    -     -     B d
10年    C     -     AYb
11年(中山)A b    Yc    Xa
12年    -      Yc   -
13年    -     A d   -
14年    DZ    DXa   C d
15年    DY     Xa   -

 今年は、ミライヘノツバサ、ダイワドレッサー、ゼーヴィント、ストーミーシー、カネノイロ、ブラックスピネルなどが指数の上位馬だ。

 トップハンデは、唯一の3勝馬ブラックスピネルの57キロ。G2京都新聞杯4着のあと、前走、オープン戦の白百合Sを中団から直線一気に差し切り勝ちを決め、3勝目をあげた。ただ、過去にはスローペースで高い上がり指数かあるものの、前走の上がり指数はそれほど高くなく、多少、相手に恵まれたのかもしれない。
 近走、上がり指数の上位馬はダイワドレッサー、アーバンキッド、アップクォーク、ゼーヴィント、ピックミータッチなどだ。

 福島は開幕週で、馬場状態は良好のはずだが、洋芝のオーバーシードに加え、エアレーション作業で、馬場は比較的力のいる作りになっている。梅雨時だけに、週末に雨があれば、さらに時計がかかるとすると、ある程度スタミナがあり、長く差し脚を使える馬たちに向く馬場になるのだろう。

 ここは、近走、2000メートル戦で好指数を示しているゼーヴィント、先行力のあるミライヘノツバサ、単騎で逃げられるロードヴァンドール、1800メートル戦で鋭い差し脚を見せてきたアップクォークなどにもチャンスがあるのではないか。
 なかでも、2走前、勝利に導いた戸崎騎手に手が戻るゼーヴィントを中心にとりたいと思っている。前走はスタートで出負け、後方からのレースになったが、直線よく追い込んで最速の上がりタイムで3着におしあげた。本来、先行力を生かして差し脚を伸ばすタイプで、福島コースも合うのではないか。

 中京競馬場も、開幕週の重賞は芝1200メートルのハンデ戦・CBC賞。
 ハンデ戦とはいえ、比較的、指数の上位馬たちが好走しているレースだ。
 今年の指数上位は、サドンストーム、メイショウライナー、エイシンブルズアイ、ベルカント、スノードラゴン、シンデレラボーイなど。

 トップハンデは14年のG1スプリンターズSを勝っているスノードラゴンの58.5キロ。今年の高松宮記念は7着、その後は、公営のダート重賞で5、3着だった。そのスノードラゴンに続く重ハンデ馬は、57キロのエイシンブルズアイ。オーシャンSを勝った後、高松宮記念は5着。ここは3か月半ぶりのレースだ。

 馬場改修後の4年間、比較的先行馬が活躍しており、先行して差し脚を使えるメイショウライナー、ワキノブレイブ、エイシンブルズアイ、ラインスピリットなどが連軸の中心になりそうだ。順当なら指数上位のエイシンブルズアイ、ワキノブレイブなどが中心になるのだろう。ただ、恵ハンデで気になるのは54キロのメイショウライナー。指数の高さで少し足りないが、恵ハンデを生かして先行できれば、粘り込みもありそうで、面白い存在にみえる。

(CBC賞) 1着    2着    3着
12年    A c   C     A b
13年    CXa   A       d
14年    -      Yc   D
15年    A a    X     Yd

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

|

« 第1196回馬場も味方に | トップページ | 第1198回高速馬場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/63849767

この記事へのトラックバック一覧です: 第1197回難解なハンデ戦:

« 第1196回馬場も味方に | トップページ | 第1198回高速馬場 »