« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月28日 (木)

第1205回指数上位馬が活躍

 やっと、関東甲信越地方も梅雨が明け、今週から真夏の新潟競馬が始まる。
 開幕週のメインは新潟名物、直線1000メートルのアイビスサマーダッシュだ。特徴的なのは、過去10年で7勝をあげている牝馬の大活躍だろう。牝馬が連対できなかったのは10年間で1度だけ。夏は牝馬の格言通りのレースだ。
 指数上は、過去10年、前走指数上位のAB馬か、過去の指数が高いXY馬のいずれかが連対しており、他に平均指数の上位馬も健闘して、全体として指数上位馬たちが中心を担っている。

(アイビスサマーダッシュ)
       1着    2着    3着
06年    B     -3歳   A
07年    ダ     B c   -3歳
08年    -     BZb   -3歳
09年     Ya     c   AZd
10年    -     CXb   -
11年    A     B a   -
12年     Xa     b   DZc
13年    AXd   -     B
14年    BYa   -     CYd
15年    -     A c   D

 今年は、ベルカント、ネロ、プリンセスムーン、ローズミラクル、アットウィル、フレイムヘイローなどが指数の上位馬たちだ。

 新潟は開幕週で馬場も絶好。野芝の素軽いスピード比べになりそうで、鋭い瞬発力が問われるはず。短距離向きの鋭い瞬発力なら、ベルカント、プリンセスムーン、ネロ、アースソニック、ローズミラクル、ヤマニンプチガトーなどが上位だ。

 とりわけ、ベルカントのスピードがまさっているだろう。ベルカントは昨年、このアイビスサマーダッシュをM・デムーロ騎手の騎乗で勝った5歳牝馬。その後、1200メートル戦の北九州記念も勝って、2015年のサマースプリントシリーズの王者となったスプリンターだ。今年の春はアラブ首長国連邦のG1アルクオーツスプリントから始動。帰国後の前走、CBC賞を果敢に逃げて、勝ち馬と差のない3着に粘り込んだ。前走指数は自己ベストに近い好指数でまとめて、好調をアピールできた。1000メートル戦は1戦1勝。素軽いスピードが持ち味だけに、このアイビスサマーダッシュが最も合うのではないか。

 今週から札幌競馬も開幕する。牝馬の重賞クイーンSがメインレースだ。
 指数上は過去10年、全ての年で連軸の中心になっている前走指数上位ABC馬が有力だろう。
 今年は、チェッキーノ、ロッテンマイヤー、マイネグレヴィル、ウインプリメーラなどが前走指数の上位馬。他にリラヴァティ、シャルール、ナムラアンなども過去の指数や平均指数で上位にある馬たちだ。

 比較的先行馬が活躍しているレースで、先行力のあるリラヴァティ、マイネグレヴィルに注目したい。期待はリラヴァティ。2走前1600万条件戦を勝って、前走はマーメイドSで念願の重賞初制覇。向こう正面3番手から、3、4コーナー中間地点で先頭に立ち、直線は交されそうになりながらも、そのまま押し切り勝ち。しぶとさが光ったレースだった。2走前の指数は80台に乗っており、レベルに不足はない。3連勝もあるだろう。

 差し脚なら前走、オークスで2着だった3歳馬チェッキーノが切れる。長くいい脚を使えそうで、逆転候補の筆頭に取りたい。

(クイーンS)1着    2着    3着
06年    A     CX      c
07年    C d   B     -
08年     Xb   CZ     Z
09年    -     A a   D
10年    -     B b   -
11年    B     D      Yb
12年    A     -     -
13年(函館)AYa     d   CYb
14年    A a    X    CZb
15年     Zc   AXa     d

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

第1204回馬場を味方に

201607240711
201607240211

 荒れる中京記念は、直線、大外から一気に伸びた福永騎手の7番人気ガリバルディが、早めに先頭に立った6番人気のピークトラムをとらえて1馬身差の完勝。後方から切れる脚を使った4番人気のケントオーが追い込み、3着にあがってきた。
 3連単は8万7790円。1番人気ダッシングブレイズ、2番人気トウショウドラフタは10着、12着に大敗して、今年も荒れる結果になった。

 今年最初の2歳重賞、函館2歳Sは、3番手で先行した2番人気のレヴァンテライオンが断然の1番人気馬モンドキャンノの追撃を振り切って半馬身差で快勝した。モンドキャンノは4、5番手から、3着の13番人気タイムトリップも3、4番手で先行していた馬たちだった。3着のタイムトリップが人気薄で、3連単は6万4380円の高配当になった。

 中京も福島も函館も、先週が開催の最終週だった。中京は福永騎手が20勝でダントツのリーディングトップ。福島は18勝で戸崎騎手が断然の強さをみせた。函館は池添騎手が13勝、岩田騎手に2勝差をつけてリーディングジョッキーになった。

 函館、福島、中京ともに、2週前からBコースに替わって、先週は3場ともに良馬場での開催だった。芝コースの痛みは似たようなものに見えたが、福島と中京の馬場は見た目以上に内が荒れていたのだろう。直線、内を大きく開けて、外に回す騎手が非常に多かった。とりわけ、中京の芝コースではその傾向が強く、逃げ馬ですら、内を大きく開け、直線はさらに外に出してレースを進めている。メインの中京記念も、馬場の真ん中より外にコースを取った馬たちが鋭い差し脚をみせて、上位を占めたが、その中京記念を勝った福永騎手は7レースでも、9レースでも、直線はコースの真ん中より外に持ち出して勝っている。馬場状態を知り、コースのどこが伸びるのか、そのことを一番わかっていた騎手が福永騎手だったのではないか。

 3場のリーディングジョッキーになった福永騎手、戸崎騎手、池添騎手とも、馬場状態を味方にでき、そのことの重要性も、よくわかっている騎手たちなのだろう。

 今週から、野芝でスピードが問われそうな新潟、小倉。力のいる洋芝の札幌に開催が移る。

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

第1203回波乱の中京記念

 中京記念は波乱続きのハンデ戦だ。中京競馬場が新しくなった2012以降は勿論のこと、3連単の配当は07年から9年連続で20万を超える高配当が続いている。1番人気馬は過去10で2着1回、3着1回のみ。1勝もしていない。波乱の立役者は8年連続で馬券にからんでいる10番人気以下の馬たちだ。ただ、2012年の馬場改造後、トップハンデ馬は4年間で2勝をあげており、総じて重ハンデ馬の活躍が目につく。ハンデの設定は実績馬に少し甘めなのかもしれない。いずれにしても一筋縄ではいかないレースのようだ。

(中京記念) 1着    2着    3着
12年     Yb   -      Xa
13年      d   -     -
14年    -     B      Zd
15年      d     d   C

 今年の指数上位は、ケントオー、ダッシングブレイズ、トウショウドラフタ、ワキノブレイブ、ダノンリバティ、マイネルアウラート、アルマディヴァン、カレンケカリーナなどだ。

 今開催の中京の芝コースは、雨が降らなければ、かなりの高速馬場状態にある。絶対的なスピードの対応力、素軽いスピードが求められるのだろう。
 その点から、ダッシングブレイズ、タガノエスプレッソ、トウショウドラフタ、ケントオー、ガリバルディなどが有力馬として上がってくる。
 近走、重賞で好走しているのはダッシングブレイズ、トウショウドラフタだ。

 ダッシングブレイズは前走、初めての1400メートル戦となった京王杯を32秒9の上がりタイムで4着に好走。ここは得意なマイル戦で、順当なら初重賞タイトルも見えてくるだろう。ただ、これまでは後方からのレースが多い。今回ルメール騎手に手がかわって、先行することもありそうだが、追って届かずも想定しておく必要はありそう。

 トウショウドラフタは3歳馬。前走のNHKマイルCは後方から内に入れて差し脚を伸ばしたものの5着だった。直線、出し所がなく、スペースを探すのに手間取って、多少、消化不良のレースだったのではないか。ハンデ差を考えれば、指数に遜色はない。

 前走、オープンの米子Sを勝ってきたのがケントオー。重馬場に戸惑いながらも最内から抜け出して快勝。前走指数は上々で、重賞を狙えるレベルにある。M・デムーロ騎手で前走、中京の1600万条件のマイル戦を逃げ切って勝ったのがタガノエスプレッソだ。まだ、指数は物足りないが、2歳時には重賞を勝っており、素質はありそう。M・デムーロ騎手の手腕に懸けたい。

 いよいよ2歳の重賞戦が始まる季節になった。そのトップは函館競馬の最終週を飾る函館2歳Sだ。
 2歳戦だけに、前走指数上位馬が有力。過去10年、ABC馬のいずれかが毎年連対している。
 今年は、フクノクオリア、モンドキャンノ、ドゥモワゼル、ザベストエバー、ラッシュアウト、タイムトリップ、ロイヤルメジャーなどが指数の上位馬だ。

 とりわけ、新馬戦を楽勝して、指数も上位のモンドキャンノのが最有力だろう。先行できて、瞬発力も鋭く、レース運びに無駄と無理がない。その新馬戦で3着に退けたフクノクオリアが次走、好指数で勝ち上がっており、その比較からも、ここでは一枚上の存在だろう。

(函館2歳S)1着    2着    3着
06年    -     CXd   -
07年    A a   -     D d
08年    -     AYa   -
09年(札幌)B     AZc   -
10年    -     AX    C
11年    B b   C c    Y
12年    A a   D     -
13年    A a    X    -
14年    C c   DXd   -
15年    B a   -     -
(スローペース調整値-20/-10)

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

第1202回逃げ切りペース

201607170711

 関東の梅雨明けはまだなのだろうか。今日は日差しがまぶしい。事務所の窓から見えるスカイツリーも、白い雲を背に輝いている。

 ハンデ戦の函館記念は、3番人気の6歳馬マイネルミラノが逃げ切り勝ちを収め、デビュー以来34戦目にして初の重賞タイトルを手にした。マイネルミラノは好スタートから先手を取ると、前半はゆったりと60秒0のペース。しかし、後半の残り1000メートルはペースを上げて、全て11秒台のラップを刻んだ。直線でも後続を寄せ付けず、まさに完勝のレース運びだったといえそう。

 2着に13番人気のケイティープライド、3着に9番人気のツクバアズマオーが入ったが、4着だった16番人気マデイラも含めて、上位馬たちは全て、最内にコースを取った馬たちだった。3着のツクバアズマオーは道中は後方にいたが、内々を進んで、直線半ば少し外に振って前を行くマデイラをとらえて3着に上がってきた。

 逆に、4コーナーで外を回った馬たちは1番人気バイガエシの5着が最上位で、外から差し脚を伸ばすレースにはならなかった。この週からBコースに替わったことも多少は影響しただろうと思うが、何よりもマイネルミラノの逃げたペースが絶妙で、最内で先行した馬たちにとっては、展開にも恵まれて、レースがしやすかったことは確かだ。勝ったマイネルミラノを除けば、概して指数も低調で、着順ほどの評価はないだろう。

 勝ったマイネルミラノは56キロのハンデ、2着のケイティープライドは52キロ、3着ツクバアズマオーは55キロのハンデだった。トップハンデ57.5キロのトーセンレーヴや、それに続く重ハンデに評価されたレッドレイヴン、ダービーフィズ、マイネルフロストたちは、いずれも中団より後ろに控えて伸びきれず、いいところなく大敗した。
 3連単は23万を超す高配当になった。

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

第1201回巴賞快勝のレッドレイヴン

 今週の重賞はサマー2000シリーズの第2戦、ハンデの函館記念だけ。今年の開催で唯一、重賞が1レースしかない週だ。
 函館記念はハンデ戦らしく、指数上位馬も苦戦の傾向が見える。一応、前走指数の高いABC馬が、10年の内7年で中心になっているが、ランク外の馬の活躍も目につく。過去10年で1番人気馬は1勝、2着2回。トップハンデ馬は1勝、2着1回。どちらも不振続きだ。

(函館記念) 1着    2着    3着
06年    C c     b   -
07年    -     -     BXd
08年    -     C      Zb
09年(札幌)C d   -     -
10年    AYb   C     -
11年    A      Y    DXb
12年    -     B     -
13年    -     -      Z
14年      d   C     A
15年    -      Zb   -

 今年はケイティープライド、レッドレイヴン、フェイマスエンド、マテンロウボス、ツクバアズマオーなどの前走指数が高く、他に過去の指数などでトーセンレーヴ、ホッコーブレーヴ、バイガエシ、ダービーフィズなどが上位にある。

 前走、函館の巴賞組が7頭出走して、そのレースの上位馬は指数も高く中心勢力になっている。
 巴賞を勝ったのはレッドレイヴンだった。後方待機策から、残り600メートル地点で満を持して追い出しにかかると、4コーナーでは先行集団に取り付き、直線一気に差を広げていく完璧なレースだった。後方から追い込んだマテンロウボスが2着。中団から差し脚を伸ばしたツクバアズマオー、フェイマスエンドが2着のマテンロウボスと差のない3、4着を占めた。

 結果からはレッドレイヴンの強さが光ったレースだったが、ここは当然ながら57キロとハンデは課せられた。ただ、2着のマテンロウボスとの指数差から勘案すると、57キロのハンデは、ここでも十分に勝ち負けになる妥当な重量のように思える。3、4着馬のツクバアズマオー、フェイマスエンドのハンデを考えても、レッドレイヴンを上回るものではないだろう。函館の芝コースは(2102)と、相性も良く、連軸の中心に推したいと思っている。

 気になるのは2月下旬、小倉大賞典3着以来のレースになるネオリアリズム。小倉大賞典の先着馬は、先週の七夕賞を高指数で1、2着しているアルバートドックとダコールだった。小倉大賞典がレベルの高いレースだったことは明らかで、後方からまくって3着の差し脚の鋭さは高く評価できるのではないか。函館は初とはいえ、札幌で(2000)と好成績をあげており、函館の洋芝にも適性はあるはず。今回、日本初見参、香港で活躍するティータン騎手に乗り替わるが、いきなり重賞勝ちが見られるだろうか。

 他では、長くいい脚を使う馬たちが好走しており、バイガエシ、マデイラ、ファントムライト、フェイマスエンド、マテンロウボスなどにもチャンスはあるだろう。

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

第1200回上々の好レース

201607100311
201607100711

 日曜日。朝からテレビの前のソファーに座り込んで、終日PATで馬券を買う。前半は苦戦も、後半の特別戦は高配当もあって、ぼちぼち好調だった。福島最終レースの後、家族で参院選の投票に出かけ、帰りに荻窪に寄ってそばを食べて帰る。

 福島のメイン七夕賞は、ハイペースでメイショウナルトが飛ばした。さすがに直線では脚が上がって失速していく。代わって、離れた2、3番手にいたクリールカイザーが直線で先頭に立ったが、中団から4コーナーで4番手にまで進出していたアルバートドックが勢いよく差し脚を伸ばし、先頭のクリールカイザーを交してトップに立った。アルバートドックに馬体を合わせようと、外からダコールが追ってきたが、リードを保ったままアルバートドックがゴールに飛び込んだ。勝ったアルバートドックは3番人気、2着のダコールは5番人気。上位2頭から離れた3着には最速の上がりの脚を使った11番人気のオリオンザジャパンが入って、3連単は9万を超す高配当になった。1番人気に推されたシャイニープリンスはスタートから好位置につけていたが、4コーナーで上がっていけず9着に大敗した。

 メイショウナルトがハイペースで逃げたせいで、全体としても好タイムの決着になり、上位2頭のスピード指数は90を超す上々のレベルを記録。好レースだった。 

 プロキオンSは、好スタートから2番手で先行した1番人気ノボバカラが押し切って勝った。直線ノボバカラに迫った3番人気のニシケンモノノフが2着。後方から鋭く伸びた2番人気のキングズガードが3着。3連単は4510円と、堅い決着だった。

 勝ったノボバカラはM・デムーロの騎乗。M・デムーロは先週のCBC賞に続いて、2週連続の重賞勝ちだった。そういえば、福島の七夕賞を勝った戸崎騎手も先週、ラジオNIKKEI賞を勝っており、戸崎騎手も2週連続の重賞勝ちだ。戸崎騎手は先週、年間100勝も早々と達成している。他の騎手とは差が広がる一方のようで、上手い騎手に、うまく乗らないと、馬券もうまくいかない。

 中京コースは、開幕週はかなりの高速馬場だったが、先週は一転、土曜日早朝からの強い雨で土曜日は終日不良馬場になった。開幕週と比べると実に5秒ほどの差がある馬場状態だった。翌日の日曜は稍重まで急回復したが、天候のこととはいえ、日ごとに大きく変わる馬場状態に驚くばかり。Bコースに替わる今週の馬場はどうなるのだろう。

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

第1199回先行馬有利

 福島のメインはハンデ戦の七夕賞。最近の4年間は10番人気以下の馬が3着までに台頭して、3連単は高配当が続いているレースだ。指数上は平均指数や過去の指数が高い馬たちの連対率が比較的高い傾向。1番人気馬は過去10年で2勝、2着2回、3着2回。微妙な連対率だ。

(七夕賞)  1着    2着    3着
06年    D b   A d   BZa
07年     Za    Xa   D
08年     Z    -     B b
09年    BYa   -      Z
10年    -     -     CZb・Cd同着
11年(中山)-     AYa   -
12年    B c    Yb   -
13年    C c    Xc   -
14年    -     -     CYa
15年     Xa   -     A

 今年はメイショウカンパク、ルミナスウォリアー、バーディーイーグル、マジェスティハーツ、ダコール、ナカヤマナイト、シャイニープリンスなどが指数の上位馬たちだ。

 過去10年の勝ち馬のうち9頭は、4角で5、6番手以内に位置していた馬たち。内6頭は4角で1、2番手で、後方一気で勝利したのは1頭しかいない。基本的に4角で先行集団につけていなければ勝機に遠いレースだろう。

 先行して差し脚に見どころがあるのは、シャイニープリンス、ルミナスウォリアー、メイショウナルトなどだ。
 逃げるのはメイショウナルトだが、近走、直線での失速が目立ち、3頭の比較では少しく苦しいかもしれない。一方、ルミナスウォリアーはここが昇級戦で、重賞初挑戦。指数のレベルから、突破する力はあるはずだが、直前の調教の動きが少し気になる。結局、消去法というわけではないが、前走、新潟大賞典を先行して3着のシャイニープリンスが連軸向きだろう。マイルを中心に使われてきたが、2走前から2000メートルに距離を伸ばして、1着、3着と好結果につなげた。福島、新潟の2戦とも指数も高く、2000メートルに距離適性があったといえそうだ。初重賞制覇に期待したい。

 プロキオンSは2012年から中京競馬場での開催になったダート1400メートルの重賞戦。同距離で行われてきた以前のデータも含めて、前走指数の上位馬の連対率が圧倒的に高い。
 今年の前走指数上位馬は、タガノトネール、ニシケンモノノフ、ワイドバッハ、グレープブランデー、ノボバカラなど。他に、平均指数でマルカフリート、ブライトラインなども上位だ。

 ダート短距離といっても、それほどハイペースにはならないはずで、先行馬で差し脚のある馬たちに向く流れだろう。その条件を満たすのは、ニシケンモノノフ、グレープブランデー、ブライトラインなどだが、注目は、近走、中央のオープン戦を連勝しているニシケンモノノフ。ここにきて安定した重賞級の指数の高さを示しており、まだ重賞勝ちがないとはいえ、指数上は遜色がないレベルにある5歳馬だ。1400メートルの距離も(4404)と最も適性が高く、岩田騎手とも相性が良い。

(プロキオンS)
       1着    2着    3着
06年(京都)-     AZb   -
07年(阪神)A c   CXa    Zb
08年(阪神)B     AYb    Xa
09年(阪神)A     A     DYb
10年(阪神)A     CXa   A c
11年(京都)  b   BXa   -
12年    -     D b   B
13年    -     B     C c
14年    A c   A     -
15年     Zc   B     -
(地方競馬を減戦して計算)

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

第1198回高速馬場

201607030311
201607030711

 福島のメイン、ラジオNIKKEI賞は1番人気のゼーヴィントが完勝した。好スタートから中団に下げ、直線は馬場の真ん中を突き抜けて、他を圧倒する勝利だった。2着は2番手で粘っていた9番人気の牝馬ダイワドレッサーがぎりぎり残って、3着に後方から追い込んできた5番人気のアーバンキッドが上がってきた。トップハンデを背負っていたブラックスピネルは後方から最速の上がりタイムで追い込んできたものの5着まで。今年もトップハンデ馬にとっては苦しい戦いになってしまった。
 3連単は6万7460円と好配当になった。

 勝ったゼーヴィントは、これまでの2勝はすべて好スタートから先行できたレースでの勝利で、逆にスタートで出遅れたりして後方からのレースになってしまうと、前走の3着が最上位で、スタートが決まるかどうかが勝敗を分けてきた馬だともいえる。今回、ラジオNIKKEI賞では好スターを決め、道中は中団の内でじっと脚をためるレースができたのも大きかったのだろう。手綱を取った戸崎騎手の冷静な騎乗がもたらした勝利でもあった。

 夏の中京競馬も始まった。
 ハンデ戦のCBC賞は、M・デムーロ騎手の3番人気馬レッドファルクスが後方待機策から、直線一気の差し脚を見せて快勝した。これで中京の芝戦は3戦3勝。さらに1200メートル戦は芝、ダートの別なく、これも3戦3勝。M・デムーロ騎手の騎乗では2戦2勝だ。

 2着は7番人気ラヴァーズポイント、3着は2番人気ベルカントだった。1番人気のエイシンブルズアイは先行したものの、直線では後退して9着だった。
 3連単は13万6160円と、波含みの高配当になった。

 中京競馬場は3月以来の開催だったが、高松宮記念の行われた3月の最終週の芝の馬場は異常ともいえる速いタイムの出る馬場に急変して、随分驚かされたことがあった。その後、水はけをよくする暗渠排水工事や、エアレーション作業などで、クッション性を高めるための改善の手は尽くされてきたようだが、開幕週の先週の馬場状態は3月の超高速馬場とあまり変わらないほどの、速い高速馬場になっていた。
 「馬場が硬い」と感想を述べている騎手も何人かいたが、雨でも降らない限り、中京の高速馬場はしばらく続くのだろう。

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »