« 第1199回先行馬有利 | トップページ | 第1201回巴賞快勝のレッドレイヴン »

2016年7月12日 (火)

第1200回上々の好レース

201607100311
201607100711

 日曜日。朝からテレビの前のソファーに座り込んで、終日PATで馬券を買う。前半は苦戦も、後半の特別戦は高配当もあって、ぼちぼち好調だった。福島最終レースの後、家族で参院選の投票に出かけ、帰りに荻窪に寄ってそばを食べて帰る。

 福島のメイン七夕賞は、ハイペースでメイショウナルトが飛ばした。さすがに直線では脚が上がって失速していく。代わって、離れた2、3番手にいたクリールカイザーが直線で先頭に立ったが、中団から4コーナーで4番手にまで進出していたアルバートドックが勢いよく差し脚を伸ばし、先頭のクリールカイザーを交してトップに立った。アルバートドックに馬体を合わせようと、外からダコールが追ってきたが、リードを保ったままアルバートドックがゴールに飛び込んだ。勝ったアルバートドックは3番人気、2着のダコールは5番人気。上位2頭から離れた3着には最速の上がりの脚を使った11番人気のオリオンザジャパンが入って、3連単は9万を超す高配当になった。1番人気に推されたシャイニープリンスはスタートから好位置につけていたが、4コーナーで上がっていけず9着に大敗した。

 メイショウナルトがハイペースで逃げたせいで、全体としても好タイムの決着になり、上位2頭のスピード指数は90を超す上々のレベルを記録。好レースだった。 

 プロキオンSは、好スタートから2番手で先行した1番人気ノボバカラが押し切って勝った。直線ノボバカラに迫った3番人気のニシケンモノノフが2着。後方から鋭く伸びた2番人気のキングズガードが3着。3連単は4510円と、堅い決着だった。

 勝ったノボバカラはM・デムーロの騎乗。M・デムーロは先週のCBC賞に続いて、2週連続の重賞勝ちだった。そういえば、福島の七夕賞を勝った戸崎騎手も先週、ラジオNIKKEI賞を勝っており、戸崎騎手も2週連続の重賞勝ちだ。戸崎騎手は先週、年間100勝も早々と達成している。他の騎手とは差が広がる一方のようで、上手い騎手に、うまく乗らないと、馬券もうまくいかない。

 中京コースは、開幕週はかなりの高速馬場だったが、先週は一転、土曜日早朝からの強い雨で土曜日は終日不良馬場になった。開幕週と比べると実に5秒ほどの差がある馬場状態だった。翌日の日曜は稍重まで急回復したが、天候のこととはいえ、日ごとに大きく変わる馬場状態に驚くばかり。Bコースに替わる今週の馬場はどうなるのだろう。

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

|

« 第1199回先行馬有利 | トップページ | 第1201回巴賞快勝のレッドレイヴン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/63906053

この記事へのトラックバック一覧です: 第1200回上々の好レース:

« 第1199回先行馬有利 | トップページ | 第1201回巴賞快勝のレッドレイヴン »