« 第1204回馬場を味方に | トップページ | 第1206回スピードの違い »

2016年7月28日 (木)

第1205回指数上位馬が活躍

 やっと、関東甲信越地方も梅雨が明け、今週から真夏の新潟競馬が始まる。
 開幕週のメインは新潟名物、直線1000メートルのアイビスサマーダッシュだ。特徴的なのは、過去10年で7勝をあげている牝馬の大活躍だろう。牝馬が連対できなかったのは10年間で1度だけ。夏は牝馬の格言通りのレースだ。
 指数上は、過去10年、前走指数上位のAB馬か、過去の指数が高いXY馬のいずれかが連対しており、他に平均指数の上位馬も健闘して、全体として指数上位馬たちが中心を担っている。

(アイビスサマーダッシュ)
       1着    2着    3着
06年    B     -3歳   A
07年    ダ     B c   -3歳
08年    -     BZb   -3歳
09年     Ya     c   AZd
10年    -     CXb   -
11年    A     B a   -
12年     Xa     b   DZc
13年    AXd   -     B
14年    BYa   -     CYd
15年    -     A c   D

 今年は、ベルカント、ネロ、プリンセスムーン、ローズミラクル、アットウィル、フレイムヘイローなどが指数の上位馬たちだ。

 新潟は開幕週で馬場も絶好。野芝の素軽いスピード比べになりそうで、鋭い瞬発力が問われるはず。短距離向きの鋭い瞬発力なら、ベルカント、プリンセスムーン、ネロ、アースソニック、ローズミラクル、ヤマニンプチガトーなどが上位だ。

 とりわけ、ベルカントのスピードがまさっているだろう。ベルカントは昨年、このアイビスサマーダッシュをM・デムーロ騎手の騎乗で勝った5歳牝馬。その後、1200メートル戦の北九州記念も勝って、2015年のサマースプリントシリーズの王者となったスプリンターだ。今年の春はアラブ首長国連邦のG1アルクオーツスプリントから始動。帰国後の前走、CBC賞を果敢に逃げて、勝ち馬と差のない3着に粘り込んだ。前走指数は自己ベストに近い好指数でまとめて、好調をアピールできた。1000メートル戦は1戦1勝。素軽いスピードが持ち味だけに、このアイビスサマーダッシュが最も合うのではないか。

 今週から札幌競馬も開幕する。牝馬の重賞クイーンSがメインレースだ。
 指数上は過去10年、全ての年で連軸の中心になっている前走指数上位ABC馬が有力だろう。
 今年は、チェッキーノ、ロッテンマイヤー、マイネグレヴィル、ウインプリメーラなどが前走指数の上位馬。他にリラヴァティ、シャルール、ナムラアンなども過去の指数や平均指数で上位にある馬たちだ。

 比較的先行馬が活躍しているレースで、先行力のあるリラヴァティ、マイネグレヴィルに注目したい。期待はリラヴァティ。2走前1600万条件戦を勝って、前走はマーメイドSで念願の重賞初制覇。向こう正面3番手から、3、4コーナー中間地点で先頭に立ち、直線は交されそうになりながらも、そのまま押し切り勝ち。しぶとさが光ったレースだった。2走前の指数は80台に乗っており、レベルに不足はない。3連勝もあるだろう。

 差し脚なら前走、オークスで2着だった3歳馬チェッキーノが切れる。長くいい脚を使えそうで、逆転候補の筆頭に取りたい。

(クイーンS)1着    2着    3着
06年    A     CX      c
07年    C d   B     -
08年     Xb   CZ     Z
09年    -     A a   D
10年    -     B b   -
11年    B     D      Yb
12年    A     -     -
13年(函館)AYa     d   CYb
14年    A a    X    CZb
15年     Zc   AXa     d

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

|

« 第1204回馬場を味方に | トップページ | 第1206回スピードの違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/63979070

この記事へのトラックバック一覧です: 第1205回指数上位馬が活躍:

« 第1204回馬場を味方に | トップページ | 第1206回スピードの違い »