« 第1201回巴賞快勝のレッドレイヴン | トップページ | 第1203回波乱の中京記念 »

2016年7月19日 (火)

第1202回逃げ切りペース

201607170711

 関東の梅雨明けはまだなのだろうか。今日は日差しがまぶしい。事務所の窓から見えるスカイツリーも、白い雲を背に輝いている。

 ハンデ戦の函館記念は、3番人気の6歳馬マイネルミラノが逃げ切り勝ちを収め、デビュー以来34戦目にして初の重賞タイトルを手にした。マイネルミラノは好スタートから先手を取ると、前半はゆったりと60秒0のペース。しかし、後半の残り1000メートルはペースを上げて、全て11秒台のラップを刻んだ。直線でも後続を寄せ付けず、まさに完勝のレース運びだったといえそう。

 2着に13番人気のケイティープライド、3着に9番人気のツクバアズマオーが入ったが、4着だった16番人気マデイラも含めて、上位馬たちは全て、最内にコースを取った馬たちだった。3着のツクバアズマオーは道中は後方にいたが、内々を進んで、直線半ば少し外に振って前を行くマデイラをとらえて3着に上がってきた。

 逆に、4コーナーで外を回った馬たちは1番人気バイガエシの5着が最上位で、外から差し脚を伸ばすレースにはならなかった。この週からBコースに替わったことも多少は影響しただろうと思うが、何よりもマイネルミラノの逃げたペースが絶妙で、最内で先行した馬たちにとっては、展開にも恵まれて、レースがしやすかったことは確かだ。勝ったマイネルミラノを除けば、概して指数も低調で、着順ほどの評価はないだろう。

 勝ったマイネルミラノは56キロのハンデ、2着のケイティープライドは52キロ、3着ツクバアズマオーは55キロのハンデだった。トップハンデ57.5キロのトーセンレーヴや、それに続く重ハンデに評価されたレッドレイヴン、ダービーフィズ、マイネルフロストたちは、いずれも中団より後ろに控えて伸びきれず、いいところなく大敗した。
 3連単は23万を超す高配当になった。

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

|

« 第1201回巴賞快勝のレッドレイヴン | トップページ | 第1203回波乱の中京記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/63937425

この記事へのトラックバック一覧です: 第1202回逃げ切りペース:

« 第1201回巴賞快勝のレッドレイヴン | トップページ | 第1203回波乱の中京記念 »