« 第1212回不覚続きで | トップページ | 第1214回夏の終わり »

2016年8月25日 (木)

第1213回力のいる馬場を味方に

 札幌は芝短距離のキーンランドCがメインレース。
 指数上は、前走指数の高いAB馬が好走しており、過去10年のうち8年で連対している。他にXYZ馬も健闘しており、全体として指数上位馬が強いレースだ。他に、牝馬が過去10年で7勝をあげていることが特長的。1番人気馬は1勝、2着4回、3着3回と、勝率は低いものの馬券の対象にはなっている。

(キーンランドC)
       1着    2着    3着
06年    B d   BXb   A
07年    -     AZb   -
08年    -     BYd   AXa
09年     Xa   -     A
10年    A b   CXb   -
11年    B d    X     Yd
12年      c   AXa   BZd
13年(函館)A      Yb   -
14年    A     A      Z
15年    -     -      Xb

 今年は、エポワス、オメガヴェンデッタ、セカンドテーブル、ブランボヌール、サトノルパン、サドンストームなどが連軸候補の指数上位馬たち。また、過去10年で7勝をあげている牝馬ではブランボヌール、ソルヴェイグ、レッツゴードンキなどが有力だろう。

 洋芝の短距離戦だけに、先行馬で差し脚のある馬たちに向く展開になりそう。先行馬で差し脚もある馬は、休み明けのサトノルパンを除くと、シュウジ、オメガヴェンデッタ、エポアス、レッツゴードンキなどだ。いずれも近走、函館スプリントSを使ってきた馬たちだが、その函館スプリントSは先行した馬たちが上位を占め、2番手から抜け出した3歳牝馬のソルヴェイグと、4番手から伸びた3歳牡馬シュウジとの激しいたたき合いの末、ハナ差でソルヴェイグが勝ったレースだった。

 函館スプリントSは開幕週のレースで、馬場状態が非常に良く、洋芝にしては快速馬場といえる状態だった。一方、先週から札幌は雨にたたられ、かなり力のいる馬場状態に変わってきており、素軽いスピードよりもスタミナが生きる馬場状態だろう。

 馬場適性を重視して、スタミナのある先行馬を中心に考えるなら、オメガヴェンデッタが浮上してくる。函館スプリントSは中団から脚を伸ばしたが6着まで。続く芝1200メートルのUHB賞も、前が残る流れになって追って届かず4着だった。これまで1400メートル戦に好成績があり、1200メートルは少し距離が短いはず。まして洋芝とはいえ、良馬場のスピード比べでは少し見劣るのだろう。とはいえ、力のいる今の札幌の馬場状態を考えれば、スタミナを生かして、荒れた馬場をも味方に、一気の差し切りもあるのではないか。

 新潟2歳Sは指数でランクのない馬たちが上位を占めている。この時期の新馬戦や2歳未勝利戦はスローペースが多く、上がりの勝負になりがち。とくに直線の長い新潟コースはその傾向が強い。新潟2歳Sも直線の長い外回りのマイル戦だけに、スローペースは必至で、スローで長くいい脚を見せた馬たちに流れが向く。
 ポイントは指数の高さより、スローペースで長くいい脚を使えるかどうかだ。

 今年の上がり指数の上位馬は、マテラフィールド、サンライズソア、マイネルバールマン、イブキ、オーバースペックなど。

 前走、1800メートルの未勝利戦でしっかりとした差し脚が光ったマテラフィールドが魅力的だが、まだ未勝利の身だけに、強くは推しにくい。常識的には新馬勝ちのサンライズソアの方が連軸向きだろう。新馬戦も好スタートから逃げ馬と並走、直線は余裕も十分に抜け出してきた。新潟向きの素軽いスピードもあり、マイルの距離も合うはずだ。長く使える差し脚に期待したい。

 他では鋭い瞬発力のあるイブキ、オーバースペックなどに加え、スタミナのある先行馬アンジュシャルマン、ヴゼットジョリーなども上位候補だ。

(新潟2歳S)1着    2着    3着
06年    -     -     AYb
07年     Zd   CYc   -
08年     Xd   -     A a
09年    -     -     A b
10年    -     CYd   -
11年    -     -     -
12年    -     -     -
13年    -     -     DXa
14年    -     -       d
15年    -     D     BXb
(スローペース調整-20/-10)

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

|

« 第1212回不覚続きで | トップページ | 第1214回夏の終わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/64109419

この記事へのトラックバック一覧です: 第1213回力のいる馬場を味方に:

« 第1212回不覚続きで | トップページ | 第1214回夏の終わり »