« 第1209回安田記念組の底力 | トップページ | 第1211回モーリスの距離適性 »

2016年8月16日 (火)

第1210回マイル戦線に

201608140411
201608140111

 オリンピック真っ盛り。日本人の活躍ばかりでなく、素晴らしい戦いに心惹かれる。高校野球もイチローのMLBも影が薄い。もちろん競馬も世間の話題からは遠く、蚊帳の外のようだ。とはいえ私にとって競馬は日常のこと。特別なイベントでもない。あいかわらず、朝イチからほぼ全レースに参戦している。1レース1レース、競馬は楽しい。

 関屋記念は、好スタートから好位につけた戸崎騎手の3番人気ヤングマンパワーが快勝した。戸崎騎手によれば、直線は抜け出す「タイミングを計るだけだった」とか。2着は先行していた7番人気のダノンリバティが残し、後方から追い込んだ1番人気のマジックタイムが3着。私の期待したロサギガンティアは5着だった。

 ヤングマンパワーは前走の多摩川Sも戸崎騎手で勝っており、戸崎騎手で2戦2勝。その2走ともスピード指数が高く、関屋記念は自己ベストの高指数だった。これまでマイル以外の距離を使ったのは1度だけで、路線も明確。当然、この後もマイル路線を進むようで、秋のG1マイルチャンピオンSが大目標となりそう。マイル戦線にはモーリスという強敵もおり、そのモーリスを安田記念で倒したロゴタイプも復活してきている。今年の秋、マイル戦線は一段と面白くなりそうだ。

 札幌のエルムSは、7番人気の伏兵リッカルドが勝った。リッカルドは3コーナーから果敢に上がっていって4コーナーでは2番手に進出。直線なかば、逃げ切りを図る1番人気のモンドクラッセをとらえての勝利だった。2番手で粘っていた4番人気クリノスターオーがモンドクラッセを交して2着に上がった。結局、4コーナーで先行していた馬たちがそのまま上位を占めた。

 リッカルドは24戦目にして初重賞挑戦で、しかも初の重賞勝ち。積極的なレースが勝因だろう。ただ、勝ったリッカルドの指数は自己ベストとはいえ、86の指数はほぼいつものレベルだった。要は、休み明けだったり、直前の乗り替わりだったり、道中の位置取りが悪かったりで、他の馬が走らな過ぎだったのかもしれない。

 先週、ターフの魔術師といわれた武邦彦氏がお亡くなりなった。先々週には競馬評論家の清水成駿氏もお亡くなりになっており、悲報が続く。ご冥福をお祈りいたします。

|

« 第1209回安田記念組の底力 | トップページ | 第1211回モーリスの距離適性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/64068456

この記事へのトラックバック一覧です: 第1210回マイル戦線に:

« 第1209回安田記念組の底力 | トップページ | 第1211回モーリスの距離適性 »