« 第1214回夏の終わり | トップページ | 第1216回コース取りの差 »

2016年9月 1日 (木)

第1215回波乱のハンデ戦

 波乱の続くハンデ戦、新潟記念が今週の注目レース。1番人気馬は過去10年で1勝のみ。2、3着もない。2番人気馬も振るわず、過去10年で1勝、2着1回だけだ。逆に5番人気以下の馬たちが8勝をあげており、高配当の多いレースだ。トップハンデ馬も過去10年で1勝のみ。トップハンデ馬も苦しい。
 指数上は、前走指数の上位馬が連軸の中心になっているが、2、3着はランク外の馬にも注意が必要なレースだ。

(新潟記念) 1着    2着    3着
06年    A     C     BYb
07年    CYc   -     -
08年    -     DZc   -
09年    AYc   -     -
10年    C     -     -
11年      b   -      Zb
12年    B     -     -
13年    -      Zd   D d
14年    A a     c    Xc
15年    D c     X   -

 今年は、アルバートドック、マイネルミラノ、アデイインザライフ、ロンギングダンサーなどが前走指数の上位馬。他に過去の指数や平均指数でダコール、マジェスティハーツ、サトノギャラント、ルミナスウォリアー、エーシンマックス、ベルーフ、ムスカテールなども上がってくる。ランク馬が多いが、それだけ指数差がない混戦だということだ。

 苦戦を強いられることが多いトップハンデ馬は、58キロのダコールとアルバートドック。続いて57.5キロのマイネルミラノだ。

 良馬場の新潟コースに求められる、素軽いスピードがあるのは、ルミナスウォリアー、バーディーイーグル、サトノギャラント、アデイインザライフ、エーシンマックスなど。
 なかでも、2戦2勝の得意な新潟コースで巻き返しを図るルミナスウォリアーに期待したい。前走の七夕賞は2番人気に推されながらも8着止まりだったが、位置取りが後ろ過ぎたのが敗因。柴山騎手の反省もあるはずで、もう少し前でレースを進めるなら、浮上もあるはず。芝2000メートル戦は(4204)と、距離適性も高く、ハンデも55キロなら狙いどころだ。ただルミナスウォリアーは、そこそこ人気も集めそう。

 思い切った狙いを立てるなら 外回りの長い直線むきの差し脚があるアデイインザライフ、サトノギャラントからの手もあるかもしれない。

 小倉2歳Sは1200メートル戦。スローペースにはなりにくく、指数の高さと能力は比較的結びつきやすい。過去の連対馬を見ても、前走指数上位馬が多く好走している。
 今年は、ダイイチターミナル、カシノマスト、レーヌミノル、クインズサリナ、ドゥモワゼル、シゲルベンガルトラ、テイエムヒッタマゲなどが指数の上位馬だ。

 ペースは上がりそうだが、そのペースに対応でき、差し脚も使える馬たちに向く流れだろう。ここは新馬戦を直線3番手から余力十分に抜け出して、好指数で快勝したレーヌミノルが連軸向きだ。

 他に、先行して粘れるカシノマスト、ダイイチターミナル、クインズサリナ、シゲルベンガルトラなどに加え、差し脚の上位のオールポッシブル、ドゥモワゼルなどが有力だろう。

(小倉2歳S)1着    2着    3着
06年     Xb   A     D c
07年    BZd   D b   A c
08年    -     -     BXa
09年    BZd   -     DXc
10年     Xb   A a   -
11年    -     A a   -
12年    -     -       c
13年    A a   D d   -
14年    -     B a   -
15年    BYd   -     -
(スローペース調整-20/-10)

 札幌2歳Sは芝の1800メートル戦。
 今年は、アンノートル、ジャコマル、ブラックオニキス、タガノアシュラなどが、指数の上位馬だ。距離を考えればスローペース必至で、長くいい脚を使えることが勝ち馬の条件だが、指数上位馬たちは比較的先行馬が多く、ここは素直に前々で粘れる馬を中心にとりたい。

 注目は、函館芝1800メートルの新馬戦を逃げ切って勝ったタガノアシュラ。直線で更に差を広げる快勝で、2歳のレコードタイムを記録。スピード指数も好レベルだった。直線の脚もしっかりしており、控えてもレースはできるはず。
 長くいい脚を使えるディープウォーリア、コパノカーニバル、コリエドール、インヴィクタ、トリオンフ、アンノートルなどの差し脚に要注意だ。

(札幌2歳S)1着    2着    3着
06年    AYc   -     B a
07年    D     -      Xa
08年    -     BXa   A
09年    AYa   -     -
10年    BX    C     A a
11年    A a    Z    -
12年    -     B     -
13年(函館)-     AX    -
14年    -     -     -
15年    -     -     CXb
(スローペース調整は-20/-10)

 全国のコンビニエンスストアで、スピード指数の入った出馬表が購入・プリントができるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。

|

« 第1214回夏の終わり | トップページ | 第1216回コース取りの差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/64141226

この記事へのトラックバック一覧です: 第1215回波乱のハンデ戦:

« 第1214回夏の終わり | トップページ | 第1216回コース取りの差 »