« 第1231回混戦の天皇賞(秋) | トップページ | 第1233回スタミナ重視で »

2016年11月 1日 (火)

第1232回ムーア騎手の勝利

201610300511
201610290811
201610290511

 改めて天皇賞のレース映像を見ると、モーリスの勝利はひとえに、ムーア騎手の手腕の賜物だったのではないかと思えるほど、ムーア騎手の無理と無駄のない騎乗は素晴らしかった。

 スタートでぶつかりそうになるところを素早く建て直し、すっと先行集団につけて、3コーナーを回る。向こう正面、外からかぶさるように前に進出してきた馬たちを見やりながら、少し位置を下げて前に壁を作り、7番手でモーリスを落ち着かせる。4コーナーのカーブでそっと外に出すと、モーリスの前に遮るものは何もなかった。直線半ば、モーリスは鋭い反応を見せて先頭に立った。後はゴールに一直線に突き進むだけだった。

 レースはスローペースでエイシンヒカリが逃げた。大外枠からラブリーデイが2番手につけ、ロゴタイプが3番手。ヤマカツエース、クラレント、サトノクラウンも先行集団につけたが、スローペースとはいっても、鋭い瞬発力比べになって、スタミナを生かしたい先行馬たちは直線、脚が止まってしまった。スローペースとはいっても切れる脚がない馬たちには出番はなかった。

 モーリスはマイルのG1を4勝。勝ち星も1800メートルまでにしかなく、個人的には2000メートルの適性はどうかと思って評価を下げたが、マイルの瞬発力は最上位にあり、その決め手が生きたレースだった。

 勝ったモーリスは1番人気、2着は7番人気のリアルスティール、3着は後方から伸びた6番人気のステファノス。3連単は3万2400円。
 直線では内に外にごちゃつく場面もあって、不本意なレースを強いられた馬もいたようだった。

 京都のスワンSは、後方待機策から直線、大外一気を決めた2番人気のサトノアラジンが勝利をつかんだ。2着は中団から差し脚を伸ばした8番人気サトノルパン。3着は逃げた6番人気のエイシンスパルタン。1番人気のフィエロは馬群に沈み、3連単は11万円を超す高配当になった。

 2歳牝馬の重賞アルテミスSは超スローペース。1番人気のリスグラシューが中団から鮮やかな差し切り勝ちを決め、2着に2番人気のフローレスマジック、3着に5番人気のシグルーンが入った。3連単は5670円と堅い配当。

|

« 第1231回混戦の天皇賞(秋) | トップページ | 第1233回スタミナ重視で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/64429821

この記事へのトラックバック一覧です: 第1232回ムーア騎手の勝利:

« 第1231回混戦の天皇賞(秋) | トップページ | 第1233回スタミナ重視で »