« 第1253回差し脚上位はカフジテイク | トップページ | 第1255回差し脚鋭いサトノアーサー »

2017年1月31日 (火)

第1254回鮮やかカフジテイク

201701290511
201701290811

 あっという間に、今日で1月も終わり。雪で変則開催になったこともあって、ずっと競馬をやっていた気分の1か月だった。その間に世界は、傲慢な自国中心主義者にかき回されて、混迷を深めている。

 先週から、東京の開催も始まった。
 G1フェブラリーSを目指す根岸Sは、直線、最後方から自慢の鋭い差し脚を使ったカフジテイクが、先に抜け出していたベストウォーリアを一気にとらえて、初の重賞のタイトルを手にした。2着は中団から抜け出したベストウォーリア、3着は最後方から馬群を割って伸びてきたエイシンバッケンだった。

 カフジテイクは34秒5の最速の上がりタイムで他馬を一蹴。さすがというか、カフジテイクの差し脚の鋭さは天下一品だ。この勝利で東京ダート1400メートル戦は3戦3勝となった。次走、マイルのG1フェブラリーSでもその脚が使えるかどうかは気にかかるところだが、前走ダート1800メートルのチャンピオンズCでも切れる差し脚を使っており、距離に問題はないとは思うが--。

 後日、レースの映像を見ていて、「惜しかった」と感じたのが、3着に入った岩田騎手騎乗のエイシンバッケンだ。道中は勝ったカフジテイクと同じ最後方待機策。直線、カフジテイクが大外に回したのとは逆に、内に入れて追おうとしたが、前が詰まってブレーキをかける場面が何度もあった。スペースを探して右往左往するレースぶりでは、普通なら大敗もあっただろう。それが、わずかに開いた狭い馬群をすり抜けるように伸びてきて、3着にまで迫ったのだから、驚きの印象が強く残った次第。ナビグラフを見ても分かる通り、カフジテイクとエイシンバッケンは差し脚の鋭さでは最上位の2頭で、もしもエイシンバッケンに大きな不利がなかったら、間違いなくカフジテイクにも肉薄できたのではないか。

 京都のシルクロードSは、トップハンデのダンスディレクターが快勝した。トップハンデ馬は苦戦続きのレースで、不利なデータを覆しての勝利は、新年から好調が続く武豊騎手の手腕だろう。2着は4歳馬セイウンコウセイ、3着はセカンドテーブル。

 期待していたネロは、控えて2番手から。直線半ばでセイウンコウセイに交わされると、一気に失速して11着に大敗した。前走の逃げ切り勝ちが鮮やかだった分、「控えなくても」と思ったのは、私だけではなかっただろう。

|

« 第1253回差し脚上位はカフジテイク | トップページ | 第1255回差し脚鋭いサトノアーサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/64833756

この記事へのトラックバック一覧です: 第1254回鮮やかカフジテイク:

« 第1253回差し脚上位はカフジテイク | トップページ | 第1255回差し脚鋭いサトノアーサー »