« 第1262回さよならミホノブルボン | トップページ | 第1264回レベルが低い »

2017年3月 2日 (木)

第1263回混戦の弥生賞

 3歳馬のクラシックを目指す戦いも、いよいよ本番の季節になった。
 中山の弥生賞は、皐月賞の優先出走権をかけた戦いだ。 

 過去10年、弥生賞の連対馬は、過去の指数が高いXYZ馬や、前走指数の高いABCD馬などが連軸の中心になっている。スローペースで指数が低くても、鋭い差し脚を使って勝ってきた馬たちには要注意だ。

(弥生賞)  1着    2着    3着
07年    AX    -     -
08年    -      Z    AXc
09年    AXa   -      Z
10年    B     AXb   C a
11年    CZb   CXc   A d
12年    -     DXd   A a
13年     Zc    Y    AXb
14年    C      Z    A a
15年    -     -       c
16年    -     A     CY
(スローペース調整は-20/-10)

 今年は、グローブシアター、ダンビュライト、コマノインパルス、テーオーフォルテ、マイスタイルなどが指数の上位馬たち。

 高指数で3戦3勝のレイデオロがソエの影響で弥生賞の出走を見送り。4戦3勝のプレスジャーニーも回避することになって、期待された主役クラスが不在。今年の弥生賞は大混戦になった。

 世代のトップクラスで3戦3勝のレイテオロを基準に考えると、葉牡丹賞でレイデオロと差のない2着だったコマノインパルス、ホープフルSで3着のグローブシアターが、指数上位の有力馬になりそう。

 とりわけ、3戦2勝、2着1回のコマノインパルスは、レイテオロの2着の後、京成杯を後方から差し切って快勝しており、実績は最上位だろう。中山コースの適性からも、連軸の中心にとりたい馬ではあるが、ここはスローペース必至。鋭い差し脚の点で少し物足りなさを感じる。

 スローペースで長く良い脚を使えるのは、ダイワキャグニー、カデナ、ベストアプローチなどだろう。なかでも2戦2勝のダイワキャグニーは先行力があり、流れに合わせたレースもできそうで、連軸の中心に推したい。

 チューリップ賞は桜花賞のトライアル戦。
 前走指数や過去の指数で上位の馬たちが活躍するレースだ。
 今年は、ソウルスターリング、リスグラシュー、アロンザモナ、エントリーチケット、ダノンディーヴァなどが指数の上位馬たち。

 チューリップ賞は12月の2歳G1阪神JFと同じコース、同じ距離のレースだけに、阪神JFの上位馬が活躍する傾向が強い。今年はその阪神JFを勝ったソウルスターリング、2着のリスグラシューがそろって出走してくる。スピード指数も最上位にあり、ここでも最有力馬だろう。

 ソウルスターリングは3戦3勝。阪神JFでは、内ラチ添いに先行して、直線、余力十分に抜け出して高指数で完勝した。後方から追い込んで2着に上がってきたのがリスグラシュー。相手が強かっただけで、素質は上位だろう。ともにスローペースで差し脚比べになったとしても、長くいい脚を使える。ペースや展開にも不安はないだろう。指数の高さと距離実績からも、ソウルスターリング、リスグラシューの2頭が抜けた存在に思えるが、2頭を除けば、後は横一線だ。

(チューリップ賞)
       1着    2着    3着
07年    AXa   BZ    -
08年      c   AYa   BXb
09年    AZa   -     -
10年    -     B     -
11年     Xa    Zd   C
12年    -     CXc   A
13年    B     -      Yd
14年    BX    -     D
15年    DYc   A a   AXd
16年    B     D c   -
(スローペース調整は-20/-10)

 芝1200のオーシャンSは、前走指数の上位馬が連軸の中心。
 今年は、ブレイブスマッシュ、ウインムート、メラグラーナ、アースソニック、スノードラゴン、クリスマス、ブレイズアトレイルなどが指数の上位馬たちだ。

 芝の短距離戦で、ペースは上がり、スタミナが問われるレースになりそうだ。
 ここは4歳馬ブレイブスマッシュに注目したい。3歳クラシック戦線で戦っていたが、2000を超える距離ではいいところがなく、好成績は1400、1500、1600の距離に集中している。距離は明らかに短距離向きの馬だ。今回、芝1200メートル戦は初挑戦だが、ペースの上がる1200戦なら、十分こなせるだろう。自ら新境地を開くレースを期待したい。

(オーシャンS)
       1着    2着    3着   
07年     Xb   -     -
08年    C     -     C
09年    A b   -     -
10年    BZc   -      Y 
11年    -     CXb   AYa
12年    C     -     -
13年    AYb   BXa   -
14年    D     -      Z
15年    A      Y      a
16年    -      X    AZa

|

« 第1262回さよならミホノブルボン | トップページ | 第1264回レベルが低い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/64961614

この記事へのトラックバック一覧です: 第1263回混戦の弥生賞:

« 第1262回さよならミホノブルボン | トップページ | 第1264回レベルが低い »