« 第1264回レベルが低い | トップページ | 第1266回本番は苦しいか »

2017年3月 9日 (木)

第1265回レーヌミノルが中心

 フィリーズレビューは4週先に迫った桜花賞を目指す3歳牝馬の戦い。3着馬までに桜花賞の優先出走権が与えられる。
 3歳牝馬の重賞戦なら、前走指数の上位馬が中心になるはずだが、前走指数上位馬は2勝どまりと、やや精彩を欠く。かわって、過去の指数の高いXYZ馬が6勝、7連対と、上々の成績を上げている。ただ、ランク外の馬の活躍も目立ち、スローペースで指数が低い馬にも注意がいる。

(フィリーズレビュー)
       1着    2着    3着
07年    AXb   -     C d
08年    -     -     -
09年     X    -      Z
10年    -     DZb   AXc
11年    -     B a   -
12年    AZb   DXa   -
13年     Ya    Zc   -
14年     Z    -     -
15年    -     -     AXc
16年     Yd   A a   B b
(スローペース調整は-20/-10)

 今年は、レーヌミノル、ゴールドケープ、カラクレナイ、アルミューテン、ビーカーリー、ジューヌエコールなどが指数の上位馬だ。

 阪神の内回りコースの芝1400メートルなら、極端なスローペースはないはず。過去10年、前走、マイル戦を使っていた馬たちが9勝をあげており、素軽いスピードタイプより、スタミナがあり、早めに仕掛けてもバテない差し脚が求められるだろう。

 先行力があり、マイルの差し脚でも上位にあるのはレーヌミノルだ。小倉2歳Sの勝ち馬で、その後は京王杯2歳S2着、阪神JF3着、クイーンC4着と、世代のトップクラスと戦って常に好成績を納めてきた。近走の指数の高さも1頭だけ抜けた存在だが、逃げるか先行して、自ら作った指数だけに、能力の高さとして信頼したい。ここでも先行して粘るレースになりそうだが、他の先行馬に叩き合いで負けるとは思えず、もし逆転があるとすれば差し脚上位のジューヌエコール、クインズサリナ、ビーカーリーなどだろう。

 中山牝馬Sはハンデ戦。1番人気は10年で1勝、2着1回、3着1回だけで、不振が続く。また、トップハンデ馬も苦しい戦いを強いられることが多い。

 今年の指数上位馬は、マジックタイム、ウキヨノカゼ、トーセンビクトリー、サンソヴール、クインズミラーグロ、ウインリバティ、デニムアンドルビーなど。
 トップハンデは56キロのマジックタイム、次いで55.5キロのデニムアンドルビーが続く。

 牝馬戦だけに、差し脚比べが基本で、鋭い差し脚は必須条件だ。差し脚で上位はリーサルウェポン、フロンテアクイーン、デニムアンドルビー、クインズミラーグロなどだが、牝馬は若さがものをいうし、ハンデもあわせて考えると、4歳馬のフロンテアクイーンが連軸向きに見える。オークスは6着、秋華賞は14着だったが、距離が微妙に長かったのかもしれない。1800メートル戦は(2100)と得意にしており、53キロの恵ハンデが生かせれば、勝機もありそうだ。

 気になるのは、逃げ馬のトーセンビクトリーとプリメラアスール2頭。ともにハンデは楽で、差し脚でも上位にある。ペースによっては逃げ残りがあるのではないか。

(中山牝馬S)
       1着    2着    3着
07年    -     C d   -
08年    -     -     CYa
09年     Xc   -     -
10年     Yb   -     -
11年(阪神)  b   -     -
12年    -     -     B
13年     Z     Y    c
14年    A b     d   -
15年     Z    A a   B
16年    D b   -     -

 G2金鯱賞は昨年の12月に行われたばかりだが、今年から春の開催に変わった。これまで、この時期に行われていたハンデ戦のG3中日新聞杯と距離は同じなので、一応、参考までにデータをあげておいた。

 今年の指数の上位馬は、ヤマカツエース、ヒストリカル、フルーキー、アングライフェン、ステファノス、サトノノブレス、ナスノセイカンなど。

 力のいる中京コースが合うのはヤマカツエースだろう。昨年12月の金鯱賞を中団から差し切り勝ちも鮮やかだったが、その後、有馬記念にも参戦。中団後方から、直線、馬群を縫うように差し脚を伸ばし、8番人気ながら4着。底力をつけているのがわかる大健闘のレースだった。

(中日新聞杯)1着    2着    3着
12年    D     -     A a
13年    B c   B     A b
14年    -     -     -
15年    -     A     -
16年     Xb   -       d

|

« 第1264回レベルが低い | トップページ | 第1266回本番は苦しいか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/64992211

この記事へのトラックバック一覧です: 第1265回レーヌミノルが中心:

« 第1264回レベルが低い | トップページ | 第1266回本番は苦しいか »