« 第1284回スローペースで | トップページ | 第1286回運も味方に »

2017年5月18日 (木)

第1285回差し脚比べを制するのは

 今週はオークス。
 3歳牝馬のG1だけに、過去10年の連対馬は前走指数上位馬が中心。なかでも、前走指数の高い馬A、B馬が連軸向きにみえる。他に、平均指数の上位馬や過去の指数上位馬もそこそこ好走しているが、オークスはスローペースが基本で、指数は低くても上がりの脚がある馬には要注意だ。

 1番人気馬は過去10年で、3勝、2着3回、3着1回。連対率は60パーセント。前走、桜花賞組は8勝をあげて断然の中心。他に、忘れな草賞の勝ち馬が2勝、フローラSの勝ち馬が1勝をあげている。

(オークス) 1着    2着    3着
07年    BY    -      Y
08年     Zb   B     A d
09年    A c   B a   C
10年   (AZa)(c)1着同着  Z
11年    -     D     B d
12年    AYa   B b   -
13年    -     -     -
14年      c   DY    AX
15年    BX    -     C
16年    AXa   B b   -
(スローペース調整-20/-10)

 今年の指数上位馬は、レーヌミノル、リスグラシュー、ソウルスターリング、モーヴサファイア、アドマイヤミヤビ、ディアドラ、フローレスマジックなど。

 今年の桜花賞は4番手から直線、早めに先頭に立った8番人気のレーヌミノルがリスグラシュー、ソウルスターリングの追撃を抑えて勝利をつかんだ。圧倒的1番人気に推されたソウルスターリングは直線で鋭い差し脚がみられず、後方から追い込んできた3番人気のリスグラシューにゴール前で交わされて3着だった。

 ソウルスターリングに騎乗したルメール騎手、2番人気のアドマイヤミヤビに騎乗したM・デムーロ騎手も、稍重の馬場状態を敗因にあげていた。

 桜花賞での勝ち負けの要因はそれぞれあるとしても、桜花賞上位馬たちの指数は、その時点での3歳牝馬の最高指数を示しており、オークスの連軸の中心馬には桜花賞組から取るのが正解だろう。

 オークスの2400メートルは、大半の馬にとって初めての距離になる。当然、スローペース必至で、直線での差し脚比べが基本だ。過去10年、オークスの勝ち馬の平均指数は76.5(最高83、最低71)程度ながら、上がり指数の平均は+13(最高+22、最低+8)とかなり高い。逃げた馬は2着が最高順位で、中心勢力は中団以降の差し馬。
 過去10年の連対馬を見ても、近走に上がり指数で一定以上のレベルにあった馬たちが連軸の中心になっている。差し脚がなければ勝利に手が届かないレースだろう。

 今年のメンバーで、近走、水準以上の上がり指数を示しているのはアドマイヤミヤビ、カリビアンゴールド、フローレスマジック、ソウルスターリング、ブラックスピーチ、ホウオウパフューム、リスグラシュー、モズカッチャンなどだ。

 なかでも、スローペースでの差し脚は、アドマイヤミヤビ、フローレスマジック、ホウオウパフュームなどが上位だが、底力のあるアドマイヤミヤビが連軸向きだろう。

 アドマイヤミヤビは(3101)と、着外は前走の桜花賞12着だけ。桜花賞は馬場が合わなかったとはいえ、少し負けすぎの気もしないではないが、最後は無理して追わなかった風にも見えた。クイーンCは79のスピード指数で勝ったが、2月の時点ではその指数が3歳牝馬の最高指数だった。ソウルスターリングが3月のチューリップ賞で示した指数よりも高い指数であり、桜花賞までその最高指数を保持していた。素質の高さは明らかだ。
 長く使える差し脚を見る限り、マイルより2000メートル以上の距離に適性がありそうで、中団の後ろで脚をためられれば、勝機も広がるだろう。2戦2勝の東京コースも合うはず。

 相手の中心は桜花賞の上位馬、レーヌミノル、リスグラシュー、ソウルスターリングに加え、差し脚上位のカリビアンゴールド、フローレスマジック、ブラックスピーチ、ホウオウパフューム、モズカッチャンなど。

 平安Sは5月の開催になり、距離も1900メートルで行われるようになって、今年で5年目。データは少ないものの、前走指数上位馬が中心になっている。
 ピオネロ、ケイティブレイブ、グレイトパール、クリソライト、ドリームキラリ、ロンドンタウン、ロワジャルダン、リーゼントロック、アスカノロマンなどが今年の指数上位馬たちだ。

 目下、ダートで4連勝中の4歳馬グレイトパールと、フェブラリーSを高指数で6着の4歳馬ケイティブレイブに注目が集まりそう。ここは先行するケイティブレイブの粘り込みに期待したいと思っているが、ペースが上がって前が止まるようなら、グレイトパールの出番だろう。

(平安S)  1着    2着    3着
13年    AXa   B      Yc
14年    -       c   B
15年    -     BZc    Xa
16年    AYc     d   B b
(海外、公営のレースは減戦して集計)

|

« 第1284回スローペースで | トップページ | 第1286回運も味方に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/65295872

この記事へのトラックバック一覧です: 第1285回差し脚比べを制するのは:

« 第1284回スローペースで | トップページ | 第1286回運も味方に »