« 第1283回ミッキークイーン中心 | トップページ | 第1285回差し脚比べを制するのは »

2017年5月16日 (火)

第1284回スローペースで

201705140511
201705130511

 前日の強い雨の影響が残って、ヴィクトリアマイルは稍重の馬場状態になった。ソルヴェイグが好スタートを決めてハナに立ち、スローペースで逃げる。この週から東京コースはBコースに替わって、本来ならコースの内に入れてロスなく回ってくるところだが、コースの内ラチ沿いはすでに荒れた状態で、各馬ともに内を開けて進む。直線に向くとコースの内はがら空きになり、馬場の真ん中を使っての攻防になった。

 勝ったアドマイヤリードはルメール騎手を背に中団の後方から。直線はガラッと空いた内から先行集団に取り付くと、馬場の真ん中に馬体を寄せていく。残り200メートル、粘り込みを図るソルヴェイグ、スマートレイアーの間にわずかなスペースを見つけると、一気に突き抜けて快勝した。2着は外から鋭く伸びたデンコウアンジュ、3着は先行していたジュールポレール。上位の3頭はいずれも4歳馬だった。

 6、11、7番人気順の入線で、3連単は91万超の高配当。今年も波乱になった。
 圧倒的な人気を集めたミッキークイーンは中団後方から追ったが、鋭い差し脚は見られず、見せ場なく7着に負けた。

 先行していたスマートレイアーが4着、逃げたソルヴェイグが粘って5着に残ったわけで、先行馬に向くペースだったのだろう。最速の上がりタイムは33秒2のデンコウアンジュと8着のフロンテアクイーン。稍重の馬場状態での33秒2の上がりタイムはなかなかだと思うが、ペースとあわせて考えても、そこそこのレベルの上がりといえそう。ただ、スローペースのため、勝ち馬のスピード指数はヴィクトリアマイル史上最低のレベルになってしまったのは少し残念だった。

 京王杯スプリングCはM・デムーロ騎手の2番人気レッドファルクスが、中団後方から先行各馬をごぼう抜き、雨中の一戦を制した。スローペースで上がり勝負を、ただ1頭58キロを背負いながら、最速の上がりでの勝利は価値が高いだろう。

 昨年秋のスプリンターズS勝利の後、香港スプリントでは12着に大敗したが、前走の高松宮記念は底力を見せて3着に好走していた。M・デムーロ騎手とは、香港の12着を除けば、国内戦は(4010)と、パーフェクトに近い。

 先行した11番人気のクラレントが2着に上がり、3着は4番人気のグランシルクが入った。1番人気のサトノアラジンは9着まで。3連単は17万超の高配当だった。

 京王杯スプリングCを勝ったM・デムーロ騎手、ヴィクトリアマイルを勝ったルメール騎手は、目下騎手リーディングのトップ2に位置している。M・デムーロ騎手の連対率は39.1パーセント。ルメール騎手の連対率は34.1パーセント。指数のA馬ではともに50パーセント以上の連対率だ。2人の騎手を無視して馬券は組み立てられない。

|

« 第1283回ミッキークイーン中心 | トップページ | 第1285回差し脚比べを制するのは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/65287305

この記事へのトラックバック一覧です: 第1284回スローペースで:

« 第1283回ミッキークイーン中心 | トップページ | 第1285回差し脚比べを制するのは »