« 第1304回夏馬 | トップページ | 第1306回好騎乗の勝利 »

2017年7月27日 (木)

第1305回指数上位馬中心

 今週から始まる夏の新潟競馬。開幕週のメインは直線1000メートルのアイビスサマーダッシュ。1番人気は過去10年で5勝、2着1回だが、最近の4年間は全て1番人気馬が勝利している。また、過去10年で7勝をあげている牝馬の活躍も目立ち、牝馬が連対しなかったのは10年間で1度だけ。

 指数上は、過去10年すべての年で、平均指数上位馬が連軸の中心になっている。また前走指数上位や、過去の指数が高い馬たちの連対率も高く、全体として指数上位馬たちが活躍しているレースだ。

(アイビスサマーダッシュ)
       1着    2着    3着
07年    ダ     B c   -3歳
08年    -     BZb   -3歳
09年     Ya     c   AZd
10年    -     CXb   -
11年    A     B a   -
12年     Xa     b   DZc
13年    AXd   -     B
14年    BYa   -3歳   CYd
15年    -     A c   D
16年    AYb   BXa   C

 今年は、フィドゥーシア、レジーナフォルテ、アクティブミノル、シンボリディスコ、レッドラウダなどが前走指数の上位馬。他に、過去の指数上位の、ネロ、ラインスピリット、ラインミーティア。平均指数上位の、ナリタスターワン、イオラニなども上がってくる。該当馬が多く、混戦模様のレースといえそうだ。

 野芝で行われる新潟芝コースは、素軽いスピード比べが基本。短距離戦でのスピードと鋭い瞬発力では、5歳牝馬のフィドゥーシアが最上位だ。フィドゥーシアは、まだ重賞勝ちはないものの、短距離の1200メートル戦は(5224)と安定しており、前走、初挑戦だった新潟の直線1000メートル戦(韋駄天S)も自己ベストの好指数で快勝している。

 4枠8番ゲートから先行力を生かして外ラチまで持ち出し、上がりも32秒1にまとめて1馬身半差の圧勝だった。今年のアイビスサマーダッシュは韋駄天S組が多く参戦しており、再戦模様のレースだけに、この勝利はより評価が高いだろう。

 札幌競馬の開幕周は、牝馬の重賞クイーンSがメイン。
 指数上は過去10年の内9年で連対している前走指数上位馬が最有力だ。
 今年は、アエロリット、クロコスミア、エテルナミノル、アドマイヤリード、ノットフォーマル、クインズミラーグロ、トーセンビクトリーなどが指数の上位馬たち。

 注目は3歳馬アエロリットだ。前走、G1のNHKマイルCは、牡馬を相手に外枠から積極的に先行。直線なかば、馬場の真ん中から堂々と抜け出して快勝した。

 NHKマイルCのスピード指数は、3歳世代の牝馬最高指数でもあり、素質の高さを示したレースだった。これまで(2301)と、出負けして先行できず、後方からいい脚を見せたものの5着に終わった桜花賞を除けば、先行したレースは全て連対を果たしている。

 馬場状態のよい開幕週で、ペースも落ち着くなら、先行できるアエロリットに展開も向くはずだし、52キロの負担重量は、他馬の55キロと比べると圧倒的に有利だ。もちろん、初の札幌、初の1800メートル、初の古馬相手のレースと、課題もないわけではないが、アエロリットにとっては大きな壁とは思えない。

 前走、G1ヴィクトリアマイルを勝ったアドマイヤリードが、差し脚も鋭く、逆転候補の一番手だ。他に、逃げるクロコスミア、3歳のヤマカツグレースに、シャルール、クインズミラーグロ、ノットフォーマル、トーセンビクトリーなどが連下の候補になりそう。

(クイーンS)1着    2着    3着
07年    C d   B     -
08年     Xb   CZ     Z
09年    -     A a   D
10年    -     B b   -
11年    B     D      Yb
12年    A     -     -
13年(函館)AYa     d   CYb
14年    A a    X    CZb
15年     Zc   AXa     d
16年    -      X    -

|

« 第1304回夏馬 | トップページ | 第1306回好騎乗の勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/65587223

この記事へのトラックバック一覧です: 第1305回指数上位馬中心:

« 第1304回夏馬 | トップページ | 第1306回好騎乗の勝利 »