« 第1309回3連勝馬に勢い | トップページ | 第1311回実績上位は »

2017年8月15日 (火)

第1310回人気馬の陰

201708130411
201708130111

 デビューから22戦、全てのレースでハナに立ち、逃げ続けてきたマルターズアポジーが、関屋記念でも注文通りの逃げ戦法で、3つ目の重賞タイトルをつかんだ。

 昨年の夏以降は8戦して5勝と大健闘。近走、負けるときは2桁着順だが、3敗のうち2つはG1戦でのもの。もう1敗は競られてハイペースで脚を失くしたレースだった。直線で脚が残せるペースなら、俄然しぶとさを発揮する。関屋記念では伏兵扱いの7番人気だったが、単純に成績からだけでも、もっと評価が高くあるべき馬だっただろう。

 今年の関屋記念の勝利で、1600メートル戦は(2011)となった。今後は1600を中心にレースを選んでいくようだが、目が離せない要注意の1頭だ。

 2着は中京記念の勝ち馬で4番人気のウインガニオン。2番手からレースを進めたが、直線、マルターズアポジーに11秒1、11秒0の脚を使われては、並びかけることもままならず、お手上げだった。それでも自己ベストの指数で2着に粘れたのは好調の証だろう。それまでの3連勝が伊達ではないことの証明にもなったのではないか。

 3着は中京記念5着のダノンリバティ(5番人気)。直線、4番手から追ったが、惜しくも3着だった。4着も先行していたヤングマンパワーで、結局、先行馬たちが上位を独占するレースになり、後方から上位に食い込んだのは5着のダノンプラチナたけだった。1番人気のメートルダールは後方のまま、12着に大敗。3連単は13万円超す高配当になった。

 札幌のダート重賞エルムSは、馬場状態が勝敗を分けたようだ。
 札幌は土曜日の大雨の影響が残って、日曜日のダートは重馬場での開催になった。素軽いスピードが求められる馬場状態で、良馬場だった前週と比べると、1600メートル換算で1秒7程度速い馬場だった。

 1分40秒9のレコードタイムで勝ったのは4番人気のロンドンタウン。直線、3番手からの差し切りだった。これまで重、不良馬場では4戦3勝(公営成績を含む)。2走前、アンタレスSで2着に好走したが、その時の馬場状態も良馬場とはいえ-17。馬場指数が-15以上のレースでは(3202)だ。デビューからずっとダートを使っているが、もともとスピードに勝った馬なのだろう。

 逆に、断然の人気を集めたテイエムジンソクは、7勝の内5勝が良馬場での勝利。どちらかというと力のいるダートを得意としており、絶対的なスピード比べでは、少し分が悪かったのかもしれない。それが、ゴール前、ロンドンタウンにわずかに差し切られる要因だったのではないか。

 3着は逃げ粘った8番人気のドリームキラリが残って、3連単は6万3650円。

|

« 第1309回3連勝馬に勢い | トップページ | 第1311回実績上位は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/65667746

この記事へのトラックバック一覧です: 第1310回人気馬の陰:

« 第1309回3連勝馬に勢い | トップページ | 第1311回実績上位は »