« 第1319回秋本番に向けて | トップページ | 第1321回ダービー馬レイデオロ中心 »

2017年9月20日 (水)

第1320回本番を見据えて

201709180611
201709170911

 先週は、台風を気にかけながらの3日間開催だった。
 菊花賞を目指す3歳馬のセントライト記念は、2番人気のミッキースワローが、直線、1番人気の皐月賞馬アルアインを一気に差し切って快勝した。3着は3番人気のサトノクロニクル。3連単は7230円。堅い決着だった。

 ミッキースワローは後方からになったが、向こう正面では5番手の好位置を進むアルアインのすぐ後ろにつけた。4コーナーを過ぎ、直線に向くと、満を持してアルアインが抜け出を図る。「さすが皐月賞馬。そのまま勝つのだろう」と思っていたところ、直線の坂上、アルアインのすぐ後ろにいたミッキースワローが馬体を合わせる間もなく、吹っ飛ぶように交わし去っていった。上がりタイムは33秒4と、ただ1頭33秒前半台の切れを見せ、2着アルアインに決定的とも思える1馬身4分の3の差をつけた。

 アルアインの手綱を取ったルメール騎手は「状態や反応が100パーセントではなかった。次はもっと良くなる」とコメントしていたとおり、菊花賞の前哨戦と考えれば、上々の内容。ここでの2着が大きな痛手になるとは思えない。

 秋華賞を目指す3歳牝馬のローズSは、8番人気の伏兵ラビットランが勝った。

 ラビットランは後方から。平均ペースで逃げたカワキタエンカが直線でもしぶとく粘るところ、大外から後方一気の脚を使ったのがラビットラン。最内で逃げ粘った6番人気のカワキタエンカが2着。3着は3番人気のリスグラシュー。

 人気を集めたファンディーナ、モズカッチャンは6、7着まで。ともに先行集団につけ、直線は見せ場も作ったが、最後は脚が止まってしまった。
 3連単は33万1090円と、高配当になった。

 ラビットランはダートの新馬戦を勝ち、そのあともダートを2戦。前走は500万条件の中京芝1600を勝った。古馬相手に、後方一気の差し脚が見事に決まったレースだったが、その上がりタイムは33秒0と、出色のレベルだった。ローズS出走メンバーの前走の上がり指数と比べると、メイショウオワラとともに最上位にあり、その点から注目に値する1頭ではあった。本番でも要注意かもしれない。

|

« 第1319回秋本番に向けて | トップページ | 第1321回ダービー馬レイデオロ中心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/65815800

この記事へのトラックバック一覧です: 第1320回本番を見据えて:

« 第1319回秋本番に向けて | トップページ | 第1321回ダービー馬レイデオロ中心 »