« 第1322回強かったレイデオロ | トップページ | 第1324回差し脚は別次元 »

2017年9月28日 (木)

第1323回セントウルS組VSレッドファルクス

 いよいよ秋のG1戦が始まる。その第一弾は中山のスプリンターズSだ。
 中山で開催された過去9年間、前走指数の高いA、B、C馬が、毎年、連軸の中心になっており、近走の好調さが問われるレースだ。1番人気は過去10年で3勝、2着2回。その1番人気が連対できなかった5年間も、2、3番人気馬が連対しており、人気面からみると、1、2、3番人気から中心馬を取るのが賢い選択だ。過去10年、牝馬は4勝をあげ、6年で連対している。

(スプリンターズS)
       1着    2着    3着
07年    -     A     C
08年    A a   CXc   B
09年     X    BXb   C
10年    外     CYa   -
11年    A     A     -
12年    DZd   C d   -
13年    BXa   CZ    -
14年(新潟)  d   -     -
15年    AZ      a   -
16年    B     BZb   -

 今年は、レッドファルクス、ファインニードル、ダンスディレクター、ラインミーティア、メラグラーナ、ネロ、ビッグアーサー、セイウンコウセイなどが指数の上位馬だ。

 指数上位馬たちの多くは、前走、阪神1200メートルのG2セントウルSを戦ってきた馬たち。そのレースを勝ったのがファインニードルだ。好スタートから3番手に控え、直線、内から脚を伸ばしての快勝だったが、レースに無理がなく、2着馬には1馬身4分の1の差をつけ、余力を感じさせるレースだった。好調さから、連軸の中心に取りたい1頭だ。

 セントウルSの勝ち馬ファインニードル以外でもっとも目立ったのが、中団後方から直線、大外に回して、切れる差し脚を見せたダンスディレクターだ。ここは休み明けを一叩きされ、息遣いも良くなっているとのこと。上積みも期待できるだろう。

 セントウルS2着のラインミーティアにも目が離せない。素軽いスピードが持ち味で、この夏の「サマースプリントシリーズ」のチャンピオンに輝いた。1000メートル戦での強さが目につくが、1200メートルも守備範囲だろう。

 スプリンターズSは牝馬の台頭が特長のレースだけに、セントウルS4着の5歳牝馬メラグラーナにもチャンスはあるかもしれない。

 セントウルS組以外では、レッドファルクスが有力だ。昨年の勝ち馬で、今年に入って高松宮記念3着、京王杯1着、安田記念3着と、G1、G2の重賞で好走を続けている。前走の安田記念は、中団後方からのレースになったが、直線、内から追い出しにかかるところ、前が空かず、大外に持ち出すロスが響いた。抜け出してからのスピードは1頭だけ際立っており、休み明けは少し気になるものの、安定した鋭い差し脚はここでも上位。国内芝1200メートル戦は(3010)。スプリンターとしての能力は最上位だ。スプリンターズS連覇もあるだろう。

 シリウスSはダート2000メートルのハンデ戦。07年から2000メートル戦になったが、まだトップハンデ馬が勝ったことがない。2着馬は平均指数の上位馬や前走指数上位馬が多いが、勝ち馬はランク外の馬が目立つ。1番人気は4勝、2着2回、3着1回だから、成績としては上々だろう。

 今年は、ミツバ、ドラゴンバローズ、メイショウスミトモ、モルトベーネ、マスクゾロ、ピオネロなどが指数の上位馬たち。苦戦の続くトップハンデ馬は、57.5キロを背負うミツバ、モルトベーネ、マスクゾロなどだ。

 トップハンデの3頭以外で連軸向きなのは、メイショウスミトモ、ピオネロ、ドラゴンバローズ、タガノゴールド、トップディーヴォなど。

 阪神ダート2000メートル戦はペースが落ち着き、前残りが定番だけに、前々でレースができて、直線でも差し脚が使えるドラゴンバローズ、トップディーヴォなどが有力だろう。ここは比較的差し脚もしっかりとしているドラゴンバローズを中心に取りたい。

(シリウスS)1着    2着    3着
07年    -     B     DXc
08年    -      Xa   -
09年    B      Zb   -
10年     Z    B d   -
11年    -     DXa    Yb
12年    -     CXa   C
13年    B     BYb    Za
14年    A b   BXa   -
15年    -     A d   BXa
16年    DX    D c     d

|

« 第1322回強かったレイデオロ | トップページ | 第1324回差し脚は別次元 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/65848332

この記事へのトラックバック一覧です: 第1323回セントウルS組VSレッドファルクス:

« 第1322回強かったレイデオロ | トップページ | 第1324回差し脚は別次元 »