« 第1333回スワーヴリチャードに期待 | トップページ | 第1335回上がりの勝負 »

2017年11月 7日 (火)

第1334回完璧な勝利

201711050511
201711050811
201711040511
201711030811

 東京のアルゼンチン共和国杯は、1番人気の3歳馬スワーヴリチャードの快勝で終わった。スワーヴリチャードは好スタートから内ラチにつけ、中段の前々でレースを進めた。コースロスもなく、直線に向くと内ラチの3番手に浮上。前を行くマイネルサージュ、カレンミロティックをあっさりと交わして、一気に差を広げた。追ってくる馬たちに差を詰められることもなく、余力十分の勝利だっただろう。

 ダービー2着以来の休み明けのレースで、初めての古馬戦。ハンデも56キロと3歳馬としては少し見込まれていただけに、スワーヴリチャードにとっても試練のレースだったはずだが、いくつかの課題も難なくクリアして、スピード指数も上々。先々に期待の膨らむ勝利だった。

 2着に7番人気のソールインパクト、3着に3番人気のセダブリランテスが入り、2番人気のトップハンデ馬アルバートは4着だった。3連単は1万2060円。

 ダートの重賞みやこSは、2番人気のテイエムジンソクが圧勝した。
 テイエムジンソクは大外枠から4番手に進出。3コーナー過ぎ、馬なりのまま先頭に立つと、あとは後続馬を引き離す一方で、テイエムジンソク1頭だけ、強さが際立ったレースぶり。指数の高さでも抜けた存在だっただけに、力通りの圧巻の勝利といえそう。

 2着に先行して粘った9番人気のルールソヴァール。3着に3番人気のキングズガードが入った。3連単は6万8120円。

 スローペースになった京王杯2歳S。中団に控えた1番人気のタワーオブロンドンは、直線残り200メートル地点から追い出されると、鋭い脚を使って完勝。1番人気の期待に応えた。上がりタイムは最速の33秒2。完璧な勝利だった。

 2歳牝馬のファンタジーSもスローペース。後方から大外一気の脚で駆け上がってきたのが5番人気のベルーガ。逃げ粘ったコーディエライトが2着。1番人気のアマルフィコーストは中団からよく追い込んだが、わずかに届かず3着まで。

 先週の土曜日の東京5レース。ダート1300メートルの新馬戦でミスターメロディが逃げて後続に8馬身の差をつけ、レコードタイムで勝ったが、そのスピード指数は81という高レベルだった。81の指数は現2歳世代のトップに位置するもので、今後の活躍に注目が集まる。

|

« 第1333回スワーヴリチャードに期待 | トップページ | 第1335回上がりの勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66014956

この記事へのトラックバック一覧です: 第1334回完璧な勝利:

« 第1333回スワーヴリチャードに期待 | トップページ | 第1335回上がりの勝負 »