« 第1337回好条件がそろって | トップページ | 第1339回天皇賞秋の上位馬から »

2017年11月21日 (火)

第1338回神騎乗

201711190811
201711180511

 M・デムーロ騎手の快進撃が止まらない。
 先週のG1マイルCSは3歳馬ペルシアンナイトで勝ち、前週のエリザベス女王杯(モズカッチャン)に続いて2週連続のG1制覇。今年の国内G1戦でJRAタイ記録となる6勝目をあげた。

 春のオークスの2着から始まって、これで10戦連続G1戦で3着内を達成したが、「スポニチ」には、M・デムーロ騎手の複勝を転がすと、1000円が460万円になるという記事も出ていた。今週のジャパンカップでの騎乗馬は未定のようだが、はたしてどこまで続くのだろう。

 マルターズアポジーの逃げて始まった今年のマイルCS。直線半ば、中団から脚を伸ばしたエアスピネルが先頭に立つところ、内からレーヌミノルが馬体を合わせに行くが、エアスピネルは譲らない。ゴールの手前50メートル、後方から内に入れ、更に馬場の真ん中に持ち出して、エアスピネルの外から襲いかかったのが、M・デムーロ騎手のペルシアンナイトだった。エアスピネルがそのまましのぎ切るかと思ったが、勢いはペルシアンナイトにあったようで、ハナ差でペルシアンナイトに凱歌が上がった。ペルシアンナイトの上がりは33秒9と2番目だったが、やや重の馬場状態を考えると、差し脚の鋭さは評価が高いだろう。

 勝ったペルシアンナイトは4番人気、2着のエアスピネルは2番人気、3着は7番人気のサングレーザー。1番人気のイスラボニータは5着だった。3連単は5万5890円。

 2着エアスピネルの手綱を取ったのはムーア騎手だったが、ほぼパーフェクトな騎乗だったはず。M・デムーロ騎手は、そのパーフェクト騎乗をも上回ったのだから、もう「神騎乗」というしかない。

 東京スポーツ杯2歳Sは圧倒的1番人気のワグネリアンが、2着に上がってきたルーカスに3馬身差をつけて快勝した。直線、後方から追って残り200メートル地点で先頭に立つと、あとは後続馬たちを引き離す一方の強い勝ち方だった。ワグネリアンはこれでデビューから3戦3勝。スピード指数上でも、現時点で世代のトップに立ち、クラシック戦線に向けて大きく視界が開けたレースになった。
 2着は2番人気のルーカス、3着は3番人気のシャルルマーニュ。3連単は820円という堅い配当だった。

|

« 第1337回好条件がそろって | トップページ | 第1339回天皇賞秋の上位馬から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66069758

この記事へのトラックバック一覧です: 第1338回神騎乗:

« 第1337回好条件がそろって | トップページ | 第1339回天皇賞秋の上位馬から »