« 第1354回 G1へ、光と影 | トップページ | 第1356回 もうすぐ2月 »

2018年1月25日 (木)

第1355回 差し脚比べの根岸S

 今週から始まる東京のメインは、G1フェブラリーSを目指す根岸S。
 ダートの短距離戦だけに、指数の上位馬の活躍が目立つ。なかでも過去10年のうち9年で連対している平均指数の上位馬が連軸の中心になりそう。ただし、2、3着はランク外の馬たちも台頭しており、連下は手広く取ったほうが良いだろう。

 1番人気は過去10年で4勝、2着2回。連対率は60%と、まずまずの成績。最近は1番人気馬が3連勝中だ。

(根岸S)  1着    2着    3着
08年    AZa   D     C
09年    BYa   A b   D
10年    -     AYa   -
11年    BXa   -     -
12年      a   -     -
13年      d   -     -
14年    C     -     -
15年    A a   BXb   -
16年    C     BZd   CYb
17年    A b    Za   D
(地方競馬の成績は減戦して集計)

 今年の指数上位馬はカフジテイク、キングズガード、ノンコノユメ、ベストウォーリア、マッチレスヒーローなど。

 ダート1400メートルの短距離戦だけに、比較的ペースが速くなりがちで、差し脚の鋭い馬たちに流れが向くレースだ。
 今年の出走馬で、差し脚が鋭いのはカフジテイク、キングズガード、ノンコノユメなどだ。

 カフジテイクは昨年のこのレースの勝ち馬だが、近走は武蔵野Sで5着、チャンピオンズカップで7着と、いまひとつの結果が続いている。ただ、両レースともペースの落ち着く1600や1800メートル戦で、自慢の差し脚を生かす流れにならなかったのも要因だろう。東京のダート1400は3戦3勝とパーフェクトな成績をあげており、連覇の可能性も高いのではないか。

 前走、チャンピオンズカップで上がりタイムが最も速かったのがキングズガードだ。最後方から勝ち馬をもしのぐ差し脚を使ったが、結果は8着。ただ、ダート1400は22戦して(8752)と、3着以下が2回だけ。もっとも得意な距離で、後方一気もありそうだ。

 武蔵野Sで後方から4着に上がってきたのがノンコノユメ。前走、チャンピオンズカップは9着だったが、差し脚の鋭さは安定している。1400は初距離だが、距離が短くなって、先行馬たちのペースが上がるのは好材料だろう。

 他に、4歳馬サンライズノヴァも侮れない存在だし、逃げ、先行のベストウォーリア、マッチレスヒーローなどにも要注意だ。

 京都のシルクロードSは、短距離のハンデ戦。過去10年、1番人気馬は2勝、2着1回とやや不振。とはいえ、2、3番人気馬が合わせて7勝しており、勝ち馬は上位人気馬から取るのがセオリーだろう。

 トップハンデ馬は2勝、2着1回、成績はいひとつだ。指数上は、ランク馬たちがよく健闘しており、前走指数の上位馬や、平均指数の上位馬が連軸向きだろう。

 今年は、セカンドテーブル、グレイトチャーター、キングハート、アレスバローズ、ファインニードル、ラインミーティア、アットザシーサイド、セイウンコウセイなどが指数の上位馬たちだ。

 差し脚はフミノムーン、ラインミーティア、アットザシーサイド、ファインニードルなどが鋭いが、ハイペースで、後方からの差し脚比べにはならないだろう。むしろスローペース気味の流れで、差し脚のある先行馬に向くのではないか。

 中団からの差し脚に見どころがあるのはグレイトチャーター、ミッキーラブソング、ファインニードルなど。ここは54キロの恵ハンデが魅力のグレイトチャーターに期待したい。

 ハンデ戦に加え、傑出した馬が見当たらず、波乱もありそうで、久々の芝戦ニシケンモノノフの先行、粘り込みがあるかもしれない。

(シルクロードS)
       1着    2着    3着
08年    C d   -       c
09年    -     -     A c
10年     Yd   DZb   A
11年    DXa   -     B
12年    -     AXc   -
13年    B a    Xb   D
14年    BYd   A c   -
15年    -     -     BZb
16年    AYd   -     -
17年      b   C      Zc

|

« 第1354回 G1へ、光と影 | トップページ | 第1356回 もうすぐ2月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66321117

この記事へのトラックバック一覧です: 第1355回 差し脚比べの根岸S:

« 第1354回 G1へ、光と影 | トップページ | 第1356回 もうすぐ2月 »