« 第1352回 春を目指して | トップページ | 第1354回 G1へ、光と影 »

2018年1月18日 (木)

第1353回 勝敗を分けるもの

 アメリカJCCは全体として指数上位馬が強く、過去10年、全て指数ランク馬が勝っている。1番人気馬は2勝、2着1回。多少、苦戦が目につく。

(アメリカJCC)
       1着    2着    3着
08年    BZ      b   -
09年    B d   BXa   -
10年     Yd   B     DYb
11年    BXa   -      Xb
12年     Yb   B     AZc
13年      d    Zd   -
14年    DY    -       b
15年      c   A     A
16年    AXa   C d   C
17年    AZa   -     B

 今年の前走指数上位馬はゴールドアクター、シホウ、ショウナンバッハ、トーセンビクトリー、ディサイファ、マイネルミラノ、ダンビュライトなど。

 G2としては低調なメンバー構成になった。それだけに、重賞の実績と指数の高さからは、ゴールドアクターが抜けた存在にみえる。ゴールドアクターは2015年の有馬記念の勝ち馬で、1昨年も3着に好走している。昨年の天皇賞(春)は7着、宝塚記念で2着のあと休養にはいった。

 今回は休み明けの1戦になるが、休み明けはむしろ好走例が多く、その点での心配はないだろう。中山は有馬記念を含め、オールカマー、日経賞も勝って重賞3勝。全成績も(4112)と、中山は得意コースだ。また、2200の距離も(2200)と、連対率100%の距離。得意な条件が揃って、休み明けとはいえ、叩き台のレースではないはずだ。心配があるとしたら、道中のペースがゆるむことだろう。G1の厳しいペースで、差し脚を伸ばしてきた馬だけに、極端なスローペースは合わないかもしれない。

 スローペースで浮上してくるのが、ダンビュライト、ミッキースワロー、レジェンドセラーの4歳馬3頭だ。

 ダンビュライトは皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着馬。前走、1600万条件を勝ったばかりだが、クラシック戦線での成績通り、素質は高そうだ。

 ミッキースワローはダービーの出走はかなわなかったもののセントライト記念を勝って、菊花賞で6着。菊花賞はダンビュライトととともに、直線の攻防に見せ場もあった。不良馬場と菊花賞の距離を考えれば、中距離の方がレースはしやすいだろう。

 レジェンドセラーは1000万、1600万を連勝中。スローペースならダンビュライト、ミッキースワローと比べても差し脚に差はない。

 東海Sの指数上位馬は、テイエムジンソク、ディアデルレイ、ローズプリンスダム、モルトベーネ、タガノエスプレッソ、コスモカナディアン、ドラゴンバローズなど。

 指数の高さと安定感ではテイエムジンソクが最上位だ。ここまで(8646)の成績だが、近走は重賞戦を3戦して1勝、2着2回。前走はG1チャンピオンズカップで堂々1番人気に支持された。レースは逃げたコパノリッキーの2番手から。ゴール前、一旦先頭に立ったが、後方一気のゴールドドリームに交わされてクビ差の2着。惜しくも勝てなかったとはいえ、能力は十分に示したレースだった。先行して押し切る王道のレースで、安定した成績を残しており、ここでも不動の中心馬だろう。

 相手は連勝中のディアデルレイ。前走、師走Sは逃げて完勝。指数は95の高レベルだった。他では4歳馬のローズプリンスダム、先行力のあるサングラス、シャイニービームなどに加え、差し脚が光るクインズサターン、サンマルデュークなどにも要注意。

(東海S)  1着    2着    3着
13年    A     CYa    X c
14年     Xa   C c   B
15年     X    -     BYb
16年    D     -     A b
17年    -     -     -
(公営競馬は減戦して集計)

|

« 第1352回 春を目指して | トップページ | 第1354回 G1へ、光と影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66292563

この記事へのトラックバック一覧です: 第1353回 勝敗を分けるもの:

« 第1352回 春を目指して | トップページ | 第1354回 G1へ、光と影 »