« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月29日 (木)

第1373回 指数上位か4歳馬

 大阪杯は、昨年からG1に格上げされた。以前もメンバーのレベルはG1並みに高いレースで、G2時代のデータもそのまま生きてくるだろう。
 指数上は、過去10年の内9年で連対する前走指数の上位馬が中心になっている。1番人気馬も(4321)と圧倒的に強く、指数上位の人気馬が連軸の中心になりそう。過去10年、ランク外で連対した2頭は、いずれも4歳馬か牝馬で、5歳馬以上の牡馬の場合、指数上、ランク馬であることが連対の条件だろう。

(大阪杯)  1着    2着    3着
08年    A     BYb   -
09年     Yb     a   C
10年    A     B      Xa
11年    D     -     -
12年      c   A      Xa
13年    DXa    Zd   BYa
14年    D       b   AYa
15年    -     A d    Yc
16年    A       d   CY
----------------------
17年    AZa     d    Y

 今年は、ヤマカツライデン、ウインブライト、ペルシアンナイト、シュヴァルグラン、アルアイン、サトノダイヤモンド、ゴールドアクター、スワーヴリチャードなどが指数の上位馬たちだ。

 阪神の内回り2000メートル戦は、外回りコースと比べると直線が短く、先行馬に向くコースだ。レベルの高い馬がそろう大阪杯だけに、先行して直線でも差し脚を使えるスタミナがなければ、勝利はないだろう。その点から、サトノダイヤモンド、ゴールドアクター、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、ヤマカツライデン、トリオンフなどが有力馬に上がってくる。

 なかでも、スタミナ豊富で差し脚も使える5歳馬サトノダイヤモンドに注目したい。サトノダイヤモンドは2016年、皐月賞3着、ダービーはマカヒキに次いで2着。その後は、神戸新聞杯、菊花賞、有馬記念、阪神大賞典をすべて1番人気で4連勝。春の天皇賞3着の後、フランスに渡ってフォワ賞4着、凱旋門賞15着。

 フランスでは少し期待外れな結果だったが、帰国後の前走はスローペースの金鯱賞を中団から最速の上がりタイムで3着に好走。上がり指数からすると、33秒7の上がりタイムは限界値といえそうで、勝ち馬スワーヴリチャードとは位置取りの差だけ。3着とはいえ、内容は悪くなかった。

 これまで全成績は(7132)だが、フランスでの成績を除く国内戦だけなら(7130)。阪神の芝コースは3戦3勝と得意なコースだ。キタサンブラック引退の後、古馬トップの座をつかみとり、凱旋門賞大敗の雪辱をも果たしたい。

 相手の筆頭は4歳馬スワーヴリチャードだろう。ダービーはレイデオロに次ぐ2着、アルゼンチン共和国杯1着、有馬記念は4着に好走している。前走、金鯱賞は2番手で先行して、あとは直線、逃げ馬を差し切って完勝。スローペースを見込んで先行させたM・デムーロ騎手の好判断が生きたレースだった。

 ペースが上がった場合、流れについていけるか、疑問がないわけではないが、差し脚上位であることは間違いなく、ここもM・デムーロ騎手の手綱さばきが見どころになるだろう。

 他では昨年のジャパンカップ勝ち馬、6歳馬のシュヴァルグラン。ここは有馬記念3着以来のレースになるが、中団からの鋭い差し脚が持ち味で、阪神コースも合うはず。好レースが期待できるだろう。

 ハンデ戦のダービー卿CTは波乱が多い。過去10年、1番人気馬は(2206)とやや不振だ。
 今年の指数上位は、キャンベルジュニア、テオドール、マルターズアポジー、サンライズメジャー、レッドアンシェル、グレーターロンドンなど。

 過去10年で1勝、2着1回と、苦戦続きのトップハンデ馬は58キロのマルターズアポジー。果敢に逃げて、1600から2000メートルの距離で8勝をあげているが、58キロの重量で、まだ連対はない。

 恵ハンデ馬で好調をうかがわせるのはテオドールだろう。2走前に準オープンを好指数で勝ったばかりで、重賞は初挑戦。当然、ハンデは54キロと軽量だ。先行力とスタミナがあり、逃げるマルターズアポジーを追っても、容易にはバテないのではないか。

 比較的、逃げ先行馬が多く、ペースが上がる可能性もある。とするなら、中団からの差し脚が鋭いヒーズインラブ、グレーターロンドン、サンライズメジャーなどの浮上があるかもしれない。

(ダービー卿CT)
       1着    2着    3着
08年      c   -     -
09年    C     C     -
10年    CZc   CZb   -
11年(阪神)-      Xa    Zb
12年     Zc     b   A
13年    -     -     C a
14年     Xd   -     A 
15年    -     -     -
16年    B     CXb    Zb
17年    -     AZc   B b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

第1372回 人気馬たちの苦杯

201803250711_3
201803240611
201803250611
201803240911

 春のG1第一弾、高松宮記念。ファインニードルは中団後方から、4コーナーでは6番手につけた。直線では逃げるセイウンコウセイを追って、各馬の激しい叩き合いが続くなか、レッツゴードンキがわずかに抜け出して先頭に立った。しかし、直線の急坂を上がってからのスピード、勢いはファインニードルがもっとも鋭く、ゴール前、レッツゴードンキをとらえてハナ差の勝利、初のG1の栄光をつかんだ。

 ファインニードルは2番人気、2着のレッツゴードンキは3番人気、ファインニードルとともに上がってきた10番人気ナックビーナスが3着。いずれも中団からの差し馬たちで、後方から追い込みに懸けた馬たちはダンスディレクターの4着が最上位。1番人気に推されたレッドファルクスは、後方から最速の上がりタイムで追ったが、前には迫れず8着に終わった。

 日経賞は3番人気のガンコが勝った。好スタートから逃げる形になったが、2コーナー手前、スローペースを嫌ったキセキがハナに立って、ガンコは2番手に控えた。直線、脚の上がったキセキを交わして先頭に立つと、そのまま後続を寄せ付けず、4分の3馬身の差をつけての快勝だった。

 ガンコは前走1600万条件を勝ったばかりとはいえ、前走指数はレベルが高く、先行して差し脚をつかえる特長を生かし切った好レースだっただろう。2着は7番人気のチェスナットコート、3着は6番人気のサクラアンプルール。1番人気のキセキは9着に沈んだ。

 ダートのハンデ戦マーチSは、3番手から直線、早目に先頭に立ったセンチュリオンがゴールまでしのぎ切って勝利をつかんだ。中団から勝ち馬にハナ差まで迫ったクインズサターンが2着。先行したロワジャルダンが3着に粘った。

 圧倒的な人気に推されたハイランドピークは、スタートで遅れ最後方から。後方待機のまま直線に懸けたが、結果は9着に大敗してしまった。ハイペースで逃げ、高指数で連勝していただけに、最後方からでは疑問の残るレースに思えた。手綱を取った横山典騎手はレース後のインタビューで、「前2走の疲れが残っていた」とコメント。「野次が応える歳なので、温かい声援がほしい」とも話していた。本人がそういうのなら、何も言うまい。

 スローペースになった3歳馬の毎日杯は、直線、2番手から楽に差し脚を伸ばした1番人気のブラストワンピースが2馬身差の完勝。3戦3勝とした。2着に2番人気のギベオン、3着に3番人気のインディチャンプ。人気通りの堅い決着だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

第1371回 勝ち馬は指数上位馬から

 春のG1、第1弾は中京競馬場の高松宮記念。
 2012年のコース改造後、1番人気は2勝、3着3回。連対率は少し物足りない。ただ1番人気が勝てない年も5番人気までの馬たちが勝っており、ここまでの6年間では3連単の配当も大荒れはない。
 全体として指数上位馬が強いという傾向が続いており、外国馬を除けば、勝ち馬は全て指数上のランク馬たちだ。

(高松宮記念)1着    2着    3着
08年    B      Zc   AYa
09年    AYd   DXa   D
10年    CZb    Y    D d
11年(阪神)CYc   B a   -
----------------------
12年    A c    Xc   B
13年    BXc   BZa   -
14年    A     -     B
15年    -(外)   Z    A
16年     Xa   AZb   -
17年    C      X    BX

 今年の指数の上位馬は、ダンスディレクター、ファインニードル、セイウンコウセイ、レッドファルクスの4頭。指数上、勝ち馬の条件を備えている最有力馬たちといえそう。

 馬場改造後、後方一気の馬より、先行力があり、直線でも粘るスタミナがある馬たちが中心になっている。とくに、1400メートルや、それ以上の距離で高指数を示している馬たちの好走例が多く、ペースの厳しくなるG1戦では、スタミナも重要なポイントになるだろう。

 その点からは、レッドファルクス、ダンスディレクター、シャイニングレイなどがピックアップされるが、連軸の中心は指数上位のレッドファルクス、ダンスディレクターのどちらかではないか。

 レッドファルクスは、中京コースが得意で、切れる差し脚が特長。国内戦に限れば、芝1200メートルは(4010)、中京芝は(3010)、手綱を取るM・デームーロ騎手とも(5020)と相性が良い。16年、17年と、スプリンターズSを連覇しており、スプリントG1の3勝目を目指す。

 ダンスディレクターは1200メートル戦(3313)、中京芝は(0210)。前走、阪神C2着以来のレースで、3カ月振りの休み明けは気になるが、先行して直線でもパワーが落ちない粘り腰が特長。ペースの上がるG1でこそ生きるスタミナだろう。8歳にして初のG1タイトルを手にできるだろうか。

 中団より前でレースができるファインニードル、セイウンコウセイ、キングハート、ネロ、ラインスピリット、シャイニングレイ、レーヌミノルなどが連下候補になりそう。

 日経賞も指数上位馬が中心のレースだ。
 今年は、トーセンバジル、ガンコ、ゼーヴィント、サクラアンプルールなどが指数の上位馬たちだ。

 勝ち馬は2400メートル以上の距離で、好指数と好成績を残している馬たちが多い。その点からは、トーセンバジル、ガンコ、ロードヴァンドールに加え、4歳馬で菊花賞の勝ち馬キセキが有力馬として浮上してくる。

 素質からは菊花賞馬キセキからというのが本道。日経賞は4歳馬も多く活躍しており、素直に入れば良いのだろう。ただ、後方一気の脚質だけに、中山の短い直線で取りこぼしもあるかもしれない。

 ここは、少し無理を承知でガンコからの狙いが面白い。ガンコはダート中心に戦ってきたが、3走前から芝に戦いの場を移して(2010)。前走1600万条件を勝ったばかりだが、ダート戦で培ってきたパワーを生かして先行するレースで、2走前はG2日経新春杯で3着に好走している。軽ハンデだったとはいえ、重賞3着は伊達ではないだろう。

(日経賞)  1着    2着    3着
08年    A a   B d    Yb
09年     Yc   D     -
10年    DYc   AXa   B d
11年(阪神)D      X    A a
12年    -      X    C b
13年     Xa   -     C c
14年    AZc   -     B d
15年    B      Y     Y
16年      a   CZc   D
17年    C d   B     CYc

 マーチSはダートのハンデ戦。
 ハンデ戦でも指数上位馬がよく頑張っており、特に過去10年のうち9年で連対している平均指数上位馬の活躍が目立つ。
 今年の指数上位馬は、ハイランドピーク、センチュリオン、クインズサターン、アルタイル、ロンドンタウン、ディアデルレイ、メイショウウタゲ、コスモカナディアンなど。

 トップハンデ馬は過去10年で2勝。58キロのトップハンデを背負うオールブラッシュも少し苦しいかもしれない。

  成長の勢いを感じさせるのは4歳馬ハイランドピークだ。目下1000万、1600万条件を連勝中。2走ともハイペースで逃げて、直線では差を広げる一方。後続を寄せ付けず、重賞級の高指数で大差勝ちしている。重賞初挑戦だけにハンデも55キロに抑えられて恵量。逃げ馬ながら差し脚に見どころがあり、先々も楽しみな1頭だ。

(マーチS) 1着    2着    3着
08年    B     -       b
09年    AXa   C     -
10年     Yb   -       d
11年(阪神) Xa   -      Z
12年    B b   -      Yb
13年     Ya    Xb   C
14年      d   B     B
15年    B       c    Zb
16年    -     C a    Zb
17年    D c   A     D

 3歳馬の毎日杯は前走指数上位馬が中心。
 今年は、ウォーターパルフェ、アルムフォルツァ、ノストラダムス、ギベオン、ブラストワンピース、テイエムディラン、マイハートビート、ユーキャンスマイルなど。

 指数上は大混戦だが、スローペース必至で差し脚比べのレースになりそう。ここは長くいい脚を使って2戦2勝のギベオンが中心になるだろう。

(毎日杯)  1着    2着    3着
08年    B     -     -
09年    A c   -     -
10年    BX    DYa   -
11年    B     -     -
12年    B     -      Y
13年    A     -     BYa
14年    -     -     -
15年    BXa   -     A
16年    D a   AYb   AX
17年     Y    A a   B c
(スローペース調整-15/-5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

第1370 花粉症

201803180911
201803180611
201803170611
201803170711

 阪神大賞典は、中団の後方から最速の上がりタイムで駆け抜けた3番人気レインボーラインが快勝した。2着サトノクロニクル(4番人気)はレインボーラインと馬体を合わせて上がってきたが、ゴールでは1馬身と4分の1の差をつけられてしまった。早めに仕掛けた1番人気のクリンチャーは3着。いずれも上がりの脚で上位の馬たちだった。

 2番人気のアルバートは後方からレインボーラインに次ぐ上がりタイムを示したが、勝ち馬とは離れた4着に終わった。直線半ばでは、脚色に鋭さがなく、もたもたしているようにみえたが、負担重量を加味した上がり指数ではアルバートが最上位にあり、休み明けの叩き台としては上々。悲観する内容ではなかったのではないか。本番での巻き返しに注目したい。

 スプリングSは、ゴール前、エポカドーロ、ステルヴィオの叩き合いになった。結果は1番人気のステルヴィオがハナ差の勝利。3番人気のエポカドーロは惜しい2着だった。離れた3着には6番人気のマイネルファンロンがはいって、皐月賞の切符を手にした。

 勝ったステルヴィオは中団から差し脚を伸ばしたが、道中も、直線も、無理のないレース運びで、初の中山、1800メートル戦も難なくこなした。まだ余力もありそうで、皐月賞ではダノンプレミアムを脅かす1頭になりそうだ。

 2着のエポカドーロは2番手から、直線、堂々先頭に立って押し切りを図ったが、わずかに及ばなかった。直線でも脚色が衰えず、スタミナを感じさせる先行力が魅力だ。

 3歳牝馬のフラワーCはスローペースになった。5番手で先行していた2番人気カンタービレが直線、馬なりで先頭に立つとそのまま、押し切って勝った。後方から大外一気に駆け上がってきたトーセンブレス(3番人気)が迫ってきたが、クビ差、しのぎきった。3着は2番手で先行していたノームコア(4番人気)。1番人気のロックディスタウンは入れ込みが激しかったか、直線では全く反応せず、最下位の13着に終わった。

 中京競馬場のファルコンSは、初の芝戦だったミスターメロディ(3番人気)が直線、差し脚を伸ばして快勝した。2着は7番人気アサクサゲンキ、3着は5番人気フロンティアだった。

 1番人気のダノンスマッシュは中団の後ろから。直線は馬群につっ込んででいったが前が開かず、内に入れて追ったものの最後は脚が止まって7着に沈んだ。

 勝ったミスターメロディは昨年11月の新馬戦(東京ダート1300)を81の高指数で快勝した。その指数はダートでは、まだ同世代のトップにある。今回、芝でも適性のあるところを見せたが、今後はどの路線を進むのだろう。

 少しずつ暖かくなってきたが、このところ花粉症で、鼻水、目のかゆみ、くしゃみがひどい。一番つらいのが目のかゆみ。目薬で抑えているが、天気が良くても外に出ないのが一番らしい。H君は帯状疱疹とか。季節の変わり目は、体調に気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

第1369 長距離実績はアルバート

 阪神大賞典が今週の注目レース。過去10年、1番人気は5勝、2着2回、3着2回と安定している。1番人気馬は目下5連勝中だ。他の年の勝ち馬も、すべて5番人気までの馬たちで、比較的堅いレースだ。
 指数上は、過去10年のうち9年で連対している過去の指数が高いXYZ馬や、平均指数上位馬たちが中心。ランク外で勝利した馬は3頭いるが、そのうち2頭は明け4歳馬。5歳馬以上なら指数上位が勝ち馬の条件になりそう。

(阪神大賞典)
       1着    2着    3着
08年    -      Xa   AZb
09年    BYc   D     D
10年    CZc   -     A d
11年    A     D      Yd
12年    -     CXa   A
13年    AXa   D     C d
14年    BXa   -     DXc
15年     Ya     d    Yb
16年    -      Z    A
17年    BXa   A b   -
(海外レースは減戦して集計)

 今年は、アルバート、スーパーマックス、クリンチャー、レインボーライン、カレンミロティック、シホウ、サトノクロニクルなどが指数の上位馬たちだ。

 過去の連対馬は3000メートル以上の距離で瞬発力が鋭い馬たちが多い。今年のメンバーの中ではアルバート、レインボーライン、ヤマカツライデン、トミケンスラーヴァ、シホウ、クリンチャーなどが連軸候補にあがってくる。

 とりわけ3000メートル以上の距離実績では(4002)のアルバートが最上位だ。前走、ステイヤーズSで、同レース3連勝を決めた。3000メートル以上の重賞で勝てなかった2戦は共にG1春の天皇賞でのことだが、そこでも、6、5着に好走した。昨年の春の天皇賞は100の高指数で5着に奮闘しており、長距離戦線では間違いなく上位の1頭だ。

 他に3000以上の長距離で実績があるのは、トミケンスラーヴァ(1000)、カレンミロティック(0112)、レインボーライン(0101)、クリンチャー(0100)などだが、若干手薄なメンバーたちで、長距離の実績ではアルバートが抜けた存在といえるだろう。

 逆転候補は長くいい脚を使える菊花賞2着のクリンチャー。4歳馬の成長力に懸ける手もあるかもしれない。

 スプリングSは上位3頭に皐月賞の優先出走権が与えられる前哨戦。
 今年の指数上位馬は、ステルヴィオ、ビッグスモーキー、エポカドーロ、ライトカラカゼ、ルーカス、カフジバンガード、コスモイグナーツなど。

 連軸候補はステルヴィオ、ビッグスモーキー、エポカドーロ、ルーカスなど、先行力がある指数上位馬たちに加え、差し脚上位のゴーフォザサミット、カフジバンガード、マイネルファンロン、レノヴァールなどだろう。

 とりわけ、前走、好指数で朝日杯2着だったステルヴィオが重賞実績では最上位。差し脚の鋭さでも上位にあり、ここなら連軸向きといえそうだが、マイル戦でのものだけに、1800メートルが合うかどうか。スプリングSは、思いのほかスタミナが問われる傾向にあり、1800や2000メートル戦で、先行して瞬発力の鋭い馬たちが活躍していることを考えると、取りこぼしにつながるかもしれない。

 その点から、前走、2000メートル戦を逃げ切って勝ったエポカドーロや、2200メートル戦で好指数を示したビッグスモーキー、スローペースが得意なゴーフォザサミットなどにもチャンスはあるのではないか。

(スプリングS)
       1着    2着    3着
08年    -     -     BYb
09年    C     -      Z
10年    -     -     AZa
11年(阪神)CZ     Xa   -
12年    CYd   -      Yc
13年    A c    Yb    Zd
14年    -     A d    Xa
15年    D     A     BXa
16年    A a   BYb    X
17年    AX    B     CZa
(スローペース調整-15/-5)

 3歳牝馬のフラワーCは、スローペース必至で、指数が低い馬にも要注意のレース。
 1番人気馬は過去10年で4勝、2着3回、3着1回と、堅実。
 今年の指数上位は、ノーブルカリナン、トーセンブレス、メサルティム、ウスベニノキミ、ファストライフ、カンタービレ、モルフェオルフェ、バケットリスト、ロックディスタウン、カラリエーヴァなど。

 牝馬の中距離戦でスローペースは必至。スローペースで差し脚が鋭いのはノーブルカリナン、ウスベニノキミ、トーセンブレス、メサルティムなど。
 ここは1勝馬の身だが、前走、オープンでも好指数で2着に好走、成長を感じさせるノーブルカリナンに注目したい。

(フラワーC)1着    2着    3着
08年    A a   C c   A b
09年    -      Yb   -
10年    BXa   C c   -
11年(阪神)-     B c   -
12年     Xa   -      Xc
13年    -     C     -
14年    A     BXa   -(2着同着)
15年    B b   -     -
16年    -     D     -
17年    -      Xc   -
(スローペース調整-20/-10)

 中京競馬場のメインは、3歳1400メートル戦のファルコンS。過去6年、平均指数の上位馬が連軸の中心になっている。
 今年は、ダノンスマッシュ、カイザーメランジェ、タイセイプライド、モズスーパーフレア、テンクウ、ヒシコスマー、ムスコローソ、フロンティアなどが指数の上位馬たち。

 短距離戦だけに、ペースが上がって、直線のスタミナ比べになりそう。スタミナなら、マイル戦で好指数を示しているダノンスマッシュ、テンクウ、フロンティアなどがピックアップされる。なかでも朝日杯で5着のダノンスマッシュの底力が上位だろう。また、テンクウの昨年秋のサウジアラビアRC4着の指数はレベルが高く、前走も楽勝。ダノンスマッシュをしのぐ力があるかもしれない。

 (ファルコンS)
       1着    2着    3着
12年      d    Xa   D
13年    -       b    Xb
14年    BXa   C a    Z
15年    -       d   -
16年    AXa   -      Yb
17年    -      Zb   A
(スローペース調整-20/-10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

第1368回 指数は低調

201803110911
201803110711
201803100611

 フィリーズレビューを勝ったのは、1勝馬で8番人気のリバティハイツだった。向こう正面は中団の前に位置して動かず。直線では前が壁になる不利がありながらも、前方が開けると一気に抜け出して快勝した。直線、窮屈になってもひるまず、ゴール前の一瞬のキレも見どころ十分だった。
 2着は後方から最速の上がりで追い込んだ2番人気のアンコールプリュ。3着が5番人気デルニエオール。

 ペースが少し速くなったようで、逃げたラブカンプー、2番手追走の1番人気モルトアレグロをはじめ、他の先行馬たちも直線では脚が上がってしまった。

 ただ、全体として、ペースの割にはスピード指数は低調で、テトラドラクマの勝ったクイーンC組や、ラッキーライラックの阪神JFやチューリップ賞組に比べると、少し見劣りがする。

 G1大阪杯を目指すステップレース金鯱賞は、1番人気に推された4歳馬スワーヴリチャードが勝った。直線の坂を上がったところで、逃げたサトノノブレスをつかまえると、サトノダイヤモンドの追撃も抑え込んで、春初戦を飾った。
 2着は8番人気サトノノブレス、3着は2番人気サトノダイヤモンド。

 サトノダイヤモンドは33秒7の最速の上がりで追い込んだが、3着までだった。ただ当日のペースと馬場状態からすると、+25の上がり指数は限界値。その点から状態は良かったといえそうで、次走、大阪杯につながるレースになったのではないか。

 ハンデ戦の中山牝馬Sは、4歳馬カワキタエンカが逃げ切り勝ちを収めた。前走で10着に大敗していたせいか6番人気と評価が低かったが、もともとローズS2着、秋華賞5着と、4歳牝馬世代ではトップクラスの実績があり、指数も上々のレベルだった馬だ。1000メートル61秒3のゆるいペースで逃げられ、ハンデも53キロと軽量。勝利は4コーナーすぎに決まっていたといえそう。

 3番手から追った2番人気のフロンティアクイーンが半馬身差の2着。3着は後方一気の脚を見せたレイホーロマンスだった。

 東日本大震災から7年がたった。11日の日曜日を前後して放映された番組をいくつか観たが、まだ、いずれも復興のただなかにあり、未来も見通せないまま。悲しみも癒えていない様子がつたわってくる。わが子を、わが父、わが母を、わが兄弟や、わが妻や夫--を。大切な人を失った悲しみは、あの時のまま。生涯いえることなどない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

第1367回 先行力を生かして

 フィリーズレビューは4週先に迫った桜花賞のトライアル。3着馬までに桜花賞の優先出走権が与えられる。
 3歳牝馬の重賞戦なら、前走指数の上位馬が中心になるはずだが、前走指数上位馬は2勝どまりと、やや精彩を欠く。かわって、過去の指数の高いXYZ馬が5勝、7連対とまずまずの成績を上げている。ただ、ランク外の馬の活躍も目立ち、スローペースで差し脚上位の馬には注意がいる。

(フィリーズレビュー)
      1着    2着    3着
08年    -     -    -
09年     X    -     Z
10年    -     DZb  AXc
11年    -     B a  -
12年    AZb   DXa  -
13年     Ya    Zc  -
14年     Z    -    -
15年    -     -    AXc
16年     Yd   A a  B b
17年    C c   AXa  B d
(スローペース調整は-20/-10)

 今年は、アンヴィル、アルモニカ、モルトアレグロ、ラブカンプー、リバティハイツ、アリアなどが指数の上位馬だ。

 阪神の内回りコースの芝1400メートルなら、外回りコースと比べて極端なスローペースはないだろう。先行して差し脚のある馬たちに流れが向くとすると、中心になるのはモルトアレグロだろう。

 モルトアレグロの2走前、阪神JFは入れ込みがきつかったようだが、後方から追い込んで5着に健闘。上位馬とは少し差がついたが、直線の伸びは上々だった。前走の紅梅Sは離れた3番手で先行、直線で差し脚を伸ばして完勝している。

 陣営は前走のような先行力を生かしたレースが合うと判断しているようで、阪神の内回りの1400メートル戦はモルトアレグロの適性に最も合うレースだろう。

 前走、東京の1400メートル春菜賞を2番手から快勝したアルモニカ、好指数で1200を3連勝しているアンヴィル、スローペースの差し脚が鋭いアマルフィコーストなどが相手の中心。

 中山牝馬Sはハンデ戦。
 今年の指数上位馬は、エテルナミノル、レイホーロマンス、マキシマムドパリ、シャルール、ワンブレスアウェイ、カワキタエンカ、トーセンビクトリー、ブラックオニキスなど。

 前走、愛知杯を使った馬たちが8頭出走して、指数上でも上位にあり、再戦模様のレースだろう。その愛知杯を勝ったのはエテルナミノル。先行して直線半ばに先頭に立つと後続馬の追撃を許さず快勝した。後方から差し脚を伸ばして迫ったのが3着のマキシマムドパリだが、先行力がある分、ここでもエテルナミノルが連軸向きだろう。

 愛知杯以外の組では4歳の逃げ馬カワキタエンカが気になる存在。休み明けだった前走は10着に大敗しているが、逃げてローズS2着、秋華賞5着の粘りはなかなか。ひと叩きされて、落ち着いたレースができれば、粘り切るかもしれない。

 他では底力のある6歳馬トーセンビクトリー。昨年の勝ち馬で、前走のAJCも牡馬相手に5着に好走している。

(中山牝馬S)
       1着    2着    3着
08年    -     -     CYa
09年     Xc   -     -
10年     Yb   -     -
11年(阪神)  b   -     -
12年    -     -     B
13年     Z     Y    c
14年    A b     d   -(2着同着)
15年     Z    A a   B
16年    D b   -     -
17年    B     AZc   D

 昨年から春の開催になったG2金鯱賞は、G1大阪杯を目指すステップレース。今年は有力馬たちがそろってレベルが高い。

 今年の指数の上位馬は、サトノダイヤモンド、メートルダール、ダッシングブレイズ、サトノノブレス、デニムアンドルビー、スワーヴリチャード、プレスジャーニー、ヤマカツエースなど。

 とりわけ、指数が高く、安定感があるのはサトノダイヤモンドだ。前走の凱旋門賞は15着に大敗したが、一昨年の菊花賞、有馬記念も制して、昨年は、阪神大賞典も勝った。天皇賞春はキタサンブラック、シュヴァルグランに次いで3着だったが、国内戦では3着以下になったことがない。

 それだけに、凱旋門賞(2400m)の15着は腑に落ちないが、スタミナの豊富な馬だけに、2500メートル以上の距離のほうが合うのかもしれない。とすると、2000メートルの金鯱賞はどうだろうか。

 サトノダイヤモンド逆転の一番手は4歳馬スワーヴリチャードだろう。ダービー2着の後も、アルゼンチン共和国杯を制して、前走の有馬記念は4着に頑張った。ここは2カ月半ぶりのレースになるが、成長の勢いに期待したい。

(金鯱賞)  1着    2着    3着
17年    A     -     -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

第1366回 余裕のダノンプレミアム

201803040611
201803030911
201803030611

 弥生賞は1番人気の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアムが勝った。いつもの通り好スタートを決め、道中は2番手に控え、あとは直線、馬場のいいところを選んで、抜け出すだけ。無駄も無理もなく、余裕十分の落ち着いたレースぶりが、ダノンプレミアムの強さを一層引き立てているようで、非常に印象深かった。

 ダノンプレミアムはこれで、負けなしの4戦4勝。スローペースの2000メートルの弥生賞を、落ち着いたレースで快勝して、皐月賞にむけても不安はないだろう。

 2着は中団から最速の上がりの脚を見せた2番人気のワグネリアン。道中はダノンプレミアムの後ろにつけ、直線も目いっぱい追ってダノンプレミアムに迫ったが、1馬身半差に詰めるのが精一杯だった。ここは完敗といえると結果だったが、差し脚は上々で、距離が伸びて持ち味がより生きるタイプなのかもしれない。

 桜花賞を目指す牝馬のチューリップ賞も1番人気の最優秀2歳牝馬ラッキーライラックが完勝した。道中は3番手に控え、直線半ばで先頭に立つと、後続馬を寄せつけず、2着のマウレアに2馬身差をつけての勝利だった。

 負けなしの4戦4勝として、桜花賞に向かうが、桜花賞は阪神JF、チューリップ賞と同距離、同コース。その前哨戦の2レースで圧倒的な完勝劇を見せられては、桜花賞はラッキーライラックで決まりと思わされてしまう。

 波乱の多い中山芝1200のオーシャンSは、10番人気のキングハートが直線4番手から、じりじり脚を伸ばし、混戦をアタマ差で制した。キングハートは6度目の挑戦で待望の重賞初制覇を果たした。2着は2番人気のナックビーナス、3着は1番人気ダイメイフジだった。

 昨日3月5日、今年の夏から、より充実した馬場情報の提供を目的として、馬場の含水量を公表することになったと、JRAから発表があった。

 これまでは計測された含水量をもとに、良、稍重、重、不良の4段階で区分されていたものを、元データそのものを公表するということのようで、稍重に近い良とか、不良に近い重とか考えなくても済みそうで、馬場状態をより明らかにするデータとして、役に立つのは間違いがないだろう。

 4コーナーとゴール前の含水量を、開催前日(通常金曜)の正午ごろ、開催当日(通常土、日)の朝9時20分頃のデータを公表するようだが、本当はもう少し時系列で変化がつかめる様なきめ細かいデータだとありがたい。ついでながら、1時間ごとの雨量、気温も時系列で公表してもらえたら、もっとうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

第1365回 弥生賞はダノンプレミアム

 弥生賞は、皐月賞の優先出走権をかけた戦い。クラシック戦線を目指す戦いもいよいよ本格化する。 
 過去10年、弥生賞の連対馬は、過去の指数が高いXYZ馬や、前走指数の高いABCD馬などが中心になっている。ただし、最近の3年はスローペースで指数が低いものの、鋭い差し脚を使って勝ってきた馬が勝ち続けており、差し脚上位馬には要注意だ。

(弥生賞)  1着    2着    3着
08年    -      Z    AXc
09年    AXa   -      Z
10年    B     AXb   C a
11年    CZb   CXc   A d
12年    -     DXd   A a
13年     Zc    Y    AXb
14年    C      Z    A a
15年    -     -       c
16年    -     A     CY
17年    -      Z    B c
(スローペース調整は-20/-10)

 今年は、ダノンプレミアム、オブセッション、ワグネリアン、ジャンダルムなどが指数の上位馬たちだ。

 中心は、前走、朝日杯FSを制したダノンプレミアムだろう。新馬戦、サウジアラビアRC、朝日杯とデビューから3連勝。いずれも好スタートから2、3番手に控え、直線は余裕十分に抜け出す王道のレースぶりで、快勝が続いている。前走、朝日杯のスピード指数は、現3歳馬の最高指数であり、いまもその指数を上回る馬はいない。

 課題があるとしたら、初距離になる2000メートルの適性と、スローペースになったときの対応力だろうか。ただ、新馬戦の1800メートルを、直線、後続との差を広げる一方のレース内容なら、2000の距離に不安があるとも思えない。また、スローペースになればなるほど、先行して差し脚のある馬に展開が向くはず。

 逆転候補は、スローペースの差し脚に見どころがある3戦3勝のワグネリアン、2戦2勝のオブセッションだろう。ともに1800、2000メートル戦を、中団から鋭い差し脚を使って快勝しており、超スローペースで、直線での差し脚比べなら勝負になるのではないか。

 他ではサンリヴァル、リビーリングも連下候補にはなるだろう。

 チューリップ賞は桜花賞のトライアル戦。
 前走指数や過去の指数で上位の馬たちが活躍している。
 今年は、ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレア、レッドランディーニ、サヤカチャン、シグナライズ、スカーレットカラーなどが指数の上位馬たちだ。

 チューリップ賞は2歳G1阪神JFと同コース、同距離のレースで、阪神JFの上位馬たちが活躍する傾向が強い。桜花賞も同コース、同距離のレースで、そこを目指す馬たちにとって、チューリップ賞は重要なポイントとなる前哨戦だ。

 今年は阪神JFを勝ったラッキーライラック、2着のリリーノーブル、3着のマウレアがそろって出走してきたが、スピード指数も上位にあり、ここでも最有力馬候補といえるだろう。

 なかでもただ1頭、デビューから負け知らず、マイル戦を3戦3勝のラッキーライラックが最有力だ。阪神JFは、直線、先に抜け出したリリーノーブルを追って差し脚を伸ばし、ゴールでは4分の3馬身差をつけて完勝している。

 3戦3勝の成績から、ラッキーライラックが1歩リードしているが、阪神JFの上位3頭、ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアの指数、差し脚はほぼ互角といえそうで、リリーノーブル、マウレアの逆転があるかもしれない。

(チューリップ賞)
       1着    2着    3着
08年      c   AYa   BXb
09年    AZa   -     -
10年    -     B     -
11年     Xa    Zd   C
12年    -     CXc   A
13年    B     -      Yd
14年    BX    -     D
15年    DYc   A a   AXd
16年    B     D c   -
17年    A a   -     BXc
(スローペース調整は-20/-10)

 芝1200のオーシャンSは、前走指数の上位馬が連軸の中心。
 今年は、ビップライブリー、ラインスピリット、ネロ、ナックビーナス、ラインミーティア、キングハート、エポワス、スノードラゴンなどが指数の上位馬たち。
 短距離戦とはいえ、ハイペースはなさそうで、先行馬に向く流れだ。
 先行して差し脚もあるのは、ビップライブリー、ラインスピリット、ダイメイフジ、ネロなど。

 ここは戸崎騎手に乗り替わる5歳馬ビップライブリーに期待したい。前走は1400メートル戦の阪神Cで5着だったが、前走指数は最上位だ。ここまで1400、1600メートルを中心に使われて(5716)と成績も安定している。2走前の京阪杯で初めて1200メートルを使って、逃げ切って勝ったネロとクビ差の2着に好走しており、距離の適性もありそうだ。

 鋭い差し脚のあるフミノムーン、ロードクエスト、ラインミーティアなどの後方一気に要注意だ。

(オーシャンS)
       1着    2着    3着
08年    C     -     C
09年    A b   -     -
10年    BZc   -      Y 
11年    -     CXb   AYa
12年    C     -     -
13年    AYb   BXa   -
14年    D     -      Z
15年    A      Y      a
16年    -      X    AZa
17年    C     -      Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »