« 第1378回 低調な皐月賞 | トップページ | 第1380回 春の主役を目指して »

2018年4月19日 (木)

第1379回 差し脚上位は

 今週から東京、京都に開催が替わる。東京の開幕週はオークスの出走権を争うフローラSがメインだ。3歳重賞戦だけに前走指数上位の馬が連軸の中心になるが、牝馬限定戦はスローペースが多く、指数が低くても上がりの脚がある馬たちには注意が必要だ。

(フローラS)1着    2着    3着
08年    AY     Z    -
09年     Zc   D     -
10年    -     AYb   DYc
11年    -     -     CZc
12年    A b   -     -
13年    C     -     A a
14年    A      Zc    Yb
15年     Xa   A      Y
16年    -     -     -
17年    -     -     A a
(スローペース調整-20/-10)

 今年の指数上位馬は、オハナ、サトノワルキューレ、レッドベルローズ、ヴェロニカグレース、ノーブルカリナン、オスカールビーなど。

 3歳牝馬の2000メートル戦ならスローペースは必至で、直線の差し脚比べになるのだろう。スローペースで長く使える差し脚なら、サトノワルキューレ、ウスベニノキミ、サラキア、ノーブルカリナン、ラブラブラブなどが鋭い。

 なかでも、前走、牡馬相手の2400メートル戦を快勝したサトノワルキューレが中心だろう。ゆったりとしたスタートで、道中も最後方。3コーナー手前から進出して、4コーナーでは5番手。直線なかばでもう一段ギアをあげ、前を行く馬たちを突き放しての快勝だった。

 スローペースしか経験がないので、ここも位置取りは後ろになりそうだが、長くいい脚を使え、東京コースなら追って届かずの消化不良はないだろう。
 相手は先行できるレッドベルローズが最上位。

 京都のメインは読売マイラーズC。
 京都開催になった2012年以降の6年間で、1番人気は2着2回、3着1回と、まだ勝利がない。

 今年の指数上位はエアスピネル、ロジクライ、サングレーザー、グァンチャーレ、ガリバルディ、ブラックムーン、モズアスコットなど。

 中心は指数上位のエアスピネル、ロジクライの5歳馬の2頭に、4歳馬のサングレーザー。

 エアスピネルの前走はG1マイルCSで2着に好走。直線、勝ったと思える場面もあったが、ゴール前、わずかに交わされてしまった。ここまでの重賞成績、指数の安定感では最上位といえるだろう。マイル戦は(4311)、京都のマイルは(2200)と好走の条件がそろっている。

 ロジクライは3歳時にシンザン記念を勝ったが、そのあと骨折で2年近くの休養を余儀なくされた。昨年末の復帰後は、準オープン戦で7、2着の後、マイル戦を連勝。前走の指数はオープン馬にふさわしいレベルだった。先行力があり、堅実なレース運びができ、安定感もある。京都の1600は(2100)。ブランクを取り戻す快勝に注目だ。

 4歳馬サングレーザーは2着エアスピネルに半馬身届かなかったが、昨年のG1マイルCSで堂々の3着。マイル戦ではまだ勝ち星がないものの、強い4歳世代の1頭。ここからの組み立てもありそうだ。

(マイラーズC)
       1着    2着    3着
12年    A     -     D d
13年    AXa   -      Za
14年     X    BYb   CZc
15年      d   D     A b
16年    -      Yc    Xb
17年    DYc    Ya    Yd

 福島牝馬Sは平均指数の上位馬の連対率が高い。
 今年は、トーセンビクトリー、カワキタエンカ、ロッカフラベイビー、ゲッカコウ、ワンブレスアウェイ、ブラックオニキス、ノットフォーマルなどが指数の上位馬だ。
 小回りの福島だけに先行馬の前残りが有力。

 出走馬の大半が、前走、中山牝馬S組で、ここは再戦模様のレースだ。その中山牝馬Sを逃げ切って勝ったのが4歳馬カワキタエンカ。

 中山牝馬Sはハンデ戦で、カワキタエンカは53キロの恵ハンデだったとはいえ、直線の粘りは特筆できる内容だった。ローズS2着、秋華賞5着と、同世代の牝馬戦でも果敢に逃げて好指数、好成績を残してきた。ここでは指数も上位にあり、1800メートル戦は(3200)と距離適性も高い。ここも逃げ切りに期待したい。

 中山牝馬Sで56キロのトップハンデを背負って4着に好走したトーセンビクトリーが逆転候補になりそう。

(福島牝馬S)1着    2着    3着
08年    D     B     A
09年    -     D b   -
10年    A     C b   C
11年(新潟)-     D b   -
12年    B     AZ     Yb
13年    D b    X    BYc
14年      d   -     -
15年     Ya     c   -
16年    C     A     B
17年     Xa   -     -

|

« 第1378回 低調な皐月賞 | トップページ | 第1380回 春の主役を目指して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66628360

この記事へのトラックバック一覧です: 第1379回 差し脚上位は:

« 第1378回 低調な皐月賞 | トップページ | 第1380回 春の主役を目指して »