« 第1382回 岩田のイン差し | トップページ | 第1384回 ダービーも狙える »

2018年5月 3日 (木)

第1383回 牝馬テトラドラクマに期待

 NHKマイルCの1番人気は過去10年で6勝と上々。ただ、10番人気以下の馬たちも上位をにぎわしており、3連単は高配当も多い。
 指数上は前走指数上位馬や、過去の指数上位馬が連軸の中心になっている。近年、指数上位の牝馬が2連勝中で、今年も要注意だろう。

(NHKマイルC)
       1着    2着    3着
08年    A a   B     -
09年    -     -     -
10年    -     C     A a
11年     X    -     -
12年    D      Zc   -
13年     Y    -     -
14年    DYc   B     CZ
15年    AZb   -     -
16年     Xb   AYa   -
17年    CX    -      Yc
(スローペース調整-10/0)

 今年は、プリモシーン、テトラドラクマ、アンコールプリュ、ギベオン、タワーオブロンドン、ケイアイノーテック、ダノンスマッシュ、ファストアプローチなどが指数の上位馬たちだ。

 逃げるのはカシアスになりそうだが、ペースは遅くなりそうで、先行馬に向く展開だろう。指数上位馬で先行力かあるのは、牝馬のテトラドラクマだ。

 テトラドラクマは前走、クイーンCを好指数で快勝。ペースは比較的厳しかったが、4コーナー手前、2番手から早々と先頭に立つと、後続に詰め寄られることもなく、そのまま押し切って勝った。NHKマイルCでも、逃げるカシアスを早目にとらえて、直線、クイーンCのように押し切れるかどうかだが、東京のマイル戦は(2100)とコース適性もあり、指数の高さと合わせて、ここは中心に推したいと思っている。 

 ほとんどが2勝馬の中、ただ1頭4勝をあげているのがタワーオブロンドン。朝日杯3着の後、前走、アーリントンCでは中団後方から長くいい脚を使って勝利をつかんだ。実績では最上位で、本来ならタワーオブロンドンが中心になるべき馬だろう。ただ、差し脚に懸ける馬とはいえ、際立った切れとは思えず、道中の位置取りが結果を左右するのではないか。

 他ではアーリントンC2着のパクスアメリカーナ、NZT2着のケイアイノーテックなどにもチャンスがあるだろう。

 京都新聞杯は、平均指数の上位馬が連軸の中心。
 今年の指数上位馬は、フランツ、タニノフランケル、アルムフォルツァ、レイエスプランドル、ケイティクレバー、ダブルシャープ、ロードアクシス、ステイフーリッシュなど。
 指数も接近して大混戦のレースだ。

 2200メートル戦だけに、ペースは落ち着きそう。前走、逃げて快勝したタニノフランケル、皐月賞は11着に大敗したが、先行力のあるケイティクレバーなどの前残りもありそう。皐月賞14着から巻き返しをはかるダブルシャープの差し脚にも要注意。

(京都新聞杯)1着    2着    3着
08年    -     A b   -
09年    AXb   D       d
10年    AYc   CZb   B a
11年    -     AYa   B
12年    D     AXa     c
13年    BXa   -     -
14年    -       d   -
15年    -     -     C
16年    DXb    Yd   AYa
17年     Zd   -     DY
(スローペース調整-15/-5)

 新潟大賞典はハンデ戦だが、前走指数の上位馬が健闘している。
 今年の指数上位馬は、マイスタイル、ロッカフラベイビー、ナイトオブナイツ、ハクサンルドルフ、ラインルーフ、ステファノス、トリオンフ、スズカデヴィアス、カレンラストショー、ケントオー、シャイニープリンスなど。

 指数の高さと安定感で、4歳馬トリオンフに期待したい。小倉大賞典を勝ち、前走、G1大阪杯で8着。先行力のある馬だが、大阪杯は出遅れて好位置が取れず、後方から無理に上がっていった結果、直線、脚をなくしたレースだった。自分のスタイルに持ち込めば成績も安定しており、指数もすでに90を超す重賞レベルにあり、連軸の中心に取りたい。

(新潟大賞典)1着    2着    3着
08年    -     C     -
09年    D     -     B c
10年    A b    Zd     a
11年    -     -     CXb
12年    B     -       b
13年    C     A     -
14年    -     A d   B a
15年    BZ     Z     Z
16年     Yc   AX    C
17年    C      X    A a

|

« 第1382回 岩田のイン差し | トップページ | 第1384回 ダービーも狙える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66679672

この記事へのトラックバック一覧です: 第1383回 牝馬テトラドラクマに期待:

« 第1382回 岩田のイン差し | トップページ | 第1384回 ダービーも狙える »