« 第1383回 牝馬テトラドラクマに期待 | トップページ | 第1385回 しぶといアエロリットに期待 »

2018年5月 8日 (火)

第1384回 ダービーも狙える

201805060511
201805050811
201805060411

 4コーナーでは、ほぼ最後方の位置。そこからホント、よく届いた。
 ケイアイノーテックは、直線、大外から長く長くいい脚を見せて、前を行く馬たちを次々と交わしていく。先行集団から抜け出したギベオンをとらえたところが栄光のゴールだった。ケイアイノーテックは33秒7の最速の上がりタイム。NHKマイルCの栄冠を手にすると同時に、藤岡佑介騎手をもG1ジョッキーに導いた。

 直線、先に先頭に立って押し切るかに思えたギベオンがクビ差の2着、3着はレッドヴェイロン。6、2、9番人気順で、3連単は12万9560円と高配当になった。

 1番人気のタワーオブロンドンは中団の後方から。直線は最内をついたが、ごちゃつく馬群をさばけず、挟まる不利もあって結果12着に終わった。タワーオブロンドンに限らず、内に入れた馬たちはいずれも脚を使えないまま、不完全燃焼のように思えた。

 逆に、勝ったケイアイノーテック、3着のレッドヴェイロンは大外から何の不利もなく脚を伸ばした馬たちで、外から追った馬たちの伸びが目立っていた。直線でのコース取りの差はあっただろう。

 私は牝馬のテトラドラクマに懸けたが、直線なかばまで逃げていたものの、坂下で止まってしまった。

 京都新聞杯も、藤岡佑介騎手の7番人気のステイフーリッシュが勝った。
 ペースを緩めずに逃げるメイショウテッコンを追って、好スタートを切ったステイフーリッシュは離れた2番手につけた。直線に向くと早々と先頭に立ち、そのまま押し切って勝った。 近走は後方から追うレースが続いていたが、結果につながらず、ここは思い切った先行作戦が功を奏したレースだった。

 2着は11番人気のアドマイヤアルバ、3着に4番人気のシャルドネゴールド。3連単は26万円超の高配当だった。

 勝ったステイフーリッシュのスピード指数は「86」になったが、この指数は現3歳世代のトップに位置する高レベルのもの。厳しいペースを先行して、直線も押し切るスタミナは評価が高いはずで、ダービーでも上位を狙えるのではないか。ただし、藤岡佑介騎手はダービーはサンリヴァルに先約があり、残念ながらステイフーリッシュは別な騎手に乗り代わりになるらしい。

 新潟大賞典はスローペースになった。内ラチの好位から、直線、馬場の真ん中に持ち出して5番人気のスズカデヴィアスが快勝した。2着は4コーナーで先頭に立った9番人気のステイインシアトルが粘り、3着も先行していた11番人気のナスノセイカン。3連単は58万円を超す高配当。

 スローペースで、先行馬に流れが向いたレースだったようで、1番人気のトリオンフは好位追走もスローペースに見合う切れる脚が使えず4着だった。

|

« 第1383回 牝馬テトラドラクマに期待 | トップページ | 第1385回 しぶといアエロリットに期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66698194

この記事へのトラックバック一覧です: 第1384回 ダービーも狙える:

« 第1383回 牝馬テトラドラクマに期待 | トップページ | 第1385回 しぶといアエロリットに期待 »