« 第1398回 本格化ミッキーロケット | トップページ | 第1400回 頑張りに感謝 »

2018年6月28日 (木)

第1399回 差し脚比べのハンデ戦

 今週から函館に加え、福島と中京が始まり、夏競馬もいよいよ本番を迎える。
 福島の開幕週は3歳限定のハンデ戦、ラジオNIKKEI賞がメイン。
 指数上は、前走指数上位馬や平均指数上位馬、過去の指数上位馬たちが中心になっているものの、はっきりとした傾向はつかみにくい。過去10年でみると1番人気は2勝、2着2回、3着2回。トップハンデ馬は1勝、2着1回。

(ラジオNIKKEI賞)
       1着    2着    3着
08年    -      Xb   -
09年    -     -     B d
10年    C     -     AYb
11年(中山)A b    Yc    Xa
12年    -      Yc   -
13年    -     A d   -
14年    DZ    DXa   C d
15年    DY     Xa   -
16年    C     B     -
17年    -     -     -

 今年は、イェッツト、メイショウテッコン、ケイティクレバー、フィエールマン、ロードアクシスなどが指数の上位馬たちだ。

 福島は開幕週。梅雨時でも雨の心配はなさそうで、良好な馬場での競馬が期待できるだろう。福島の芝はオーバーシードで、比較的力のいる作りになっているようだ。加えてハンデ戦だけに、軽量の差し馬に向く馬場ではないか。

 苦戦がちなトップハンデはメイショウテッコン、ケイティクレバーの56キロ。ともに力で押し切る先行脚質だけに、連軸候補はトップハンデ以外、差し脚のある馬から選びたいところだ。

 注目は2戦2勝のフィエールマンだ。デビューは1月下旬。新馬勝ちの後、2戦目の前走、500万条件の山藤賞は出遅れて後方からになったが、3コーナーからまくっていって、ゴールでは2馬身半の差をつける快勝劇だった。長く使える差し脚は断然で、ここはハンデも54キロと恵まれ、負けなしの3連勝に期待したい。

 中京のメインCBC賞もハンデ戦、
 馬場改修後の6年間、1番人気は1勝ながら、勝ち馬はすべて4番人気までの馬たちが占めている。トップハンデは1勝、3着1回。

 今年の指数上位は、ペイシャフェリシタ、ダイメイプリンセス、アサクサゲンキ、ナガラフラワー、ワンスインナムーン、セカンドテーブル、スノードラゴン、フミノムーン、アクティブミノルなど。

 短距離戦とはいえ、ペースは落ち着きそうで、直線の差し脚比べが基本。
 先行力なら、セカンドテーブル、ペイシャフェリシタ、ワンスインナムーン、アクティブミノル、トウショウピストなどが上位だが、ペースが落ち着くとしても、どこまで粘れるだろうか。ここは差し脚鋭いダイメイフジ、ナガラフラワー、アサクサゲンキ、トーキングドラム、フミノムーンなどの切れる差し脚が生きる展開ではないか。なかでも、差し脚の鋭さなら、ダイメイフジが際立っているだろう。

 ダイメイフジの前走は安土城S。中団後方から、直線、馬体を合わせるように伸びたモズアスコットとともに、馬場の真ん中を駆け上がり、勝利をつかんだ。直線のスピードは他の馬たちが止まって見えるほど。クビ差2着のモズアスコットは次走、G1安田記念を勝っており、その差し脚の鋭さは信頼に値するのではないか。

(CBC賞) 1着    2着    3着
12年    A c   C     A b
13年    CXa   A       d
14年    -      Yc   D
15年    A a    X     Yd
16年    -     -     DXc
17年    B c    Zd   -

|

« 第1398回 本格化ミッキーロケット | トップページ | 第1400回 頑張りに感謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66879376

この記事へのトラックバック一覧です: 第1399回 差し脚比べのハンデ戦:

« 第1398回 本格化ミッキーロケット | トップページ | 第1400回 頑張りに感謝 »