« 第1407回 鋭い差し脚比べなら | トップページ | 第1409回 波乱の立役者 »

2018年7月31日 (火)

第1408回 マジックマン参戦

201807290411
201807290111

 今週から短期免許でモレイラ騎手が参戦している。早速、札幌で土日17レースに乗っていきなり7勝をあげ、連対率も52パーセント。さすが名手、マジックマンだ。札幌にはリーディングのトップをいくルメール騎手が騎乗しており、ルメール騎手も土日で17レースに騎乗、モレイラ騎手と同じ7勝をあげた。結局ふたりで、なんと14勝。

 馬券を買う側も、モレイラ騎手の天才的騎乗は先刻承知のこと。土日17鞍のうち6頭が1番人気に支持され、ルメール騎手も5頭が1番人気におされた。モレイラ、ルメール、デムーロなど、外国人騎手が人気を集めるのは、彼らが着実に勝ってくれるからに他ならない。まさに信頼の人気だろう。ただ、馬券は面白くない。

 モレイラ騎手はJRA移籍をめざして、今年の9月に予定されているJRA騎手免許試験を受けるようで、その試験に合格して、翌年の2次試験も突破すれば、M・デムーロ騎手、ルメール騎手に続いて、通年免許が交付され、晴れてJRAの騎手として日本での騎乗が可能になる。

 そうなれば、来期はモレイラ、ルメール、デムーロの3人がリーディングを激しく争うことになるのは容易に想像がつく。ますます日本人騎手は苦境に立たされることになるが、それも優勝劣敗の世界では仕方ないこと。

 我も我もと、世界中の名手たちが日本競馬を目指すことも悪くはない。そのほうが競馬がより面白くなる気がする。

 新潟のアイビスサマーダッシュは、秋山騎手騎乗の1番人気ダイメイプリンセスがゴール前、鮮やかに抜け出して快勝した。2着に2番人気デムーロ騎手のラブカンプー、3着は戸崎騎手の8番人気ナインテイルズ。勝ったダイメイプリンセスは直線1000メートル戦で3戦3勝。

 札幌のクイーンSは、1番人気ルメール騎手のディアドラが勝った。秋華賞馬ディアドラは後方2番手から。直線、大外に回して一気の差し切りだった。2着のフロンテアクイーンとは3馬身差の圧勝劇で、まさに力は一枚上を感じさせた。オークス馬ソウルスターリングは先行して3着に粘ったが、まだ完全復調とはならなかった。

 ディアドラのクイーンSのスピード指数は,アエロリットに並ぶ牝馬の最高指数で、大きな成長を示すレースになった。

|

« 第1407回 鋭い差し脚比べなら | トップページ | 第1409回 波乱の立役者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/67006371

この記事へのトラックバック一覧です: 第1408回 マジックマン参戦:

« 第1407回 鋭い差し脚比べなら | トップページ | 第1409回 波乱の立役者 »