« 第1404回 今年も荒れた函館記念 | トップページ | 第1406回 好素質の2歳馬 »

2018年7月19日 (木)

第1405回 夏馬

 中京記念は波乱のハンデ戦。中京競馬場が新しくなった2012年以降の6年間で、1番人気馬は未だ勝てないまま、3着が1度あるだけだ。指数上は平均指数上位の連対率が高いものの、ランク外の馬も多く浮上しており、一筋縄ではいかない。

(中京記念) 1着    2着    3着
12年     Yb   -      Xa
13年      d   -     -
14年    -     B      Zd
15年      d     d   C
16年    -     -     A a
17年    D       c   DZ

 今年の指数上位は、リライアブルエース、ロワアブソリュー、グレーターロンドン、ロジクライ、ガリバルディ、ウインガニオン、ワントゥワン、ブラックムーン、マイネルアウラートなど。

 トップハンデは57.5キロのウインガニオン、スマートオーディン、ブラックムーンの3頭だが、過去6年、勝ち馬のハンデは57キロ以上の馬たちが5勝、そのうちトップハンデ馬も2勝しており、特に重ハンデを苦にする必要はない。むしろ軽ハンデ馬の苦戦のほうが目に付く。

 マイル戦の距離適性では、6勝を上げているブラックムーン、5勝のウインガニオン、マイネルアウラート、グレーターロンドン、4勝のロジクライなどが上位だ。

 なかでも、中京コースが得意なウインガニオンに注目したい。京都や阪神などの右回りでは(1、0、1、11)だが、中京、東京、新潟の左回りコースは(7105)。中京コースは3戦3勝と、圧倒的に左回りが得意な馬だ。左回りのマイル戦は(4102)とさらに成績が上がる。

 得意な左回りのマイル戦、前走の安田記念は大外枠から果敢に逃げて7着だったが、指数上は自己ベストの好指数で、直線半ば過ぎまで粘っていた内容も悪くなかったはず。夏場に7勝を上げる夏馬で、昨年も57キロを背負って、後続に2馬身半の差で快勝している。トップハンデも57.5キロなら問題はないだろう。

 相手は先に上げたマイルの適性が高い、ブラックムーン、マイネルアウラート、グレーターロンドン、ロジクライなどが中心。初マイル戦になるスマートオーディン、3歳馬フロンティアなどにくわえ、差し脚鋭いロワアブソリュー、ワントゥワン、ミエノサクシード、リライアブルエースなどにも要注意だろう。

 今年、2歳重賞の第一弾、函館2歳S。
 過去10年、前走指数上位のABC馬のいずれかが毎年連対している。
 今年は、カルリーノ、ナンヨーイザヨイ、ニヴィアン、スズカカナロア、ロードワンダーなどが指数の上位馬たちだ。

 未勝利勝ちながら、前走指数最上位のカルリーノが中心になりそうだ。新馬戦は4着だったが、続く未勝利戦は、比較的厳しいペースを先行して、直線、前が詰まる場面もあったが、最内から一気に差し脚を伸ばして完勝。指数も上々で、一瞬の切れる差し脚も魅力的だ。

 そのカルリーノを退けて、新馬戦勝ちを収めたのがナンヨーイザヨイだ。直線、2番手から楽に抜け出して快勝。余力も十分に感じられるレースで、2戦目での上積みも大きいだろう。連軸はカルリーノと思うが、勝つのはナンヨーイザヨイなのかもしれない。

 他に、差し脚上位のラブミーファイン、ラブリロンリロンス、アスターペガサスにもチャンスはありそうだ。

(函館2歳S)1着    2着    3着
08年    -     AYa   -
09年(札幌)B     AZc   -
10年    -     AX    C
11年    B b   C c    Y
12年    A a   D     -
13年    A a    X    -
14年    C c   DXd   -
15年    B a   -     -
16年    -     B       c
17年    AYd   -     D c
(スローペース調整値-20/-10)

|

« 第1404回 今年も荒れた函館記念 | トップページ | 第1406回 好素質の2歳馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/66958096

この記事へのトラックバック一覧です: 第1405回 夏馬:

« 第1404回 今年も荒れた函館記念 | トップページ | 第1406回 好素質の2歳馬 »