« 第1418回 世代トップに | トップページ | 第1420回 秋本番にむけて »

2018年9月 6日 (木)

第1419回 後方一気で

 今週からいよいよ秋競馬が始まる。中山の開幕週は京成杯オータムハンデ。
 1番人気馬は直近の2年で連勝しているものの、過去10年でみると、他の年は3着もない。波乱の多いレースだ。
 指数上もランク馬が8勝をあげているが、ハンデ戦らしくというか、傾向はつかみどころがない。

(京成杯オータムハンデ)
       1着    2着    3着
08年    B     -     D d
09年    -     A      Z
10年    A     -     A d
11年    -     -     D a
12年      d   DY    A c
13年    A b   AXa   -
14年(新潟)AXa   A     -
15年     Z    -     -
16年     Xa   -     -
17年      b     d   A

 今年は、ワントゥワン、ストーミーシー、ヤングマンパワー、ロジクライ、ヒーズインラブ、ウインガニオン、ロードクエストなどが指数の上位馬たちだ。

 トップハンデ馬は57キロのヤングマンパワーとウインガニオン。57キロなら大きなハンデとは思えないが、トップハンデ馬は過去10年間、勝利がないという苦戦のデータからは狙いにくい。

 マイル戦だけに、スローペースは考えにくく、差し馬に流れが向くのではないか。長く使える差し脚なら、ワントゥワン、ロードクエスト、ショウナンアンセム、ストーミーシーなどが上位で、なかでもマイル戦での安定した差し脚が光るワントゥワンに期待したいと思っている。

 ワントゥワンは5歳牝馬。前走は平均ペースの関屋記念を最後方から2着にまで追い込んだ。上りの脚は1頭だけ抜けた速さで、指数のレベルも自己ベストを記録して上々の内容だった。ここはハンデも53キロと恵量。自慢の差し脚に懸けたい。

 平均ペースでスタミナを発揮できるロジクライ、ミッキーグローリーなどを逆転候補に推したい。

 阪神のセントウルSは芝1200メートル戦。1番人気は(2512)と、連対率はまずまず。短距離戦だけに、前走指数上位馬が連軸の中心になっている。

 今年は、ファインニードル、コウエイタケル、ダイアナヘイロー、ラブカンプー、ラインスピリット、アドマイヤゴッド、ネロ、フミノムーンなどが指数の上位馬だ。

 指数上位で、実績でも上位のファインニードルが最有力だろう。2走前にG1高松宮記念を制して、前走は香港の1200メートルのG1戦で4着。ここまで1200メートル戦は(7207)だが、1200の重賞は、高松宮記念以外にも昨年のセントウルS、今年のシルクロードSを勝っており、合わせ3勝。いまや短距離界の第一人者だ。阪神の芝も(3104)と得意コース。1頭だけ58キロの重量を背負うのは楽ではないが、基本的に先行して押し切るレースが持ち味。十分にこなしうる重量だろう。 

(セントウルS)
       1着    2着    3着
08年    -       c   -
09年    -     CXa   -
10年    -     外     C
11年    A     外     D a
12年    D      Yc   -
13年    BXc   AXa    Zb
14年    B      Xa   B d
15年    -     CXb   -
16年    CXa   -     -
17年     Yb   B     A
(海外の成績は減戦して集計)

 秋華賞トライアルレースの紫苑Sは、2016年から重賞に格上げされた。
 今年の指数上位は、マウレア、パイオニアバイオ、ロサグラウカ、ランドネ、ハーレムライン、クイーングラス、アヴィオールなど。

 前走、オークス組の指数が高く、連軸の中心になりそうだ。
 なかでもオークスで5着に好走したマウレアが最有力だろう。

 マウレアは、デビューからこれまで(2113)の成績。阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞5着、オークスも5着に好走している。重賞戦では勝ち星はないが、3歳牝馬の1線級が目指す王道路線で戦って、この成績なら上々といえるだろう。

 オークスでは中団から。直線、勝ったアーモンドアイには突き放されたが、他の上位馬たちとは差のない差し脚を見せての5着は、評価が高いはず。

 ここは久々のレースになるが、3歳牝馬に残された1冠を目指す同馬にとって、前哨戦で負けるわけにはいかない。

(紫苑S)  1着    2着    3着
16年    A     D a   BYa
17年    CXa    Zb   -

|

« 第1418回 世代トップに | トップページ | 第1420回 秋本番にむけて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/67137706

この記事へのトラックバック一覧です: 第1419回 後方一気で:

« 第1418回 世代トップに | トップページ | 第1420回 秋本番にむけて »