« 第1429回 アーモンドアイ3冠へ | トップページ | 第1431回 神戸新聞杯組から »

2018年10月16日 (火)

第1430回 アーモンドアイの輝き

201810140811
201810130511

 アーモンドアイのまぶしいほどの圧倒的な差し脚にひきつけられた秋華賞だった。
 単勝1.3倍という断然の人気馬とはいえ、競馬に絶対などない。アーモンドアイに騎乗したルメール騎手も一抹の不安はあっただろう。休み明けでいきなりのG1戦。馬場入りでは気の悪さを見せ、スタートも出負け気味。中団後方からのレースになって、仕掛けどころの4コーナーではバランスを崩す場面もあったとか。4コーナーで先頭を行くミッキーチャームとは10馬身以上の差があった。

 しかし、直線に向くと、差し脚は他の馬たちと比べ、別次元の鋭さを発揮。大外から馬場の中央を風のように駆け抜けていく。他の馬たちが止まって見えるという表現がぴったりとする速さだ。ゴールの手前100メートル地点で、逃げ粘っていたミッキーチャームを一気に抜き去ると、ゴールでは1馬身半の差をつけていた。

 どんな状況であってもファンの期待に応え、懸命に走って結果を残せる馬はまれにしかいない。だからこそ、真の強さに感動を呼び起こされる。ときおり、こんな名馬が現れるから、競馬は面白い。そして人生すら楽しくさせてくれる。

 国枝調教師によると「仕上がりはまだ八分程度だ」という。まだ強くなるなら、もう国内の牝馬に敵はないだろう。牡馬相手のG1か、はたまた悲願の凱旋門賞か。期待はさらに大きくふくらむ。

 府中牝馬Sは1番人気のディアドラの末脚が光った。
 カワキタエンカが大逃げを打ったが、直線、坂上で後続馬につかまった。差し脚を伸ばしたのはリスグラシュー、フロンテアクイーンなど。ゴール前、リスグラシューが押し切るかと思われたが、直線の坂上から一気に上がってきたのが、後方待機のディアドラだった。結果、クビ差でディアドラが勝ち、2着にリスグラシュー、3着はフロンテアクイーンだった。

 ディアドラの上りタイムは32秒3。スローペースの短距離戦ならいざ知らず、1800メートルの上りタイムとしては破格の速さだ。指数も牝馬のトップレベルに並ぶ高指数で、本格化をうかがわせる好レースだった。

|

« 第1429回 アーモンドアイ3冠へ | トップページ | 第1431回 神戸新聞杯組から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/67280832

この記事へのトラックバック一覧です: 第1430回 アーモンドアイの輝き:

« 第1429回 アーモンドアイ3冠へ | トップページ | 第1431回 神戸新聞杯組から »