« 第1437回 指数上位の3、4歳馬から | トップページ | 第1439回 大混戦 »

2018年11月13日 (火)

第1438回 ペースを判断する能力

201811110811
201811100511
201811110311
201811100811

 直線、大外から、矢のように伸びてきたのはモレイラ騎手のリスグラシューだった。ゴールまで残り100メートル地点で、逃げ粘るクロコスミアをとらえると、そのまま突き抜けて快勝。初のG1のタイトルをつかんだ。

 今年のエリザベス女王杯はクロコスミアの逃げで、ペースは落ち着いた。勝ったリスグラシューの上りタイムは33秒8。逃げ粘って2着のクロコスミアは34秒7。上位の2頭からは3馬身の差をつけられた3着のモズカッチャンの上りは34秒7。

 自身も脚を残しつつ、後続馬にも脚を使わせるという、クロコスミアの逃げは絶妙なペースだった。それだけに、ただ1頭、33秒台の上りタイムを使ったリスグラシューの差し脚の鋭さには、驚くしかない。

 リスグラシューは近走、1600、1800メートルの距離で素軽いスピードのある瞬発力を発揮していた。だからこそ、2200の距離は少し長いのではないかと、想像していたが、スローペースなら距離適性は問題ではなかった。

 エリザベス女王杯がスローペースになることで、むしろ、その絶対的な上りのスピードが生きたのだろう。もちろんペースを判断して動く場面を的確に判断するモレイラ騎手の腕が助けになったのも確かだろう。この日モレイラ騎手は10戦して5勝の固め打ち。

 ダートのマイル戦・武蔵野Sは、サンライズノヴァの後方一気の差し脚が鮮やかに決まった。ハイペース気味の流れで、展開が向いた印象はあるものの、今後もマイルまでの距離なら、その決め手は大きな武器になるだろう。後方からサンライズノヴァを追ったクインズサターンが2着。2番手で先行していたナムラミラクルが3着だった。

 福島記念は、直線3番手から伸びたスティッフェリオが快勝。2番手にいたマイスタイルが2着。3着は4番手から脚を伸ばしたエアアンセム。ハイペースの流れになったが、早かったのは逃げたマルターズアポジーと、2番手のマイスタイルだけ。大きく離れた3番手のスティッフェリオは、脚をためられる余裕のペースだったようで、結果は先行馬たちの決着になった。

 デイリー杯2歳Sは、好スタートを切ったアドマイヤマーズがハナに立ち、2番手にメイショウショウブがつけた。スローペースになって、直線では2頭が大きく抜け出し、叩きあうマッチレース。ゴール前、抜け出したのは圧倒的な人気を集めていたアドマイヤマーズだった。これで3戦3勝。スローペースで指数の高さには欠けるが、勝負強さは一級品だろう。

 日曜日の京都は、外国人騎手があわせて11勝。日本人騎手は12レースで藤岡佑騎手が勝っただけ。先週からは短期免許で来日する騎手も増え、日本人騎手はもう、どうにも太刀打ちできない。

|

« 第1437回 指数上位の3、4歳馬から | トップページ | 第1439回 大混戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/67377277

この記事へのトラックバック一覧です: 第1438回 ペースを判断する能力:

« 第1437回 指数上位の3、4歳馬から | トップページ | 第1439回 大混戦 »