« 第1440回 低調な内容 | トップページ | 第1442回 最強アーモンドアイ »

2018年11月22日 (木)

第1441回 アーモンドアイ中心

 ジャパンカップは12年連続、日本馬が勝ち続けている。近年、参戦する外国馬のレベルが高いとは思えないが、それでも日本馬は地の利だけでなく、世界に通用する実力を示しているのだろう。

 1番人気馬は(3322)と安定している。10年で5勝をあげている牝馬は、特に要注意だ。
 スピード指数上は、前走指数や平均指数の上位馬たちが連軸の中心で、なかでも、前走指数上位馬は連軸の最有力候補になる。古馬の場合、指数上位であることが上位進出の条件だといえそう。

(ジャパンカップ)
       1着    2着    3着
08年    -     A c   A
09年    A     C     -(3歳)
10年    -(3歳) A b   -(3歳)
11年    CZ    A c   -
12年    -(3歳) A a   DYb
13年    A c   -(3歳) -
14年     Ya   CXa   D
15年    D      Z    B
16年     Ya   -      Zc
17年    AYa   A(3歳) CXd

 今年は、アーモンドアイ、キセキ、サトノクラウン、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード、ノーブルマーズ、シュヴァルグランなどが指数の上位馬だ。

 近年、ジャパンカップは、かつてのようなハイペースにはならない。スローペース気味のペースで、直線の差し脚比べが多い。当然、鋭い差し脚は必須条件だ。

 鋭い差し脚ではアーモンドアイが抜けた存在だ。
 この秋、牝馬3冠を達成して、目下5連勝中。新馬戦こそ2着に負けたが、そのデビュー戦からすべて、メンバー最速の上り指数を示してきた。前走の秋華賞では、「その位置から届くのか」と、少し不安に思うような後方から、難なく1馬身半の差をつけて快勝した。直線、アーモンドアイの差し脚はいつも圧倒的な力差を見せつけるものだった。

 アーモンドアイのオークスでのスピード指数は、同距離のダービーの勝ち馬ワグネリアンを大きく上回っている。また秋華賞の指数は、牡馬を含んだ現3歳世代の最高指数でもある。

 ジャパンカップは初の古馬相手のレースになるが、前走指数も最上位にランクされ、指数上でも最も勝利に近いだろう。また、3歳牝馬は53キロの負担重量で乗れる。差し脚に懸けるアーモンドアイだけに、古馬との4キロの負担重量差は断然有利に思える。ここは初の古馬相手でも、不動の中心と評価したい。

 先の話になるが、ウォッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ダイワスカーレットなどに並ぶ、あるいはそれを上回る実績をあげ、アーモンドアイも歴史に残る名牝の道を歩むことになるのではないか。

 アーモンドアイの相手は、キセキ、サトノダイヤモンド、シュヴァルグランなど、先行各馬の前残りが有力だ。

 芝1200メートルの京阪杯。
 今年の指数上位は、エスティタート、カルヴァリオ、ワンスインナムーン、ベステンダンク、ダノンスマッシュ、アレスバローズ、ビップライブリーなど。

 逃げるのは前走G1スプリンターズSを果敢に逃げて6着に粘っていた5歳牝馬のワンスインナムーン。そのペースを考えればスローペースはないはず。

 ワンスインナムーンの逃げるペースを追走して、直線でも、脚を残せそうな馬はベステンダンク、ダノンスマッシュ、ビップライブリーなどだが、案外、スタミナ上位のワンスインナムーンが、そのまま楽に逃げきってしまうのではないか。

 前が止まって、鋭い差し脚が生きるとすると、アレスバローズ、カルヴァリオ、アサクサゲンキ、ナガラフラワーなどが有力馬に浮上しそうだ。

(京阪杯)  1着    2着    3着
08年    D     A b   A c
09年     Y    -     D
10年    A d   -     B c
11年    B     -     B
12年    -     D       d
13年    C     -     B b
14年    B     -      Z
15年    C     AXa   B
16年    B c    Xa   -
17年    -     CZb   D

 今年で5年目のラジオNIKKEI杯京都2歳S。
 指数上位は、クラージュゲリエ、ワールドプレミア、ミッキーブラック、スズカカナロア、セイカヤマノなど。

 極端なスローペースはないとすると、スタミナ上位で札幌2歳S3着のクラージュゲリエが中心になりそう。相手はワールドプレミアだろう。

 ただ、逃げ馬不在でスローペースになれば、ペルソナデザイン、ブレイキングドーン、ミッキーブラックなどの鋭い差し脚が、勝負の決め手になるかもしれない。

(京都2歳S)1着    2着    3着
14年    DZ    -       a
15年    -     -     D
16年    -     -     C
17年    -     A a   CX

|

« 第1440回 低調な内容 | トップページ | 第1442回 最強アーモンドアイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/67407585

この記事へのトラックバック一覧です: 第1441回 アーモンドアイ中心:

« 第1440回 低調な内容 | トップページ | 第1442回 最強アーモンドアイ »