« 第1446回 差し脚比べ | トップページ | 第1448回 世代トップに »

2018年12月13日 (木)

第1447回 牝馬グランアレグリアに注目

 朝日杯フューチュリティSは、阪神競馬場での開催になって5年目を迎える。2歳G1だけに、前走指数上位馬が中心で、中山で行われていた過去の連対馬の傾向と比べて、大きな違いはないようだ。ここでも指数は低くても、スローペースで差し脚鋭い馬たちに要注意だ。

(朝日杯)  1着    2着    3着
08年(中山)  d    Za   -
09年(中山)-     AYa     b
10年(中山)D     -     AYb
11年(中山)-      Xa   C
12年(中山)-     AXb   -
13年(中山)-     -     B
-----------------------
14年(阪神)D a   -     CY
15年(阪神)-     BZ    -
16年(阪神)-     A b   BYa
17年(阪神)A a   BX    DZa
(スローペース調整-20/-10)

 今年は、マイネルサーパス、グランアレグリア、ドゴール、クリノガウディー、イッツクール、エメラルファイト、アスターペガサスなどが前走指数の上位馬だ。

 朝日杯フューチュリティSは阪神外回りのマイル戦でスローペースが基本。先行でき、長く使える差し脚が問われるレースだろう。
 先行馬で差し脚が鋭いのは、グランアレグリア、ドゴール、ケイデンスコール、ファンタジスト、エメラルファイトなどだ。

 なかでも、注目は牝馬のグランアレグリアだ。ここまでマイルで2戦2勝。その2勝とも牡馬を相手に、その時点での世代トップクラスの指数を上げている。6月第1週の新馬戦は、阪神ジュベナイルFを勝ったダノンファンタジーを2馬身抑えて完勝。前走のサウジアラビアRCはスタートで出遅れ、最後方からになったが、徐々に順位を上げ、3コーナー手前で2番手。直線半ば、無理なく先頭に立つと、後続をぐんぐん引き離してゴールでは3馬身半をつけて圧勝している。

 2歳牝馬のグランアレグリアなら、先週の阪神ジュベナイルFにも出走できたが、あえて牡馬相手の朝日杯を選んだ陣営の自信と期待の大きさがうかがえる。実際、阪神ジュベナイルFを勝ったダノンファンタジーよりも指数は高く、いま現在、2歳牝馬世代のトップ馬といってもいいだろう。

 牝馬グランアレグリアに立ち向かうのが、新潟2歳Sを勝ったケイデンスコール、京王杯2歳Sを勝ったファンタジスト、3戦3勝のアドマイヤマーズ、前走、グランアレグリアを上回る指数で福島の500万条件を勝ったマイネルサーパス、サウジアラビアRCで最速の上りで2着のドゴールなど。そのなかでは、距離経験があり、素軽いスビートを感じさせるケイデンスコール、ドゴールなどを上位に取りたいと思っている。

 ターコイズSは15年から重賞に格上げされた牝馬限定のハンデ戦。以前は同名でオープンのハンデ戦として実施されており、参考までに以前の傾向もあげておいた。

(ターコイズS)
       1着    2着    3着
08年     X    B c   D
09年    -     -      Z
10年     Yd   D d   B
11年    B     -     A
12年    -     -     C
13年    -     Cd      a
14年    -     -      Y
-----------------------
15年(重賞)B     -     -
16年(重賞)BXa   BY    -
17年(重賞)-       a     b

 今年の指数上位馬は、プリモシーン、ディメンシオン、カイザーバル、フロンテアクイーン、カワキタエンカ、デンコウアンジュなど。

 トップハンデは56キロのミスパンテール。前走指数上位はプリモシーンだが、3歳馬で55キロのハンデは実質的にトップハンデといえそう。

 カワキタエンカの逃げなら平均ペースで、ここは先行馬向きの流れだろう。
 先行して差し脚を使えるのは、フローレスマジック、カイザーバル、フロンテアクイーン、レッドオルガ、ディメンシオン、キョウワゼノビアなどが上位。ここは目下連勝中のフローレスマジックが中心になるのではないか。

 4歳馬フローレスマジックは(4433)と安定した成績を残しているが、ルメール騎手騎乗なら(4311)とさらに成績が上がる。近走は1000万、1600万を連勝。指数のレベルはまだ高くはないが、近走の差し脚の鋭さは1級品だ。ここは古馬重賞初挑戦になるが、本格化の勢いに期待したい。

【お知らせ】「2019年版、新基準タイム33版」の販売を開始しました。今年も抽選で有馬記念グッズのプレゼントもあります。お申し込みはこちらから。

|

« 第1446回 差し脚比べ | トップページ | 第1448回 世代トップに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1447回 牝馬グランアレグリアに注目:

« 第1446回 差し脚比べ | トップページ | 第1448回 世代トップに »