« 第1452回 強い4歳馬から | トップページ | 第1454回 強さは断然 »

2019年1月16日 (水)

第1453回 強い4歳馬

201901130811
201901140611
201901120611

 先週は3日間開催。日経新春杯は明け4歳馬グローリーヴェイズが勝った。好スタートをきったが、内で控える作戦のようで、3コーナーでは最内後方の位置取りになってしまった。4コーナー、各馬が外に膨れるところ、スペースの空いた内から一気に差を詰めていき、直線、アッという間に先頭に立つと、後は押し切るだけ。スピード指数上も上々のレベルで、強い4歳馬の強い内容のレースだった。
 大外後方から脚を延ばした距離適性の高いルックトゥワイスが2着。3着はシュペルミエール。

 京成杯は先行馬たちの前残りになった。
 道中2番手から4コーナーで先頭に立ったラストドラフトが抜け出して快勝。4コーナー2番手のランフォザローゼスが1馬身4分の1の差で2着。3着も4コーナー4番手のヒンドゥタイムズだった。

 1番人気のシークレットランは4コーナー4番手から前を行く馬たちを追ったが、勝ち馬と同じ脚色では届くはずもなかった、極端なスローペースではなかったから、前の馬たちに力があったということだろう。ラストドラフトは1戦1勝馬。2戦目での京成杯勝ちは史上初とのこと。

 3歳牝馬のフェアリーSは、3番人気のフィリアプーラが勝利を手にした。最内枠から好スタートを切ったが、徐々に位置を下げて、道中は中団後方から。直線は、鮮やかな後方一気の差し脚で各馬をとらえた。アタマ差でホウオウカトリーヌが2着、3着は先行していたグレイスアンが残った。

 成人式も終わって、正月気分もなくなった。東京の寒さの本番はこれから。インフルエンザも流行っているようです。健康に気を付けてお過ごしください。
 私は昨年秋に急な入院もしたが、基準タイム33版、毎週の馬場指数、スポニチ予想、馬場日記と、スタッフに助けられながら、どれも欠かすことなく乗り越えられて、ほっとしているところ。正月には家族で水上温泉に行ったが、家族水入らずで温泉に行くのはこれが最後になるかもしれない。いろいろ感慨深い年末年始でした。

|

« 第1452回 強い4歳馬から | トップページ | 第1454回 強さは断然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1453回 強い4歳馬:

« 第1452回 強い4歳馬から | トップページ | 第1454回 強さは断然 »