« 第1487回 レーン騎手の独り舞台 | トップページ | 第1489回 名牝への一歩 »

2019年5月16日 (木)

第1488回 差し脚比べなら

 今週はオークス。
 1番人気馬は過去10年で、5勝、2着2回、3着1回。連対率は70パーセントで安定している。なかでも前走、桜花賞組が8勝をあげて中心を担っている。他に、忘れな草賞の勝ち馬が2勝、フローラSの勝ち馬が1勝をあげている。
 指数上は前走指数上位馬が中心。なかでも前走指数の高い馬A、B馬が最有力だが、平均指数の上位馬や過去の指数上位馬も差なく好走している。

(オークス) 1着    2着    3着
09年    A c   B a   C
10年   (AZa)(c)1着同着  Z
11年    -     D     B d
12年    AYa   B b   -
13年    -     -     -
14年      c   DY    AX
15年    BX    -     C
16年    AXa   B b   -
17年    BZa   -      Xb
18年    A a   C c   BZb
(スローペース調整-20/-10)

 今年の指数上位馬は、シゲルピンクダイヤ、クロノジェネシス、ダノンファンタジー、ビーチサンバ、コントラチェック、エールヴォア、フィリアプーラなど。

 中心は桜花賞組から取りたい。桜花賞馬グランアレグリアは先々週のNHKマイルCに出走して5着(4着入線も降着)。オークスは回避した。桜花賞の2着はシゲルピンクダイヤ、3着にクロノジェネシス、4着はダノンファンタジー、5着がビーチサンバの順だった。その上位馬たちのゴールは横一線。指数上もほとんど差がなく、オークスでも有力馬になる馬たちだろう。

 シゲルピンクダイヤは勝ち馬からは2馬身半の差の2着。最後方から、直線、馬群に入れて32秒7の最速の上りの脚を使って浮上した。内にスペースがあったのも幸いだったはずで、4コーナーで外に回していたらこの成績はなかっただろう。和田騎手の好判断だった。

 悔しい思いをしたのが3着のクロノジェネシスだったのではないか。好スタートを決めて中団の前からレースを進めたものの、3コーナー手前でぶつけられ、位置を下げざるを得なかった。直線も馬群に包まれ、行き場を失う場面もあったが、外に持ち出すと一気呵成の差し脚を見せ、シゲルピンクダイヤにクビ差まで迫った。上りは32秒9だったが、直線後半の鋭い差し脚は1頭だけ抜きんでているように見えた。競馬に、「たら、れば」は禁物だが、スムースなレースだったらと思わされた。すくなくとも上りタイムは間違いなく最速だっただろう。

 桜花賞で1番人気に推されたダノンファンタジーは4着だった。先行して4コーナー4番手から先に抜け出した勝ち馬を懸命に追ったが、最後は苦しくなったようで、後続馬たちに交わされてしまった。2400の距離には少し課題があるかもしれない。

 スローペース必至のオークスだけに、長く使える差し脚は必須条件。スローペースでの差し脚なら、クロノジェネシス、ビーチサンバ、カレンブーケドール、アクアミラビリス、コントラチェック、シゲルピンクダイヤなどが上位だ。

 なかでもクロノジェネシスの安定した鋭い差し脚に期待したい。ここまで5戦3勝。負けたのは阪神JFの2着と、桜花賞の3着だけ。クロノジェネシスは東京コースのクイーンCやアイビーSで見せたように、スローペースでの差し脚はここでも最上位だ。

 桜花賞とクイーンCは上がり2番目も、それ以外のレースはすべて最速の上りタイムを記録している。差し脚比べなら一層の輝きを放つだろう。スローペースの2400なら距離の問題もないと思うし、オークスでの中心馬に推したい。

 相手も上りの上位馬や、桜花賞組を上位に取りたいと思うが、桜花賞組以外では、3連勝で忘れな草賞を勝ったラヴズオンリーユー、前走フローラSの勝ち馬ウィクトーリアなどにも注意したい。

 平安Sは5月の開催になって今年で7年目。ダートの重賞で、前走指数上位馬が連軸中心だ。
 今年は、チュウワウィザード、クイーンマンボ、ロンドンタウン、アナザートゥルース、サンライズソア、グレンツェント、サトノティターン、オメガパフュームなどが指数の上位馬たち。

 2走前の東海Sで、6連勝を飾った現ダート最強馬インティに2馬身差の2着だった4歳馬チュウワウィザードに注目したい。さすがにインティは強かったが、上りタイムは最速で、指数も自己ベストの高レベルなら、2着といえども価値が高い。前走は公営船橋の重賞戦を2番手からの差し切り勝ち。2つ目の重賞タイトルを手にした。ここまで、公営の成績を含め(6220)と、好成績を残しており、その安定感を評価したい。

(平安S)  1着    2着    3着
13年    AXa   B      Yc
14年    -       c   B
15年    -     BZc    Xa
16年    AYc     d   B b
17年    B     D d   -
18年    -     -       d
(海外、公営のレースは減戦して集計)

|

« 第1487回 レーン騎手の独り舞台 | トップページ | 第1489回 名牝への一歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1487回 レーン騎手の独り舞台 | トップページ | 第1489回 名牝への一歩 »